転職ノウハウ

教師を辞めたい方におすすめの円滑な退職方法と退職後のキャリアを徹底解説!

教師を辞めたい方におすすめの円滑な退職方法と退職後のキャリアを徹底解説!
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。
この記事はこんな方におすすめ
  • 教師をやめてしまいたい
  • 教師を辞めてからのキャリアが不安で一歩が踏み出せない
  • 教師を辞めたいが、安定した環境下が抜け出すのが怖い

教師として働いているの方の中には、このようにお考えの方も多いだろう。近年推し進められている「働き方改革」の影響もあり、教師の職場環境は以前と比べてよくなってきているようだが、まだまだ改善の余地はある。

今回は、教師を辞めてしまいたいとお考えの方に向けて教師を円滑に辞めるための方法を徹底解説する。教師を辞めた後のキャリアの方向性やおすすめの転職サイト・エージェントも併せてご紹介する。

転職を検討している人は、まずはビズリーチに登録すると良い。登録すると、エージェントや企業からのスカウトメッセージが受け取ることができるので、多忙な教師の方も負担なく転職活動を開始できるはずだ。

また、ビズリーチと同時に、いくつかの転職エージェントに登録することが王道だ。案件数やサポート体制に定評があるリクルートエージェントか、ハイキャリア向け転職支援、年収アップを実現する転職の支援に実績のあるリクルートダイレクトスカウトのいずれかに登録すると良いだろう。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【20代・第二新卒におすすめ】
  • ・未経験OKの求人が豊富
  • ・カウンセリング実績11万人
  • ・大手企業の内定率80%超

目次

よくある教師をやめたい理由5つ

教師を辞めたいと考える方たちの主な退職理由についてまとめてみた。

①勤務時間が長い

文部科学省の「学校における業務改善について」という調査の一部を紹介する。

教員の1日当たりの学内勤務時間は、

  • 小学校:11時間15分
  • 中学校:11時間32分

と長時間に渡っている。(「教員勤務実態調査(平成28年度)」

教師の仕事は、「部活動」「授業準備」「学校行事」「学年・学級経営」「成績処理」などの膨大な業務がある。

そのため、勤務時間中に仕事をこなすことができず、残業をせざるを得ないケースが多い

さらに、勤務時間が増えても給与に反映されないことも実際多いため、時給換算するとかなり低い水準になる場合もある。

②生徒や保護者との関係性に悩む

教師は、生徒やその保護者、そして地域の方達など様々な人たちと深く関わり合いながら仕事をしていく。

特に、近年増加しているモンスターペアレンツと言われるような保護者の対応がとても複雑になっている。

保護者の顔色を伺いながら業務をしていくことにかなりのストレスを感じるものだ。

特に経験が浅い教師の場合、理不尽な要求やクレームをいわれることで精神的に病んでしまう方も多いようだ。

③休みが取りにくい

暦通りの休みが取れるイメージがある教師だが、業務量が多い場合や部活動の顧問をしている場合は休日出勤をすることも日常茶飯事だ

また課外活動などで宿泊を伴う行事の場合も、昼夜問わず働かなければならない。

授業を行う関係上、私的な理由で平日に有給を取ることも難しく、自分の子どもの学校行事などに参加しにくいというデメリットもあるのだ。

④自分に合っていない仕事だと感じている

教師という職業に憧れや期待を抱いて教師になった方であっても、様々な問題に衝突することで、自分は教師に合っていないのではないかと感じるようになる方も多い。

教師は、学力だけではなく、コミュニケーション能力や問題処理能力など様々なスキルが必要な仕事だ。

実際に教師として働いてみて、自分にその資質がないと感じ、転職を考える方も少なくない。

⑤教師間の派閥に悩む

チームワークが求められる教師という仕事にも関わらず、学校によっては派閥や学閥争いが存在し、職員同士の揉め事や衝突がある職場も多いようだ。

そのような環境で仕事をすることにストレスを感じ、嫌気がさしてしまう方も少なくない。

転職する前に現状の改善方法

転職を考える前に、まずは今自分が置かれている環境を変えてみる努力をしてほしい。ここからは、具体的な現状改善方法についてみていこう。

①簡略化できる仕事を探す

デジタル化が進んだ今でも、教師の仕事はアナログなものがとても多い。度重なる会議や書面でのやりとり、指導案の作成など、簡略化できる業務が必ずどこかにあるはずだ。

必要な業務を厳選し、不要なものは排除していくことを直属の上司に提案してみることで、職場に新しい風を吹かせることができるかもしれない。

②ストレスを発散できる場所を作る

生徒や保護者対応に悩んでいる場合は、1人で抱え込むのではなく、同僚や先輩たちに気軽に相談してみよう。具体的な対応策を提案してもらえるだけではなく、客観的な意見を聞くことで新たな発見ができるかもしれない。

ひとつの学年の担任を受け持ってしまうと、どうしても1人で問題を処理しようとしがちだが、チームで対応していく意識を持つだけでもかなり気持ちが楽になるはずだ。

③仕事をうまく分担し、休みを確保する

休みが取りにくい場合は、職員同士で仕事をうまく分担していくことも大切だ。仕事を自分1人で抱え込まずに、振り分ける努力もしていこう。

若い世代の方の場合、先輩に仕事をお願いすることは難しいだろうが、キャパオーバーになってしまう前に先輩に相談をしてみよう。

例えば、部活動の指導で土日出勤になってしまう場合は、他の顧問と1日交代で出勤するなど工夫していってほしい。

④教師力をあげるために努力してみる

自分のスキルに自信がない場合は、原点回帰をして授業に対する向き合い方や、生徒指導に関するスキルをあげていくための努力をしてみよう。

まずお手本となる先生を見つけてみよう。「この人のようになりたい」というモデルが見つかったら、授業などを見学させてもらおう。真似てみる努力をすることで、自分の理想とする教師に一歩近づくだろう。

⑤派閥の誘いは丁重にお断りする

派閥争いに巻き込まれないようにするには、派閥に入らないことが鉄則だ。

少人数の飲み会などで勧誘されることも多いため、そのような誘いは「授業の準備があるから」と理由をつけて丁重にお断りしておこう。

辞める前に考えるべきこと2つ

教師を辞める前に、まずは今一度立ち止まって考え直してみよう。自分に問いかけてほしい2つのことをご紹介する。

①その仕事自体が嫌なのか、職場が嫌なのか

教師を辞めてしまいたいと感じている本当の理由を深掘りしていくと、実は仕事自体は好きだが、職場の雰囲気や人間関係だけが問題のケースも少なくない

その場合は、教師を辞めるのでなく、職場を変えることをおすすめする。公立学校の場合は、他の自治体の教員採用試験を再度受験するか、私立の学校へ異動するのもおすすめだ。

②辞めた後の生活に困らないか

辞めたいという気持ちだけで突き進んでしまうと、退職後の生活が苦しくなってしまう場合も多い。それまで安定した収入があった人だからこそ、収入が途絶えることによるストレスや不安は想像以上といえるだろう。

辞めた後にしばらく休養したい方は、退職前にある程度貯金しておこう。自己都合退職の場合、失業給付金はすぐには給付されないため注意が必要だ

こんな職場は今すぐやめてOK!

せっかく苦労して掴んだ教師という職だからこそ、一度立ち止まって退職すべきかどうかを考えてほしい。しかし、次のような職場だった場合は、退職について具体的に考え始めてほしい。

①教師間のいじめがある

「いじめはだめだ」と教える側の教師であるはずなのに、教師間の嫌がらせやいじめが存在する学校も少なくない。陰口をいわれたり無視されたりなど陰湿ないじめが横行し、職場の雰囲気が最悪だというケースもよく耳にする。

そのような悪い風潮がいまだに残っている環境の場合は、退職を視野に動き出そう。

②パワハラが横行している

教師間のいじめと似ている部分があるが、パワハラが横行している職場も注意が必要だ

何かにつけて文句をつけてくる上司や、過剰な仕事量を割り振られたり、無理矢理飲みの場に連れて行かれたりと、パワハラと一言でいっても様々なものがある。

上司のストレスの捌け口となっているような悪い風潮がある職場からは、いち早く自ら離れていこう。

③モンスターペアレントが多いエリアである

公立や私立に関わらず、学校のエリアによってはモンスターペアレントが多いところがある。

たとえば、学歴思考が強い保護者の場合は、担任の先生の出身大学などによって態度をコロコロ変えることも少なくない。そのような保護者が多いエリアで仕事をし続けることはかなりストレスを感じるはずだ。

