ノウハウ:転職エージェント

転職エージェントの面談では何が聞かれる?面談時のポイントを詳細解説!

転職エージェントを利用する際は、担当のキャリアアドバイザーと面談を行うことになる。初めて転職エージェントを利用する場合、面談でどのようなことが聞かれるか気になる人も多いかもしれない。本記事では、転職エージェントの面談で聞かれる内容や面談時のポイントについて詳細を解説していく。これから転職エージェントを利用していきたい人は、ぜひ最後まで一読してみて欲しい。

転職エージェントの面談で聞かれる内容

転職エージェントとの面談では、下記の項目について聞かれるケースが多い。

  • これまでの仕事経験・自分の強み
  • 転職したい理由
  • 将来のビジョン
  • 希望業界・職種
  • 希望の条件

それぞれ詳細を確認していこう。

これまでの仕事経験・自分の強み

これまでの仕事経験・自分の強みは、応募先企業へのアピールポイントとして非常に重要な項目だ。転職エージェントが企業に登録者を紹介する際に、必ず説明する項目といってもよいだろう。仕事経験・強みが豊富な人材ほど、転職エージェントも企業に売り込みやすい。

仕事経験・強みに関して、すでに履歴書や登録フォームに記載しているかもしれないが、改めて自分の口で説明できるかチェックされる。具体的に説明できるよう、事前に内容を整理しておくことが肝要だ。内容を具体的に、かつスムーズに説明できれば、それだけ転職意欲が高いと判断される可能性が高い。転職意欲が高い人材であれば、転職エージェントも積極的に求人を紹介してくれるだろう。

転職したい理由

転職したい理由に関しても、転職エージェントから必ず聞かれる質問だ。転職したい理由によって、自分に合った求人内容も変わってくる。重要なのは「必ず自分の本心を伝える」ことだ。転職したい理由は人それぞれなので、変に取り繕って説明する必要はない。むしろ、自分の本心ではない転職理由を伝えてしまうと、紹介される求人とミスマッチが生じる可能性が高い。

たとえば、「仕事内容が合わない」点が本心であるにも関わらず、「職場への通勤が大変」という理由を説明してしまうと、転職エージェントは「同じ仕事内容で、自宅からのアクセスがよい企業」の求人を紹介してしまうだろう。

転職を成功させるためにも、転職エージェントに本心の転職理由を伝えるようにして欲しい。

将来のビジョン

将来的にどのようなキャリアを歩んでいきたいか、ビジョンを聞かれることもある。常に現場の第一線で働きたいのか、ゆくゆくは管理職・経営層に就きたいのか等、踏み込んで質問されることも多い。こちらの項目も、転職エージェントが登録者を売り込む際のアピールポイントになる。

現状を考えるだけで手一杯という人も、転職を機に将来のビジョンを考えてみることをおすすめする。将来のビジョンを考えた結果、別の転職候補先が見つかることも少なくない。転職エージェントに将来のキャリアビジョンを説明できれば、「先を見据えて行動できている」と評価される可能性も高くなるだろう。

希望業界・職種

希望業界・職種についても転職エージェントから必ず聞かれる内容だ。転職エージェント利用者から見れば、一番伝えたい項目でもあるだろう。どのような業界・職種を希望しているのか、具体的に説明する必要がある。

なぜその業界・職種を希望しているか」まで詳細に説明できると、転職エージェントから評価を得やすい。反対に「何となく、その業界・職種がいい」という曖昧な理由では、転職意欲が低いと判断されてしまう。これまでの経験や将来のビジョンと合わせて、希望業界・職種を伝えられるよう準備しておこう。

希望の条件

年間の休日日数や給与水準、福利厚生など、求人の希望条件についても転職エージェントから質問される。譲れない条件・妥協してもよい条件なども合わせて聞かれると考えてよいだろう。提示した条件は、具体的に求人を絞る際に活用される。

ここで重要なのは「希望条件を妥協しない」ことだ。自分で希望条件の線引きを行ってしまい、本来の希望条件よりも下げて伝えてしまう人が意外と多い。譲れない条件に関しては、妥協せずに転職エージェントに伝えておこう。仮に条件通りの求人が見つからなかったとしても、希望条件になるべく近い求人を紹介してもらえる可能性が高くなる。

転職エージェントの面談の流れ

転職エージェントの面談の流れは、大まかに下記の通り進むことが多い。

①転職エージェントへの挨拶・自己紹介

②職務経歴・仕事内容のヒアリング

③転職理由・将来のビジョンなどの確認

④希望業界・職種・条件の確認

⑤求人の紹介(場合によっては、後日の紹介になる)

⑥転職に関する質問・相談

転職エージェントによっては、質問の順番が前後することもある。また、面談時にすぐ求人を紹介してくれるケースもあれば、後日に改めて求人紹介を受けることもあるので、事前に転職エージェントに確認しておこう。

面談時に、転職に関する質問・相談を行うことも可能だ。転職エージェントとの信頼関係を構築するためにも、なるべく多く質問・相談を行うことをおすすめする。質問・相談が全くない状態だと、「本当に転職をしたいのか?」とエージェントから疑問を持たれてしまう可能性もゼロではない。転職に際しての不安などを伝えるだけでも、エージェントとの信頼関係を深めるのに有効だ。

転職エージェントの面談のポイント

転職エージェントの面談を成功させるポイントとして、下記の点が挙げられる。

  • 正確な情報・実績を伝える
  • 不満ばかり語らない
  • ビジネスパーソンとして適切に振る舞う
  • 複数の転職エージェントに登録している旨を伝える

正確な情報・実績を伝える

転職エージェントの面談では、正確な情報・実績を伝えるようにしよう。転職活動の状況や経験した業務内容などで誤った情報を伝えてしまうと、紹介される求人との間でミスマッチが生まれる可能性が高くなる。

自分を少しでも良く見せたいという人もいると思うが、転職エージェントとの面談では、ありのままの自分を伝えることが肝要だ。事実に基づいた情報・実績を伝えるよう心がけるようにしよう。

不満ばかり語らない

転職の理由を伝える際に、現在の仕事・職場の不満ばかり語らないよう注意して欲しい。転職理由で本音を伝えるのは大切だが、あまりにも不満が多すぎるとエージェントから「企業に対する所属意識が足りない」と判断されてしまう可能性がある。

転職エージェントは自分を企業に売り込んでくれる「代理人」だ。転職エージェントからの評価が落ちてしまえば、紹介してもらえる求人数も少なくなってしまう。転職理由でネガティブな意見を述べるのは問題ないが、1~2つぐらいに留めておくことをおすすめする。

ビジネスパーソンとして適切に振る舞う

転職エージェントを利用する人の中に、「自分は転職エージェントのお客さんだから、転職エージェントよりも偉い立場だ」と考えている人が稀にいるが、この考えは大きな誤りだ。まず、転職エージェントにとっての最大の顧客は「企業」になる。

転職エージェントは企業から「紹介料」を得て利益を得ているためだ。自分が偉い立場だと考えて、転職エージェントに横柄に振る舞うと、求人を紹介してもらえる可能性は限りなく低くなると考えてよいだろう。

転職エージェントを利用する立場であっても、ビジネスパーソンとして適切に振る舞うことを忘れてはいけない。転職エージェントを「ビジネスパートナー」と考えて、互いに気持ちよくやり取りができるよう意識して行動しよう。

複数の転職エージェントに登録している旨を伝える

転職エージェントに対して、「複数の転職エージェントに登録している」旨を伝えることで、求人紹介・対応のスピードが速くなることがある。転職エージェントからしてみれば、目の前の相手の転職を成功させることが自社の利益につながるので、他の転職エージェントに顧客を取られてしまうのは避けたいのが本音だ。

「別の転職エージェントでも紹介を受けている」と伝えて、転職エージェントの意識を引き付けるようにしよう。

転職エージェントの面談時の服装

転職エージェントの面談時に、どのような服装をすればよいか迷ってしまう方も多いだろう。結論から述べると、転職エージェントとの面談時は「私服」で問題ない。ただし、あまりもラフ感の強い私服はビジネスの場面ではそぐわないので、「ビジネスカジュアル」ぐらいの私服にしておくことがおすすめだ。

私服を準備するのが大変な人は、スーツで面談に参加してもまったく問題ない。私服・スーツに関わらず、服装でチェックされるポイントは「清潔感」だ。清潔感の有無で第一印象は大きく変わってくる。汚れやシワが目立つ服装の場合だと、転職エージェントから「身だしなみが整えらない人」という評価をされてしまう可能性が高い。面談前に私服・スーツをクリーニングに出す等、清潔感のある状態で臨むようにしよう。

転職エージェントの面談場所

転職エージェントの面談は、エージェントのオフィスで行われることが多いが、最近はオンラインでの面談も増えてきている。オンライン面談あれば、時間・場所を問わずに面談を行うことができるので、日中に仕事がある人でも無理なく利用できる。

オンライン面談で注意して欲しいのが「通信環境」だ。自宅にWi-Fiがある人であれば問題なくオンライン面談ができるが、携帯回線でオンライン面談を行う場合だと、通信環境によって映像が途切れ途切れになってしまう可能性がある。

面談がスムーズに進まなかった場合、後日に再度オンライン面談を行うこともあるので、二度手間になってしまうケースになりかねない。もし可能であれば、オンライン面談の時期に合わせてレンタルWi-Fiルーターなどを準備しておくことをおすすめする。

転職エージェントの面談時間帯

転職エージェントの面談時間帯は、「平日・土曜日の午前中~夜19時ごろまで」となっているエージェントが多い。中には、日曜日に面談を実施してくれる転職エージェントもある。ただ、土曜日・日曜日は多くのビジネスマンが休日であるため、面談の予約が集中する傾向にある。このため、面談の予約がなかなか取れないケースもしばしばだ。

土日で面談を組んでしまうと、自分の前後の時間にも他の利用者の面談が入っていることが多く、ゆっくり面談を行ってもらえない可能性もある。スケジュールに問題がなければ、平日に面談を行ってもらうのがおすすめだ。

転職エージェントの面談で、自分の本音をきちんと伝えよう!

転職エージェントの面談では、転職理由、自分の希望業界・職種・条件などを包み隠さず伝えることが肝要になる。転職した後に、「面談の時にもっとハッキリと本音を伝えるべきだった」と思ってしまわないよう、面談で自分の本音・考えをエージェントに伝えるようにしようい。ネガティブな意見を言うのも問題ないが、あまりにも不平・不満が多すぎるとエージェントからの評価が落ちてしまうので要注意だ。

本記事で紹介した面談の内容・ポイントを参考してもらい、転職エージェントの面談に臨んで欲しい。

ABOUT ME
キャリハイ転職編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に、より良いキャリア選択や、悩み解消の一助になる情報をお届けすることを目指しています。 外資系企業、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップ、起業など、さまざまなバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。 各執筆者の見解・持論は、編集部全体を代表するものではございません。
編集部のおすすめ転職サービスランキング