【年収・売上別】2024年最新のネット広告業界で転職おすすめランキング10社!

【年収・売上別】 2021年最新のネット広告業界で転職おすすめランキング10社!

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社コレックが制作しています。

近年ご存知の通りインターネットのさらなる普及が進み、ネット業界の注目が以前よりもかなり高くなってきている。その中でも、ネット広告は企業の戦略においても重要な立ち位置を示し、業界としても大きく拡大が予想されている。市場規模が大きくなる業界に転職できれば人材価値も高まり、やりがいも増えるに違いない。

今回は2024年版のおすすめネット広告企業をランキングで紹介していく。ネット広告に興味がある人は要注目だ。

ネット広告業界の転職関連の情報をお調べのあなたは、きっと興味本位だけで調べているわけではないだろう。現状、ネット広告業界にいて、他の会社での条件と自分の会社の条件とどれくらいの差があるのか知りたい、もしくは、ネット広告業界界隈の会社にいてこれから新規でネット広告業界への転職を考え、どの会社がベストなのか? そういったことを知りたいのではないだろうか。

今回、こちらの記事ではあなたのリサーチ欲に満足できるだけの情報がきっと揃っているはずだ。ただし、リサーチして満足するだけではもちろん意味がない。まずは真っ先にこの記事を読む前に次のビズリーチなどの転職サイトやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録(もちろん登録は無料だ)すべきだ。

登録が済んだら、また改めてこちらの記事に戻ってきて実際どのような年収差が出ているのか確認してほしい。

また、登録の際に必要なことは非常に簡単だ。基本情報と詳細情報を入力する必要はあるが、10分程度で終わる。その結果得られることはあなたの人生の中でさらにワンクラス上の満足できるキャリアアップにつながる可能性が大いにあるのだ。ぜひ登録しよう。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

ネット広告業界とは?

従来の広告業界との違いはテレビや新聞のメディアではなく、インターネットやWEBを通した広告媒体の立案や打ち出しを行うことだ。近年はネット環境やテクノロジーの進化でよりクリエイティブな能力が求められるだろう。

ネット広告業界で関与する広告の種類は以下である。

  • リスティング広告
  • SNS広告
  • 動画型広告
  • ディスプレイ広告

広告形態は様々なパターンがあり、どのアプローチでどんな広告を提案・作成するのかが力の見せ所だ。

また、ネット広告業界で働く場合の職種は以下に分かれる。

  • アカウントプランナー
  • マーケティングディレクター
  • プランナー
  • データアナリスト

総合的に業務全般を請け負う企業もあれば、1つの分野に特化した企業もある。ご自分の経験・知識・得意分野に合わせて企業選択をするのがよいだろう。

もし、ネット広告業に転職を考えてるならビズリーチに登録して欲しい。無料で書類添削や面談対策などのサポートが受けられる。また、登録するだけで企業からオファーも届くので、思いもよらない優良企業から声がかかるかもしれない。

ネット広告業界の企業一覧

それでは現在活躍しているネット広告企業10社を紹介していこう。

企業名 創業 売上(2020-2019)単位(億円)
サイバーエージェント 1998年 2,481
オプトHD 1994年 833
グリー 2004年 626
アドウェイズ 2001年 373
GMOアドパートナーズ 1999年 345
ファンコミュニケーションズ 1999年 342
バリューコマース 1999年 256
インタースペース 1999年 248
フルスピード 2001年 211
セプテーニHD 1900年 179
アイモバイル 2007年 149
ジーニー 2010年 143

サイバーエージェント

こんな会社

様々な事業展開をしており、認知度が非常に高い企業である。動画メディアやスマホゲームが有名事業ではあるものの、本来はネット広告事業が本業というのを忘れてはならない。

これまでの実績とノウハウで、業界トップに君臨する超大手企業である。

主な事業は以下の通りだ。

  • 広告事業
  • ゲーム事業
  • メディア事業
  • スタートアップ事業

基本情報

売上(単位:百万円) 478,566(連結)
営業利益 33,880
時価総額 949,400
年収 734万
従業員数 5282名(連結)

オプトHD

こんな会社

インターネット広告を中心にデジタルマーケティングにも強みを持つ。創業から長い実績を持ち、ネット広告業界で老舗企業といえるだろう。時代に合わせた事業展開も行い、業界を率先する企業なのだ。

主な事業は以下の通りだ。

  • 広告代理サービス
  • ソリューションサービス
  • データベースサービス

基本情報

売上(単位:百万円) 83,300
営業利益 2.633(2019年/連結)
時価総額 45,200
年収 680万
従業員数 1508名(連結)

グリー

こんな会社

グリー株式会社は2004年に設立し、東京・六本木に本社を置き、14ものグループ会社を束ねる大企業だ。主な事業内容として、ソーシャルゲームプラットフォームを手がけ、モバイル向けコンテンツを配信するインターネット企業だ。

ゲーム事業の他にも、バーチャルYouTuber事業への参入、そして広告・アドネットワーク事業も展開している。インターネットを通じた広告やマーケティングを得意とし、クライアントに最適なソリューションを提案している。

主な事業は以下の通りだ

  • ゲーム事業
  • ライブエンターテインメント事業
  • メディア事業
  • 広告事業
  • 投資事業

基本情報

売上(百万円) 62,665
営業利益(百万円) 4,219
時価総額(百万円) 138,082
年収 758万円
従業員数(2021年3月末時点) 1,589人(グループ全体)

アドウェイズ

こんな会社

東南アジアを中心に世界規模でインターネット広告事業を展開するグローバル企業である。中国ではトップシェアを誇る実績も残している。アジアでスマートフォン広告NO1を目指す注目企業だ。

主な事業は以下の通りだ。

  • 広告事業
  • EC事業
  • メディア開発、運営事業

基本情報

売上 37,304
営業利益 197
時価総額 31,300
年収 581万
従業員数 891万

GMOアドパートナーズ

こんな会社

業界NO1を目指し、プラットフォームの提供やWEBプロモーションを展開する急成長の企業だ。各分野のプロフェッショナルが集まり、最先端のインターネット広告を手掛けている。

主な事業は以下の通りだ。

  • アドテクノロジー
  • コンテンツマーケティング
  • メディアセールス
  • メディア運営

基本情報

売上 34,500
営業利益 445
時価総額 10,172
年収 545万
従業員数 46名

ファンコミュニケーションズ

こんな会社

国内で代表的なネット広告サービス「A8.net」や「nend」を展開する広告ビジネス企業だ。業界の中でも、プライム上場を最速を果たし他者に負けない実績を残している。若手が活躍できる環境があり、これからも成長が見込める企業である。

主な事業は以下の通りだ。

  • アフィリエイト、プログラム運用代行サービス
  • インターネット広告サービス

基本情報

売上 34,200
営業利益 3,747
時価総額 31,000
年収 506万
従業員数 382名

バリューコマース

こんな会社

インターネット広告事業をメインとし、CRM事業も展開する企業。アフィリエイト関連が一番大きなサービスであり、ネットワークも広いことから個人ユーザーからも支持を集めている。

主な事業は以下の通りだ。

  • インターネット広告事業
  • CRM事業

基本情報

売上 25,694
営業利益 4,966
時価総額 112,031
年収 599万
従業員数 415名

インタースペース

こんな会社

インターネット広告事業とメディア事業をメインとする企業である。設立以来、安定的に実績を伸ばし業界の中でもトップクラスシェアを誇る。社内には多種多様なポジションがあり、自分に合った能力を発揮できる環境が魅力だ。

主な事業は以下の通りだ。

  • インターネット広告事業
  • メディア事業

基本情報

売上 24,880
営業利益 452
時価総額 8,311
年収 542万
従業員数 446名

フルスピード

こんな会社

スタンダート上場でSEOソリューションに強みを持つ企業。近年はアドテクノロジー事業に力を入れ始め事業拡大をしている。訪日観光客アプリ「Gojapan」は訪日インバウンドとしては業界首位の実績を誇る。

主な事業は以下の通りだ。

  • インターネットマーケティング事業
  • アドテクノロジー事業

基本情報

売上 21,158
営業利益 1,704
時価総額 6,733
年収 458万
従業員数 413名(連結)