その環境に耐えられないと感じる場合は、職場を変える方法を模索しよう

転職したい場合円滑に退職するための方法

現状の改善が見込めない場合は、転職する方向で行動を起こしていこう。そこで気になる円滑な退職方法について詳しくまとめてみた。

退職に適切な時期

一般的なサラリーマンの場合は、退職時期は基本的には自由だが、教師の場合はそうはいかない。多くの教師が担任を受け持っていたり、そうでない場合も担当する教科や係があるはずだ。

そのため、退職時期は学年が切り替わる年度末での退職が望ましい

退職理由の伝え方

退職の意思を伝える際に悩むのが退職理由だろう。ここで注意していただきたいのが、退職理由は本音を伝えなくてもいいということだ。あくまでも個人的でかつポジティブや退職理由を伝えていこう。

建前としておすすめの退職理由

  • 新しい分野で挑戦していきたい
  • キャリアアップをしたい

NGな退職理由

  • 残業が多く、給与が低い
  • 人間関係に疲れた

円満な退職までの流れ

円満退職していくための具体的な流れについてみていこう。

①退職の意思を伝える

退職の意思が決まったら、校長や教頭などの管理職に退職の意向を伝えよう。

退職の意思を伝えるタイミングだが、来年度の人事についての調整が始まる10月頃がベストだ。年度末で退職するにはかなり早すぎるように感じてしまうが、円満退職するためにはこのタイミングが最適なのだ。

②退職届を出す

退職の意向が受理され、正式に退職することが決まったら退職届を提出しよう

ほとんどの自治体において所定のフォーマットがあるため、指定の用紙に記入し管理職に提出をしよう。

③(告知が出たら)他の従業員に伝える

正式に退職が決まったら、他の職員に伝えていこう。一緒に働いている同僚や同じ学年の先生方には管理職への報告が終わったタイミングで早めに打ち明けた方がいいだろう。

退職する事実だけではなく、いままでの感謝の気持ちもあわせて伝えていこう。

④業務の引き継ぎを行う

退職が正式に決まったら業務の引き継ぎを行っていく。必要に応じて引き継ぎ資料を作成してデータとして残しておこう

引き継ぎデータは、年・月・日と行事名などで分類をし、後任の方がわかりやすいように工夫しよう。

⑤有給が残っている場合は消化する

有給休暇が残っていた場合は、退職前に消化できるようにしよう

学校現場の場合は、基本的に有給休暇の買取はできないため、退職日に合わせて有休消化できるように調整しなければならないので注意しよう。

⑥備品の返却・退職書類の受け取り

学校から貸与されている職員証やパソコンなどの備品は退職前に現状復帰して返却をしよう。

退職後の社会保険や年金などの手続き書類など大切なものがたくさんあるため、退職書類の受け取りも忘れないようにしよう。

退職後のキャリアはどうなる?

教師を退職後、どのようなキャリアを積んでいけばよいか悩む方も多いだろう。ここからは、具体的な3つの方法について解説していく。

①同業種で職場を変える

教師の仕事は好きだが、職場環境や人間関係に不満がある方は、今まで培ったスキルを活かしていくためにも、違う教育現場に転職することをおすすめする。

勤務時間に関しても、学校間での違いが大きいので、残業が多いことを理由に教師という職を諦める必要はないかもしれない。

違う自治体の公立学校や私立学校などを検討し、自分に合った職場を探していこう。

②異業種への転職(未経験転職)

教師の仕事から離れて新しいことをスタートさせたい方は、異業種への転職がおすすめだ。

異業種への転職はハードルが高いものだが、元教師をしていたという事実だけで信頼度が高く、イメージがよいため他の業界に比べて転職しやすい

また、教師をしている中で培ったスキルを活かせる業界はたくさんあるため、心配せずに転職活動をしていこう。

③独立(個人事業主・起業)

学習塾や子ども支援サービスなど、教師の経験を活かせる事業を自ら展開していきたいとお考えの方もいるだろう。

しかし、起業には様々なリスクが伴うため、退職後にいきなり独立するのはおすすめできない。新たな分野で起業をする場合は、まず転職をしてしっかりとした知識やノウハウを身につけていこう。

教師の経験を活かせる仕事

ここからは、教師の経験を活かせる異業種についてみていこう。

①出版社での教材編集

出版社で教材の編集を行う編集者はそれぞれの教科に関する専門的な知識はもちろんのこと、教育現場の実情の理解が求められるため、教師としての経験や知識を存分に活かせる職種だ。

しかし、募集が多い仕事ではないため、募集がある場合はかなりの競争率になるだろう。

②一般事務・医療事務

一般事務は、基本的なパソコンスキルがあれば未経験者も歓迎されるため転職しやすい職種だ。教師の業務内容と共通するものが多くあるため、慣れない環境でも仕事がしやすいだろう

医療事務は資格が必要だが、早い方で半年ほどで取得できるため興味のある方はぜひ挑戦してほしい。

③営業職

教師経験者に特におすすめなのが営業職への転職だ。

教師は様々なタイプの人たちと関わりを持つ職業のため、相手を観察する力や洞察力、そして何よりコミュニケーション能力が高い方が多いのが特徴だ。

営業職は成果主義のため、頑張った分だけ給与に反映され流ことも大きな魅力的だろう。

転職活動を行う際に気をつけるべきこと

教師から転職をする上で、抑えておきたい2つのポイントをご紹介する。

①転職活動は在職中に行う方が良い

教師の仕事は多忙を極めるため、退職後に転職活動をしていきたいと考える方も多いだろう。

しかし、安定した収入が途絶えていることへの焦りから妥協して転職先を選んでしまうケースが多くみられ、転職後に後悔してしまう方も少なくない。そのため、在職中にある程度長いスパンを設けて転職活動をしていってほしい

②転職サイト・転職エージェントを活用すると効率的

転職をする際には、転職サイトや転職エージェントを活用していくことをおすすめする。自己応募の場合、書類選考であっさり落ちてしまうことが多い上、異業種転職の場合難易度が上がるため、転職活動が難航することが考えられるのだ。

転職のプロ・専門家であるエージェントを活用して効率的に内定を獲得していこう。

教師をやめて転職するなら活用したい転職サイト・転職エージェント

ここからは、教師から異業種へ転職をされる方におすすめの転職サイトや転職エージェントをご紹介する。

特に転職未経験や初心者の方たちにおすすめのサイトやエージェントを厳選しているため、まだ転職サイトなどの登録をしてない方はぜひチェックしてほしい。

①おすすめの転職サイト|ビズリーチ

転職サイトでおすすめしたいのはビズリーチだ。

3500人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接スカウトを受けられる転職サイトである。

レジュメを登録しておけばスカウトを受け取ることができ、魅力的な求人にのみ反応すればよいため、早い方で数週間で転職が決まることも多い。そのため、忙しい方や、すぐに転職したいとお考えの方にぜひ利用していただきたい。

サービスの質も高いので信頼が置ける。ハイクラスな転職を希望している方にはぜひ登録していただきたい転職サイトだ。

②おすすめの転職サイト|リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)

ハイクラスの転職を望む方にはリクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)に登録しておこう。

次のような職種に特化しており、その転職成功率の高さにも定評がある転職サイトだ。

  • 金融系
  • マーケティング関係
  • 機械・エンジニア系
  • 各業種に特化したコンサルタント
  • 経営・事業企画全般

また、レジュメを登録するだけでも非公開求人を検索することができることも魅力的なポイントだ。先ほどのビズリーチと併用することで、優良求人情報を見逃すことなく転職活動を進めていくことができるだろう。

③おすすめの転職エージェント|リクルートエージェント

リクルートエージェントは、完全無料の転職エージェントとして人気の転職エージェントだ。無料といえども、とても質の高いサービスが受けられるとあって多くの転職者が利用しているのだ。

リクルートエージェントの魅力は以下だ。

  • 業界トップクラスの圧倒的な求人数の多さ
  • 面接対策など手厚いサポートが充実
  • エージェントの交渉力の高さ
  • 内定率の高さ

転職活動を始めて間もない方や、まだエージェントに登録していない方などにおすすめしたい。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
ハタラクティブハタラクティブ公式サイト
  • 【20代・第二新卒におすすめ】
  • ・未経験OKの求人が豊富
  • ・カウンセリング実績11万人
  • ・大手企業の内定率80%超
関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス