日本IBMのプロジェクト内容、転職方法、転職先、給料について現役社員が答えた

毎年、採用上位にくる日本IBM。今回は新卒から一貫して日本IBMでご活躍されている現役社員に、インタビューを実施いたした。また中途採用も積極的にされているということなのでご興味ある方はご覧いただきたい。

IBMへの転職方法、転職先、およびIBMのプロジェクトの実情について書いてある。

転職するならマイナビITエージェントを利用しよう。IT/WEB業界出身アドバイザー多数在籍しており、専門的なサポートが受けられる。

経験者でスキルに自信があるならレバテックキャリアがおすすめだ。IT/WEB業界に特化の転職エージェントで内定率が高い。

IT転職に強い転職エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【エンジニア経験者向け】
  • ・IT/WEB業界の中でエンジニア特化
  • ・初回提案での内定率90%
マイナビITエージェントマイナビ
IT AGENT
公式サイト
  • 【IT業界全般おすすめ】
  • ・IT/WEB業界出身アドバイザー多数
  • ・年収アップも狙える
ワークポートワークポート公式サイト
  • 【未経験者向け】
  • ・未経験からの挑戦におすすめ
  • ・無料でプログラミングを学べる
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

日本IBM現役社員にインタビュー

IBMの新卒採用

-IBMにご就職した経緯を教えてください。

大学受験時に、志望大学に合格できず、同学部の、偏差値で比較してMARCH未満の大学に進学しました。なので大学受験の失敗を就職活動では取り返そうとしました。

自分にとって、いわば敗者復活戦という位置づけだったわけです。当時は、何かをやりたいかといった軸ではなく就職が難しいかどうかで判断していました。

-その中でも日本IBMにした理由は何でしょうか?

まず、外資系に就職したかったからです。外資系という軸は単純に受かるのが難しそうだったからです。そのなかで受かったのが日本IBMでした。

IBMは学歴フィルターが厳しいわけではないと考えました。女子大はじめ多様な大学から採用されている実績があるのでチャンスはあると思いました。

私の大学からはほとんど採用実績はなかったのですが、なんとかコンサルタント職として内定につながりました。

-どのような人が内定していましたか?

思いやりのある子が多いなという印象です。アクセンチュアとよく比較されますが、誰かに対して何かしたいという思いをもっている人がアクセンチュアより多いなというのが私個人の感想です。

-受かるためにどのような努力をしましたか?

様々な企業のグループディスカッションのときに仲良くなって就活仲間を作っていきました。特にケース面接の練習は、他の人と練習できたのが大きかったです。

就職活動は個人プレーですが、チームとしてみんなで頑張れたのがよかったです。また筆記で落ちることがないようSPIの対策本は10周以上したので筆記試験はほとんどの企業で通りました。

英語はTOEIC650点くらいでしたので日常会話レベルという感じでした。

IBMに入社してからの仕事内容

-入社してからはいつからプロジェクトに入ったのでしょうか?

研修が4か月間ありました。研修はグループでケースのようなことをしました。最後の1か月間は要件定義からシステム設計までやりました。

私はプログラミングができなかったので研修なのにアベって(*available:プロジェクト配属がない状態の意)いましたね(笑)。コーディングができる人がずっと研修の最後を行っていました。

その後、コンサル採用の人たちは、各々の配属先に分かれていきました。

-配属されてからはどのようなプロジェクトをされていましたか?

私も多くの人と同様にパッケージ導入の案件に配属され、パッケージの仕組みをゼロから学んでいきました。

-通常どのようなチーム構成でプロジェクトをすすめるのでしょうか?

大きなプロジェクトですと、プロジェクトオーナー、プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダー、メンバーがいて各々が役割をこなしていきます。メンバーは若手クラスですので、上からふってきた仕事をこなしていきます。

1人プロジェクトと呼ばれるものもあり、2年目くらいから1人でプロジェクトリーダーをする人もいます。リーダークラスになると大きなプロジェクトは大体5年目くらいの人がやっていますね。

パートナークラスが仕事をとってきたのを、下の階級におりるごとにどんどんブレークダウンされていき、メンバークラスになると細かい作業レベルの話になってきます。大きいプロジェクトだと下のポジションだと全体像が見えにくいということがあります。

また、これらの階級的な役割とは別にPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)だけする人といった形でアサインされる人もいます。

PMOはパッケージに関する専門知識がいるわけではないですし、ひたすら作業をやるだけでいいので、面白さは感じなかったですね。ずっとPMOだけ専門にやっているシニアの方もいますが。

ずっとPMOをしていると、フル稼働しているとみなされはしますが、スキルの向上機会が少ないように感じました。自分はモチベーションが下がりそうです。50代で、PMOしかやっていないという方もいます。

案件やプロジェクトは選べるのか

-案件は選べるのでしょうか?

運とタイミングによりますね。運よく募集しているところがあるとよいですね。

プロジェクトを探すための社内用のサイトがあるのですが実際にそれはあまり使われず社内の情報網がすべてです。 パートナーや同期から情報をもらってどの案件がよさげか情報を仕入れます。同期ネットワークは本当に大事です。

コンサルタントとして就職しても基本的にはずっと社内就活が欠かせないです。プロジェクトに属していないと「稼働していない」とみなされるので何かしら自分で探して良いプロジェクトを探さないといけません。

-忙しいプロジェクトに入る人も多いのでしょうか?

忙しい人は毎日深夜まで働く人がいます。私は、プロジェクトの良し悪しの情報を手に入れていたので20時ごろには帰っていましたし、17,18時くらいに帰ることもありました。

忙しい人はメンタルをやられて休職することもありますね。私も忙しいときがありましたが忙しいと自分が何のために頑張っているんだっけ?という心のよりどころがないと頑張れなくなってしまいます。

同期で睡眠不足が3か月続き、その後辞めていた人がいました。

-プロジェクト配属は上からは降ってこないのですか?

所属長からプロジェクトの提案があります。自分で拒否することができます。

拒否権を発動するには自分でこのプロジェクトに入りたいという希望がないと通らないのであらかじめ自分が入りたいプロジェクトを探しておくのです。その意味でずっと社内就活をしておかないといけないのです。

先ほどの繰り返しになりますが、みんなが避けているプロジェクトの情報を手に入れていない人は、みんなが避ける案件にアサインされます。中途採用の人は人脈がないために気づかないことが多いですね。

IBMの中途採用

-中途採用は積極的に行っているのですか?

年中採用している印象です。中途は自分ができると思って転職してきますが、転職して車内人脈がなく良いプロジェクトに入れないといった理由で、すぐに活躍する人はあまり多くないイメージです。

もちろん優秀な人はパートナーまでいきますが、個人的には、優秀な中途に遭遇することはあまり多くはなかったです。

-IBMに転職してくる方はどのような方が多いでしょうか?

ベンチャーからくる人もいればコンサルの人もいれば事業会社の人もいればと言う感じです。ITの経験が全くない人もいます。ITの専門領域に関するスキルとクライアントの業界への専門知識のどちらかがあれば通用します。

イメージですがリクルートで人材営業をしている人がIT未経験できたとしても、人材業界のコンサルティングの仕事があるのでそこで活躍してもらうイメージですね。

f:id:Shomo:20180323002719j:plain

-中途で生き残るためにはどのような心構えが必要でしょうか?

自分で考える力ですね。自分で何とかして、解決する力が必要になってきます。自分で考えないとリーダーになれません。事業会社の人で上からの仕事をただこなしていただけの人は上手く力を発揮できずに辞める人がいます。

特に上流工程のコンサルティングになってくると未知のことが多く、仮説を立てて自分で進めないといけません。パッケージ導入だけの仕事ではそういった場面に必ずしも多くぶつかるわけではないですが。

また、変化への対応力も求められます。

もともとIBMという会社自体がパソコン売っていたのが、コンサルというサービスになって、今はワトソンを作り始めるといった時代に合わせて変化していっています。

トレンドによって会社の方針が変わっていくのでキャッチアップする姿勢があるかないかで大きくその人の結果は変わってきます。自分で学ぶのが楽しいと思わないとつらいでしょうね。

特に上に出世している人ほど自分で勉強していますね。

IBMからの転職先

-IBMから転職する人はいますか?

転職する人はいます。多くは、給料の不満です。みなさんが思っているよりも給料が高くなく、給与体系も変化があり、今の若手は特に低いです。

一方で、転職しない理由としては、同業他社の人よりも良い人が多く、人間性の面で他社より良いから働きやすいという話を聞きます。また仕事の質も高いためIBMに残っているのでしょう。

-転職先は?

アクセンチュアやデロイトといったコンサルティング会社は意外と多くなく、事業会社やベンチャーといったところに行く人が多いですね。

-IBMのスキルは事業会社で活かせるパターンは多くないイメージですがいかがでしょうか?
ITスキルが活かせる場合もありますが、何かの業界のコンサルティング業務に従事しているとその業界に未経験職種で行くといった形です。経験はなくとも業界のビジネスのことは理解できるので。

また、優秀な人がいる会社という認識はあるみたいなので市場ではそこそこ転職には困らないという話は聞きます。

活躍するITコンサルタントとは

-優秀なITコンサルタントはどのような方だと考えますか?

仕事を楽しんでいる人ですね。

会社のリソースを活用して、自分のやりたいことを実現しています。例えば、海外のメンバーと一緒にプロジェクトをしたり、営利活動でないものを携わっていたりといったことです。

会社をフル活用している人は通常のコンサルティング業務も仕事を楽しいと言ってやっています。なんで楽しいかというと、自分で課題を発見して、進んで自分でやっていっているかだと思います。そういった人はどこにいっても優秀だと思います。

自分で考えて仕事を作り出して、立場に関係なく仕事を人に与えている人は優秀です。

コンサルティング会社はよく言われることですが最後は責任を負わないので、一生懸命期待に応えようとしますが、最後の最後の責任はお客さんが負うので、ある意味リスクなく自分のやりたいことを実現できる場なのではないでしょうか。

-ダメなITコンサルタントとはどのような方でしょうか?

向上心がなく、同じような仕事ばかり何年もやって満足している人ですね。
後はサラリーマン気質の人で言われたことだけをしていく人はダメですね。

-出世は優秀な人が昇進しているイメージはありますか?

基本的に優秀さと相関していますね。結果を出している人が昇進して、あれ?って思うような人が上にくることはなかったように感じます。

一方、中途は面接で決まるので全然優秀じゃないのに高いポジションで入ってきたり、すごい優秀なのに下のポジションで入ってきたりといったことはあります。

もちろん転職後に、無理に高いポジションで入った人は苦労するのですが。中途を見ていると転職面接で決まっている気がするので良い転職エージェントをつけて転職面接の対策をしっかりすることが重要だと思います。

今後のキャリア

-今後もIBMに残って働こうと思っていますか?

他のキャリアも考えています。

スキルとしては周りを巻き込む力は身に着けました。全体を俯瞰して仮説検証していく力です。履歴書には書きにくいものばかりですが、スポーツを何かしているわけではないけど筋トレはして基礎体力が身についている状況です。

そうした基礎力があるからこそ転職先で活躍しているOBがいるのだと思います。転職先でテニスをするかサッカーをするか基礎体力を生かして種目を決めているイメージですね。

-転職活動はしたのですか?

戦略コンサルを考えていたことはあります。「ビズリーチ」に登録して転職エージェントに出会いました。ただ、そのときは結局転職に踏み込みませんでした。

ビズリーチのランキングがありますが、あまりランキング上位だからといって信用しないほうがいいですね笑。ケース面接対策をしてもらったことのあるエージェントでレベルが低い人もいたので、転職エージェントは多く会って見極めたらいいと思います。

ワークライフバランス、給料

-コンサル以外は?

日本企業に行こうという考えはないですね。働きにくそうなので。

そしてIBMという企業は女性も活躍していますが、ワークライフバランスが整っていると言い切れないので、もっとワークライフバランスが整った人が多く活躍している企業や業界に行こうと思います。

もちろんコミットしたらするほど仕事って楽しくなると思うのですがコンサルティングの仕事に携わってそこまで思えませんでした。生活のために働くというのもなんとなく嫌ですし。

-年収は1年目からどのように推移していくのでしょうか?

年収は最初が400万円くらいのスタートだったと記憶しています。給料は上がりにくいですし、成果を給与という形で感じにくいです。現在は1000万円にあがるのも昔より遅くなっていると聞きます。30代中盤以降で年収1000万円になるのが一般的なのでイメージより遅いと思います。

ネームバリューで選ぶと給料が低いと思うことになるので気を付けてください。同期も給与が原因でやめていますが、3年3割が退職と言われている中、3割辞めたのが5年かかっていたので働きやすさの観点から辞めないのでしょう。

また、思考停止している人もいて、忙しいから考えずに転職を考えなくなっている人がいる気がしています。

最後にメッセージ

-IBMに転職しようとして来ようとする人にメッセージは?

良い感じの人は多いですので働きやすい環境だとは思います。

ただし、転職してくる場合は何を得たいかが明確でないとしんどいと思います。案件を動かす力があると活躍できるでしょう。

事業会社かつITでないところから転職するときは適応できないので十分考慮してから転職することをおすすめします。全くITのことが分からないと厳しいと思うので。

-新卒で入ろうとしている人へは?

能力は高まるが、一方で専門スキルが身につきにくい部分があるのでその点は考えておいてほしいなと。キャリアアップしやすいですが、その前にやりたいことが見つかったらそこで働いたほうがいいと思います。

もちろんやりたいことがないからコンサルタントとして修業するというのもアリだと思います。

-ありがとうございました。

ITおすすめ転職エージェント

マイナビITエージェント

マイナビのIT業界専門転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビITエージェントの特徴

  • 若年層の転職に強み
  • 20代からの信頼度No.1
  • 未経験歓迎の求人が多い
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~30代 31,804件 31,846件
ヒアリング力 提案力 サポート
3.3/5点 3.6/5点 3.2/5点
拠点
全国10拠点(京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡)

マイナビITエージェントのメリット

マイナビのIT業界専門部門
マイナビITエージェントでは、マイナビエージェントの中でも、IT・WEBエンジニアへの転職を熟知した専任アドバイザーのサポートを受けられます

専任制であることで、業界を知る人しかわからない情報もキャッチアップしてくれるため、転職に向けたプランが立てやすくなります。

応募書類や面接対策の手厚いサポート
マイナビITエージェントは、職務経歴書や応募書類の添削や推敲を無料でサポートしてくれます。企業が見るポイントから客観的にアドバイスし、選考通過率の向上につなげています。

さらに、面接が苦手な方に向けて模擬面接を実施しています。利用回数に制限はなく、夜間や土曜日の相談も受けているため、働きながらでも安心して面接対策を取ることができます。

企業の情報収集をバックアップ
マイナビITエージェントには、リクルーティングアドバイザーという企業への営業担当がいます。担当している企業へ通うことで、企業の情報収集を徹底的に行います。

どんな人材が欲しいのか、社内の雰囲気はどうなのか、求人票だけでは知りえない情報をキャリアアドバイザーへ共有し、企業と求職者のマッチングに役立てます

マイナビITエージェントのデメリット

ハイキャリア求人は多くない
マイナビエージェントは、応募するにあたっての年齢制限はありませんが、20代~30代の若手層向けの求人が多い傾向にあります。

そのため30代後半の方や、ハイキャリアを目指して転職活動を行う方には、求人数が少なくサポートも物足りないと感じる可能性があります。

企業担当アドバイザーとの連携不足
マイナビエージェントには、企業に訪問して求人を取ってくる営業担当と、求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーがおり、両者で連携して最新の企業情報を求職者に伝えて応募の参考にしています。

しかし担当によっては、営業とキャリアアドバイザー間での連携がうまくいかず、知識のズレにつながることもあるため、もらった情報に不満や疑問がある場合はしっかり確認しましょう

マイナビITエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
マルさん|30代前半|男性|事務員|2021.10.15
良い点
|転職へのサポート体制
転職サイトをいくつか登録して転職活動を継続しておりましたが、なかんか良い会社に巡り合えず、当サイトに登録いたしました。
担当の方が親身になってアドバイスしていただき、自身の特徴やアピールできる点を見出してくださったおかげで、履歴書や面接の際に過去の仕事経験をいかしてアピールをすることができた。
また、サイト自体も見やすく、スムーズに活動することができた。
悪い点
|求人数が少ない。
サイトのサポート体制が充実していたが、
他社の転職サイトと比較すると、転職する求人数が少ないように感じました。
また、希望の条件の絞り込みなどで、もう少し、カテゴリーなどを絞り込みことができれば、より効率的に求人を探すことができたのではないかと感じましたので、
マイナス点といたしました。
男性アイコン
kokiさん|30代前半|男性|教育関連|2021.10.08
良い点
|サポート体制の充実
こまめに連絡をくれたり、進捗を確認してくれたりとサポート体制が充実していました。
また、親身に話を聞いてくれたので非常にやりやすかったです。対応の丁寧さがあったので、転職に対する不安というものは感じないで済みました。
悪い点
|適切な距離感覚を
任せる場面は任せてもらいたいという点を感じました。手厚いサポートはうれしかったのですが、ニーズに合わせたサポートを展開してもらえると、より良かったと思います。

また、連絡が重複してしまう場面が何度かあったので、連絡をする際に困ったことが何度かありました。

マイナビITエージェント公式サイト

レバテックキャリア

IT・WEBの中でもエンジニアに特化

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴

  • IT/WEB業界の中でもエンジニア職に特化
  • 初回提案での内定率90%
  • エンジニア特有の書類作成を指導
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
30代~50代 14,959件 非公開
ヒアリング力 提案力 サポート
3.9/5点 4.0/5点 3.5/5点
拠点
国内9拠点(東京/埼玉/神奈川/愛知/静岡/大阪/京都/兵庫/広島)

レバテックキャリアのメリット

エンジニアに特化した豊富な求人数
レバテックキャリアは、IT・WEB業界のエンジニア系職種に特化した転職エージェントです。16年以上エンジニアに特化した実績により、特化型エージェントとしては14,000件以上の異例の求人数を誇ります。

専門領域の求人数は2021年9月時点で1位であり、ゲーム業界のエンジニアはもちろん、マーケターやITコンサルなど業界に幅広く根付いた求人を紹介してもらうことができます。

IT特化であることから情報の専門性が高く、同業界への転職であれば必ず登録すべきエージェントだと言えます。

職種別の専門チームと業界特化の専任アドバイザー
レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、エンジニア経験者やIT業界経験者が多く、他の転職エージェントと比べても業界知識の深さに定評があります。

実務経験に基づいたアドバイスができるほか、技術理解の高いコンサルタントが求職者の経験とスキルを深くまでヒアリングしてくれます。

レバテックキャリアは、IT領域のエンジニア・クリエイター人材業で上場した「レバレジーズ」が親会社であり、常に業界の情報をアップデートし、求職者それぞれの得意分野やプロジェクト相性を見抜いてくれます。

職務経歴書やポートフォリオ作成術を指導
レバテックキャリアでは、キャリア相談だけでなく、企業側の採用担当が会いたくなるような資料作成のやり方も教えてくれます。

多くの転職エージェントでは経歴書の添削のみですが、レバテックでは専門アドバイザーや現役エキスパートエンジニアから、Githubやポートフォリオフィードバックを受けられます。

企業毎に異なる対策を伝授してくれるからこそ、常に高い企業マッチング率を維持することができています。

レバテックキャリアのデメリット

転職可能な地域が少ない
レバテックキャリアは、東京・大阪・名古屋・福岡の4拠点を中心に求人が掲載されているため、転職可能な地域が限られています。

広いエリアで求人をチェックしたい場合は、リクルートエージェントなど総合型の転職エージェントと併用しながら、求人を探すことをおすすめします。

未経験者の転職には弱い
レバテックキャリアで取り扱っているIT業界やエンジニア職は、経験やスキルを重視されるため、掲載されている求人も経験者向けのものが中心です。即戦力を求めている企業も多いことから、未経験者からの転職は難しい場合もあります。

ただし、経験者採用に比べれば少ないですが、未経験求人も常時300件以上あります。また、就活生向けの特化サービス「レバテックルーキー」というサービスも運営しているため、登録して話は聞いてみるべきです。

レバテックキャリアの評判と口コミ

女性アイコン
名無しさん|30代前半|女性|IT関連|2020.12.20
良い点
|LINEでサクサクやりとりできる
今回、Webデザイナーとして転職をするためにレバテックキャリアを利用しました。メール添付で書類をお送りした後、実際に担当の方と会ってお話したのですが、担当のキャリアアドバイザーは30代前半くらいの女性の方で、サイトにもIT・Web業界のエンジニアやデザイナーの転職情報多数と書かれているだけあり、業界への知識は豊富だと感じました。面談後のやりとりは、基本的にLINEを使用することになるのですが、一々メールを開く手間が省けるので助かりました。
悪い点
|サポート体制、アフターフォローが微妙
いくつか求人を送っていただいたのですが、気になる求人は少なく…私の場合、書類選考のみでしたので、落選した際のご連絡も簡潔なものでした。結果的に他のエージェント経由で転職先を見つけたのですが、そのことをご報告した後に転職の状況を確認するテンプレートメールが届き、少々残念な気持ちになりました。
男性アイコン
ヒデさん|40代後半|男性|IT関連|2020.12.20
良い点
|IT関連の職種のアドバイスが適切でした
現在の職種がIT関連なので、IT関連の求人で相談しました。レバテックキャリアはIT関連の求人に強いと聞いていただけあって、相談したスタッフもIT関連に関する知識が豊富で、こちらの求める条件や相談に対して適切に回答してくれました。
悪い点
|IT以外の職種については求人数があまり多くありあせんでした
メインはIT関連の求人で相談しましたが、別の職種も経験してみたいという思いや、今後の定年後の再雇用も見据え、IT以外の職種でも相談しました。しかし、IT以外の職種についてはあまり強くないのか、紹介された会社はあまり多くありませんでした。

レバテックキャリア公式サイト

ワークポート

転職決定人数No.1

ワークポート

ワークポートの特徴

  • 未経験からの挑戦におすすめ
  • 非公開求人が圧倒的多数
  • 無料でプログラミングを学べる
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~30代 50,566件 非公開
ヒアリング力 提案力 サポート
3.4/5点 3.3/5点 3.9/5点
拠点
全国14拠点(大崎/北海道/宮城/埼玉/神奈川/千葉/愛知/大阪/京都/兵庫/岡山/広島/小倉/福岡)

ワークポートのメリット

業界特化の転職相談サービス
ワークポートは、様々な業界に特化した転職アドバイザーが在籍しており、中でもIT業界に強みがあります。IT業界の中でも、ゲームに特化した担当がおり、ゲーム業界への転職を考えているなら、登録すべきです。
70~95%が非公開求人
ワークポートの求人は時期によっては最高95%が非公開です。非公開求人は、一般公開されない優良企業の求人であることが多く、他サービスでは見つからなかった理想の仕事が見つかる可能性があります。
無料のエンジニアスクールで学べる
ワークポートは未経験からプロのエンジニアを目指すための無料エンジニアスクールを用意しています。PHPやJava、インフラエンジニアの知識を全国16ヶ所の教室で学べます。

転職が決まるまで、教材費や受講料、転職相談など全てのサービスを無料で受けられるため、未経験者には特に魅力的です。

ワークポートのデメリット

40代以上の転職には不向き
ワークポートは公式で、20代~30代の転職に強いと謳っており、40代以上の転職ではおすすめ度が下がります。40代以上の方には、幅広い年代に対応しているリクルートエージェントdodaの利用をおすすめします。
ハイクラス層の求人は少ない
ワークポートは年収1,000万円以上の求人が少なく、上位ハイクラス層の転職には不向きです。未経験者や20~30代の転職がメインのため、ハイクラス層の方はレバテックキャリアビズリーチを利用しましょう。

ワークポートの評判と口コミ

男性アイコン
march0811さん|30代後半|男性|クリエイター|2021.01.26
良い点
|専門性の高いエージェント
専門性の高いエージェントでクリエイティブ系の求人は豊富でした。クリエイターの方々にはオススメできるエージェントです。
担当者との連絡をアプリ上から取り合い、非常にレスポンスも良かったです。担当者の対応は、しっかり面談で確認した内容に沿ったものを提案していただき信頼できるものでした。
悪い点
|映像系は少ない
クリエイティブ系の専門性は高いのですが、その中でゲーム系が豊富で、映像系求人はそんなに多いとは言えないかな、と思いました。もう少し映像系の求人があるといいと思います。
途中で担当者が変わり、直接面談した担当者でなくなってしまうのが残念に思いました。
男性アイコン
ニックジャガーさん|30代後半|男性|建築関連|2021.01.21
良い点
|話しやすい担当者が親身に聴いてくれた
担当者の方がすごく親切であり、話をじっくりと聴いてくれるので、自分のキャリアプランについて遠慮せずに話をすることが出来ました。
対応もすごく素早く、面談を終えてから求人を紹介してもらうまでの期間もすごく短かったので、スムーズに転職活動を進めていくことが出来ました。
悪い点
|他と比べて求人の数が少ない
いろいろな転職支援サービスを利用した経験がありますが、他のサービスと比較すると取り扱いがある求人数がかなりすくなかったので、自分に合っている案件を見つけることが出来るか心配をしていました。
条件が割とよい案件の数は比較的多かったので、いくつかは応募先が選べました。

ワークポート公式サイト

まとめ

中途採用を積極的に採用しているIBMへ転職したい方はビズリーチにまず登録することをおすすめする。あわせて登録したいのが、マイナビIT AGENTだ。インタービューからもわかるように、自分に合った仕事か、企業かをしっかり見極めることをおすすめする。

またコンサルティング業界であれば、アクシスコンサルティングをおすすめしている。

今日は以上だ。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職支援実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


このサイトの運営者
運営会社 株式会社メルセンヌ
(上場企業100%子会社)
所在地 東京都豊島区南池袋2-32-4
南池袋公園ビル
代表取締役 鹿内 一勝
設立 2018年6月11日
事業内容 メディア事業
従業員数 グループ連結 1,005名
グループ会社 株式会社エヌリンクス
株式会社C-clamp
ドワーフワークス株式会社
問い合わせ お問い合わせフォーム

関連記事
編集部おすすめの転職サービス