セプテーニHD

こんな会社

セプテーニHDは1900年に設立し、インターネット広告会社の先駆けとして業界を牽引してきた存在だ。国内に11社、中国やアメリカなど海外にも6社のグループ企業を有する巨大企業だ。主に企業のデジタル広告の販売やデータやAIを駆使したソリューション提供を行っている。

また近年需要が急激に伸びている企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化に向けた総合的な支援も行っている。その他にも、マンガアプリ「GANMA!」をはじめとしたメディアプロダクトも展開している。

主な事業内容は以下だ。

  • デジタルマーケティング事業
  • メディアプラットフォーム事業
  • その他新規事業の開発

基本情報

売上(百万円) 17,937
営業利益(百万円) 2,325
時価総額(百万円) 65013
年収 597万円
従業員数(2020年9月末時点) 1,224名(正社員)

アイモバイル

こんな会社

国内最大規模のアドネットワークシステム「i-mobile」を持ち、インターネット広告配信で実績を誇る企業。アフィリエイト事業やコンテンツ事業も展開し、海外展開や国内上場を視野に幅を広げている。

主な事業は以下の通りだ。

  • インターネット広告事業
  • アフィリエイト事業
  • ふるさと納税事業
  • アドネットワーク事業

基本情報

売上 14,901
営業利益 2,246
時価総額 28,162
年収 556
従業員数 219名(連結)

ジーニー

こんな会社

広告収益最大化プラットフォーム「Geniee SSP」の開発と提供をメインにマーケティングサービス支援サービスも手掛ける。SSP事業が急成長中し日本でシェアを広げている。アジアを中心にエリアを拡大中で将来性が見込める企業だろう。

主な事業は以下の通りだ。

  • アド・プラットフォーム事業
  • マーケティングソリューション事業

基本情報

売上 14,348
営業利益 -91
時価総額 15,722
年収 610万
従業員数 273
ホワイト企業に強い転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり

インターネット広告業界の売上ランキング

それでは2019年から2020年のネット広告業界の売上ランキングを紹介していこう。

【1位】 サイバーエージェント:2481億円

【2位】 オプトHD:833億円

【3位】 アドウェイズ:373億円

【4位】 GMOアドパートナーズ:345億円

【5位】 ファンコミュニケーションズ:342億円

1位のサイバーエージェントは業界シェアを大きく占める超大手企業だ。ただし、業界の市場規模がこれからも伸び続けるだけに、他企業の伸びしろは今後期待できるだろう。

メガベンチャーの営業利益ランキング

ここではネット広告業界の中でも、メガベンチャーに絞り営業利益に焦点を当ててみよう。

【1位】 サイバーエージェント:330億円

【2位】 グリー:46億円

【3位】 オプトHD:26億円

【4位】 セプテーニHD:22億円

【5位】 アドウェイズ:1億円

売上高に比例して営業利益が高くなるのは間違いないだろう。2位のグリーは広告事業以外にもメディア事業・ゲーム事業も行うメガベンチャーだ。4位のセプテーニHDはネット広告事業をメインとするメガベンチャーである。

ネット広告業界の成長率(前年度比)ランキング

ここでは2019年と2020年の売上を比較し、成長率が高い企業をランキングにしていこう。

【1位】 バリューコマース:23%

【2位】 サイバーエージェント:5%

【3位】 オプトHD:2%

【3位】 フルスピード:2%

【5位】 GMOアドパートナーズ:1%

1位のバリューコマースは急成長中の企業で利益率も高い企業だ。サイバーエージェントは既に超大手であるが成長を続けている。ネット広告業界は益々成長が見込める分野である。

ネット広告業界の時価総額ランキング

ここでは最新版の時価総額ランキングを紹介していこう。

【1位】 サイバーエージェント:9494億円

【2位】 バリューコマース:1120億円

【3位】 オプトHD:45億円

【4位】 アドウェイズ:31億円

【5位】 ファンコミュニケーションズ:31億円

2位のバリューコマースは売上高では他企業よりも低いものの、成長率や利益率が高いことが評価され時価総額が高い傾向だ。

ネット広告業界の年収ランキング

転職において気になる部分である平均年収についてランキングで紹介していく。

【1位】 サイバーエージェント:734万円

【2位】 オプトHD:680万円

【3位】 ジーニー:610万円

【4位】 バリューコマース:599万円

【5位】 アドウェイズ:581万円

日本の平均給与は436万(2020年)であり、ネット広告は高水準な業界であるといえる。さらに業界が伸びる可能性も高いため、年収の上昇が今後も期待できるだろう。

ネット広告業界へはどんな企業から転職が多い?

it企業からの転職や広告企業からの転職はやはり多い傾向だ。単純にこれまでの知識や経験が生かされ、即戦力になる可能性が高いため転職に成功するパターンは多い。

しかし、これからも伸びる業界なだけに他業界から転職する事例も多く、受け入れする企業側も柔軟性を持って人材確保に努めているのも事実だ。

では実際、転職を成功させた方はどのような企業や業界から転職を成功させたのだろうか?いくつかパターンを見ていこう。

同業界からの転職

ネット関連や広告関連からの転職は成功ケースが多く存在する。ネット広告業界の中でも、分野が分かれているため、これまでの職務内容や知識が合致する企業であれば即戦力として採用されるだろう。

ただし、ご自分の能力が最大限に生かされるキャリアプランでなければ年収が下がってしまう場合もあり、企業選定には注意が必要だ。

営業職からの転職

ネット広告業界へ転職チャンスが大きいのが営業経験者だ。広告業界では広告を作る技術者だけでなく、広告を売る人材や課題やニーズに対して企画立案する人材も必要であり、これまでの営業経験が生きてくるのである。

提案力、分析力、発想力を企業にアピールできれば転職のチャンスは大きく広がるだろう。

マーケティング職からの転職

ネット広告は益々注目される業界であり、今も発展途上といえる。専門的な知識は必要だが、それよりも現在・未来のマーケティングを読み解き対応していくかも重要な役割だろう。そこで力を発揮できるのがこれまでマーケティング業界にいた人材だ。

時代を読み解く力・ニーズの把握力をアピールすることが大切といえる。

ネット広告業界への転職のメリット

ネット広告業界へ転職するメリットは以下3つだ。

  1. 人材面での市場価値が高まる
  2. 成長産業に身を置ける
  3. 給与水準が高い

1.人材面での市場価値が高まる

ネット広告は専門職であり、スキルを磨くことで自分の強みになるだろう。特にWEBデザイナー・WEBマーケティングなどの専門性は益々注目を浴びる職種だけに必要とされる人材だ。

ネット広告で身につけられる専門性は他業界でも活きてくる部分が多く、今後のキャリアップもスムーズに進められる人材となるだろう。

2.成長産業に身を置ける

インターネット関連の分野は今後の時代において不可欠とされ、ネット広告もこれまでの媒体を凌駕していくだろう。よってまだまだ成長が見込める産業で、拡大が期待できる。

ネット広告に携わることで社会の成長の波に乗ることができ、今まで以上にスキルアップができるのだ。

3.給与水準が高い

一般職との給与を比較すればネット広告業界は高水準の給与である。現在日本の平均給与は436万円だが、ネット広告業界は平均給与500万〜600万代が多い。

業界の市場規模が大きくなれば給与水準も高くなるので、将来性も期待できるだろう。

ネット広告業界への転職におすすめなエージェント

転職サービス 特徴
ビズリーチビズリーチ
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「マイナビエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。

登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。

納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。

年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。

業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

まとめ

ネット広告業界を詳しく分析しつつ、ネット広告企業のランキングも合わせて解説してきた。

成長産業であるためメガベンチャーから小企業まで数多く存在している。給与面で見ればメガベンチャーも魅力だが、中小企業も今後の伸びしろがあるだけに幅広く視野を広げてみてほしい。

また、ご自分の経験や適性を見極め、条件と合う企業へしっかりとアピールすれば転職は成功するだろう。

そのためには転職エージェントの利用は必須であり、スムーズに転職を成功させる鍵である。

特におすすめなのがビズリーチだ。高収入の求人を多く保有しており、ヘッドハンターから思いもよらない広告業界企業から直接オファーが届くこともある。登録は無料でできるうえ、書類添削や面接練習といったサポートも提供している。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス