Google(グーグル)の転職難易度は?採用情報や転職のコツを紹介

Googleグーグルの転職難易度は?

「Googleの転職難易度が知りたい」

「Googleの転職は英語ができないと無理?」

Google(グーグル)は売上高36兆円を超える、世界的に有名な大手IT企業です。dodaの転職人気企業ランキングでは、全体で2位に入るほど求職者から支持を集めており、転職難易度の高さが伺えます。

そこで当記事では、Googleへの転職が有利になる情報や注意点を、口コミや決算資料などを用いて解説します。

Googleの転職難易度や会社概要、転職に向いている人の特徴についても解説しているので、Googleに転職する際の参考にしてください。

高収入が狙える転職サービス3選
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職サービス】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・ヘッドハンターが3,000名以上在籍
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職成功実績No.1
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

転職の前にGoogleの会社概要を把握

Google イメージ

正式名称 グーグル合同会社
日本法人代表 奥山真司
日本拠点 【六本木】
東京都港区 六本木 6-10-1
六本木ヒルズ森タワー
【渋谷】
東京都渋谷区 渋谷 3-21-3
渋谷ストリーム
設立 2001年(日本オフィス開設)
業種 情報通信業
従業員数 約2,000人
平均年齢 非公開
平均勤続年数 非公開
ホームページ Google公式サイト

Googleは、世界トップシェアの検索エンジンを筆頭に、Android OSの提供やYouTube、Gmailなどの様々なWebサービスを運営する大手IT企業です。世界50か国に、70以上の拠点を展開しています。

Googleの主な収益源は、検索エンジンやYouTube等の広告収入で、全体収益の約8割を占めます。

2021年度のGoogleの売り上げは、前年比41%増の2,576億ドルで過去最高を更新しており、今後も安定した業績が期待できます。Googleへの転職には、ハイクラス転職に強いビズリーチを活用しましょう。

Googleの平均年収は1,594万円

Googleの平均年収は1594万円

平均年収 1,594万円
年収範囲 800万~6,000万円

出典:OpenWork

Googleの平均年収は、1,594万円(出典:OpenWork)です。日本の平均年収である443万円(出典:国税庁)の3倍以上の収入が見込めます。

Googleは、世界的な大企業であるAlphabet(アルファベット)の子会社ということもあり、高額な基本給やインセンティブが設定されています。転職に成功すれば、高確率で年収アップが可能です。

Googleの年齢別平均年収

年齢 平均年収 月給換算
25歳~ 1,161万円 96.8万円
30歳~ 1,440万円 120万円
35歳~ 1,578万円 131.5万円
40歳~ 1,668万円 139万円
45歳~ 1,738万円 144.9万円
50歳~ 1,822万円 151.8万円
55歳~ 1,751万円 145.9万円

Googleの年齢別平均年収を、OpenWorkの平均年収と年齢別階層年収(国税庁)を基に算出しています。20代から1,000万円以上の収入が期待でき、35歳以降で全体平均を超える収入が見込めます。

年齢を重ねるごとに平均年収は増加傾向にありますが、実力主義のため、仕事の成果によって同年代でも収入が異なる場合が多いです。

Googleで昇給・昇格をするには、優秀な人材が多い中で、周りよりも優れた成果を挙げる必要があります。

Googleの転職難易度は非常に高い

Googleの転職難易度は非常に高い

Googleの転職難易度が高い理由

転職難易度が高い3つの理由

  • 高い実績や経験・スキルが求められる
  • 人気企業のためライバルが非常に多い
  • 学歴よりもポテンシャルが重要視される

Googleの転職では、即戦力として働ける高い実績や経験・スキルを持つ人材の採用を進めており、転職難易度は非常に高いです。

外資系企業の中でも高い人気や知名度があり、求人倍率の高さが伺えます。また、最低でも2年以上の実務経験を要する求人が多く、未経験者向けの求人はほとんどありません。

Googleの採用サイトでは、常に最新の募集職種と応募要件が掲載されているので、求人に応募する際は事前にチェックしておきましょう。

▼Googleの中途転職の条件はこちら

Googleへの転職で同時に受けておきたい同業界企業ベスト5

企業名 売上高 平均年収
(日本)
Google 36兆円 1,594万円
Microsoft 18.7兆円 1,260万円
META(Facebook) 12.1兆円 1,200万円
Yahoo 1.5兆円 1,075万円
Amazon 66兆円 998万円
Apple 55兆円 581万円

出典:各社IR情報・OpenWork

Googleへの転職を考える場合、同業界の企業も同時に受けておきましょう。競合を調べることで面接対策になり、さらに年収交渉などの比較にも使えるのでおすすめです。

転職成功率を高めるならエージェントを使う

おすすめの転職エージェント
ビズリーチビズリーチ
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
リクルートエージェントレバテック
キャリア

Googleへの転職成功率を高めるなら、転職エージェントを利用しましょう。中でも、大手の転職エージェントは大企業とのコネクションが強く、志望企業に特化した選考対策を受けられます

Googleは転職難易度が非常に高く、対策なしで内定をもらうのは難しいため、ハイクラス企業への転職成功実績が豊富なビズリーチリクルートダイレクトスカウトを活用しましょう。

また、エンジニア職の場合は、IT転職に強いレバテックキャリアがおすすめです。職種に特化した転職エージェントもあるため、自身の目的に合ったサービスを活用し、Googleへの転職を有利に進めましょう。

Googleの求人情報と仕事内容

Googleの求人情報と仕事内容

Googleで募集している職種一例

  • エンジニアリング・テクノロジー
  • セールス・サービス/サポート
  • マーケティング/コミュニケーション
  • ビジネスストラテジー
  • 人事

出典:Google人材募集

Googleでは、2,000件以上の求人情報を採用サイトに掲載しています。全9つの職種の中から求人情報を確認できますが、時期によっては求人がない場合があるため、応募する際は注意が必要です。

また、業務形態や待遇については記載がなく不透明なため、まずは転職エージェントに確認をとってから応募するのが良いでしょう。

▼求人・仕事内容一覧(タップで開閉)
  • エンジニアリング・テクノロジー

    仕事 カスタマーエンジニア・SAPスペシャリスト
    職務内容 ・高度な技術的能力を活かして、意欲的で斬新なソリューションをお客様や社内に提案し、困難な問題の解決に取り組む。
    ・セールスチームと協力して、SAP on GCP のビジネス チャンスの発掘・評価、お客様の技術的課題の見極め、技術的障壁を取り除くための戦略策定を行う。
    ・プロダクトやソリューションのブリーフィング管理、概念実証、技術リソース(プロダクト マネジメントやエンジニアリングなどの対象分野のエキスパート)の追加手配など、SAP の技術的セールス サイクルに沿って Google のお客様を技術面からサポートする。
    ・SAP on Google Cloud のベスト プラクティスに基づいて、お客様の環境で SAP on GCP ソリューションおよびエンタープライズ アーキテクチャやアプリケーション インフラストラクチャに関する提言・デモを行い、プロトタイプを構築する。
    応募資格 【必要な条件/経験】
    ・コンピュータ サイエンスまたは関連する技術分野の学士号を取得していること(同等の実務経験でも可)
    ・エンタープライズ アプリケーションに重点を置いたクラウド コンピューティングの分野で、お客様に直接対応するテクニカル セールス エンジニアを5年以上務めた経験

    【望ましい経験/スキル】

    ・ハイブリッド クラウドのデプロイ、およびオンプレミスからクラウドへの移行を推進した経験
    ・データおよび情報の管理に携わった経験。特に、エンタープライズ データパターン、ビッグデータのトレンドおよびビジネスにおける問題に関連する分野での経験
    ・HANA、NetWeaver Architecture and SAP Basis、SAP Business Suite、S/4HANA、SAP Cloud Platform、および SAP HEC などのアプリケーション マネージド サービスを含む、SAP アプリケーションおよびプラットフォーム製品に関する専門知識
    ・クラウド / IT テクノロジー分野で新たに登場した技術、方法論、ソリューションを修得し、直ちに業務に活かせる能力

    セールス・サービス/サポート

    仕事 自動化部門責任者、Google 広告
    プロダクト セールス アクティベーション
    職務内容 ・インセンティブ、トレーニング、スペシャリスト サポート、マーケティング サポート、カスタマー サポートをはじめ、担当地域におけるすべての検索プロダクトに関する市場開拓戦略を策定し、お客様を成功に導く
    ・プロダクト スペシャリストを市場に配置して、セールスチームと戦略を効果的に実施し、プロダクトの拡大目標が確実に達成されるようにする。市場に関する分析情報とニーズを収集し、GCS プログラムとプロダクト戦略を長期的に発展させる
    ・マネージャーとプロダクト スペシャリストのチームを管理し、セールスおよびグローバルのプロダクト リーダーと協力して新たなプロダクトの商品化やリリース戦略などを検討する。セールスやマーケティングなどの部門全体でバイス プレジデントやディレクター レベルの関係者と連携し、シームレスにプロダクトを展開する
    ・顧客データ、販売者からのフィードバック、マーケット インサイトを活用してスケーラブルな地域ソリューションを開発・展開し、顧客および販売関係者と最適な連携を図る
    応募資格 【必要な条件/経験】
    ・学士号を取得していること(同等の実務経験でも可)
    ・ビジネス管理、プロダクト管理、マーケティングのいずれかの職種において、販売、プロダクト、またはマーケティングを主導した12年以上の経験
    ・人材の獲得と育成を含む、チーム管理に携わった5年以上の経験【望ましい経験/スキル】
    ・検索全体における Google のプロダクトとサービスに関する知識
    ・戦略的ソート リーダーシップに関する実績。効果的な販売および運用を推進し、市場開拓モデルを改善できる能力
    ・経営幹部レベルの意思決定者を含むすべての管理レベルで、さまざまな部署(セールス、マーケティング、プロダクトなど)のパートナーに効果的に働きかけてコミュニケーションを取り、変化を推進する能力

    マーケティング/コミュニケーション

    仕事 リテールマーケティングマネージャー
    Pixel(英語、日本語)
    職務内容 ・Google のプロダクトを販売するうえで小売店や携帯通信会社のパートナー様が抱える主要な課題を把握し、解決に向けた戦略を立案する
    ・優れた分析的思考力を駆使しながら事実に基づいた分析を行い、ユーザーとパートナー様に関するインサイトを収集する
    ・社内のすべてのリテール マーケティング チームとクロスファンクショナルなステークホルダーにとっての、プロダクトやプログラムに関する主な連絡窓口としての役割を果たす
    ・担当地域における新しいプロダクトの推進と小売プログラムの立ち上げの支援を通じて販売促進を図る。国内外のクロスファンクショナルなステークホルダーと緊密に連携して、各プロダクトのストーリーやプロダクトを横断したストーリーを店舗のお客様に伝える
    ・販売者が Google プロダクトのプロモーションを行うのが楽しみになるようなプログラムを策定・実施する。実施後、結果を正確に測定して、販売活動の効果を見極める
    応募資格 【必要な条件/経験】
    ・学士号を取得していること(同等の実務経験でも可)
    ・リテール マーケティング、パートナー管理、ショッパー マーケティングのいずれかに携わった3年以上の経験
    ・英語および日本語による、文書および口頭での優れたコミュニケーション能力

    【望ましい経験/スキル】

    ・マーケティングに携わった経験
    ・レポートやトラブルシューティングを伴うプログラム管理に関する知識
    ・重要なマーケティング プログラムおよびキャンペーンにおいて優れたソート リーダーシップを発揮し、外部パートナー様を含むステークホルダーとの関係を構築・管理できる能力
    ・経営幹部、実務レベルのマネージャー、直属の部下、グローバル チームなど、社内外のあらゆる職位のステークホルダーと口頭および書面でコミュニケーションを図れる優れた能力

    ビジネスストラテジー

    仕事 デジタルストラテジスト
    Googleカスタマーソリューション
    gReach(英語、日本語)
    職務内容 ・お客様にとって信頼できるアドバイザーとして、社外の業界についての知識と、Google のプロダクトやサービスを適切に活用する
    ・お客様を長期的な成功に導くことを目標とした顧客中心文化の醸成に貢献する
    ・革新的なビジネス チャンスを見いだし、包括的なクロス プラットフォーム ソリューションを作成する
    ・お客様にとって信頼できるコンサルタントとなれるように緊密な関係を構築し、広告投資の最適化と拡大を図る
    ・Google の広告主様に優れたカスタマー エクスペリエンスを提供することを最優先に、割り当てられた目標をコンスタントに達成・超過達
    応募資格 【必要な条件/経験】
    ・学士号を取得していること(同等の実務経験でも可)
    ・アカウント管理、セールス、マーケティングに携わった3年以上の経験
    ・英語および日本語による、文書および口頭での優れたコミュニケーション能力

    【望ましい経験/スキル】

    ・Google のプロダクトやサービスの使用経験。またはデジタル マーケティングに携わった経験
    目標を達成するために率先して行動できること
    ・高度に戦略的で難易度の高いビジネス上の問題を解決できること
    ・課題の多い環境でアイデアを生み出し、実行に移せること
    ・優れたプロジェクト マネジメント スキル、コミュニケーション能力、分析力、業務処理能力
    インターネットと Google のテクノロジーおよびビジネスに対する関心

    人事

    仕事 カスタマーエンジニアリングマネージャー
    Google Cloud(日本語)
    職務内容 ・販売管理チームと協力して、年間目標の達成に必要なスタッフ割り当てレベルを決定する。求人の応募条件を策定して募集をかけ、補充が必要なポジションの人材を確保できるように面接チームを組織して主導する
    ・カスタマー エンジニアリング(CE)チームを組織し、必要なトレーニングとツールを提供する。CE チームによる市場開拓の準備状況を評価し、CEにおける準備不足な点を割り出す。CEチームが望ましい成果を上げ、年間目標の達成に貢献できるように、適切なトレーニングの受講とツールの支給のための計画を立案する
    ・Google Cloudセールスチームおよびリーダーと協力して、ビジネス チャンスの発掘、評価、対象範囲の優先順位付けを行う。定期的なビジネス チャンスの検討会議に参加し、技術面で最大限の成果を得る方法について知見を提供する
    ・セールス アカウント、カスタマー サポート、プロダクト マネジメント、カスタマー ソリューション、エンジニアリングの各部署と協力して、販売前および販売後の顧客満足度に影響を及ぼすプロダクトの問題を解決することで、顧客満足度を維持する
    応募資格 【必要な条件/経験】
    ・コンピュータ サイエンスまたは関連する技術分野の学士号を取得していること(同等の実務経験でも可)
    ・企業向けテクノロジー企業でのプリセールス エンジニアとしての10年以上の経験、またはプロフェッショナル サービス、ソリューション アーキテクト、システム エンジニアリングのいずれかのチームの一員として顧客対応職種に携わった同等の実務経験
    ・英語および日本語による、文書および口頭での優れたコミュニケーション能力

    【望ましい経験/スキル】

    ・MBA またはコンピュータ サイエンスの修士号(同等の実務経験でも可)
    ・プリセールス エンジニアリング マネージャーとしてチームを主導し、評価期間全体で販売目標を達成した3年以上の経験
    ・スケーラブルな分散型システムのソフトウェアを設計・開発した経験。エンタープライズ ネットワーキングおよび ID 管理システムに関する知識とLinuxの使用経験
    ・データ管理、情報管理、データベース管理に携わった経験。ビジネスにおけるビッグデータ利用のトレンドと課題を特定した経験
    ・ビッグデータ、PaaS / IaaS に関する業界と技術概念に対する理解。ウェブ アプリケーション開発プラットフォームと関連技術に関する知識
    ・相手に合わせてメッセージを作成できる能力。技術的な専門知識と誰にでもわかりやすい表現を織り交ぜてストーリーを効果的に伝えられる能力

Googleへの転職は後悔する?社員の口コミ・評判

Googleへの転職は後悔する?社員の口コミ・評判

Googleへの転職は、社員の口コミを見る限りおすすめです。年収面では、基本給やボーナスが共に高水準で、仕事のやりがいや評価制度についても高い支持を得ています。

ただし、業務や昇進の際には高い英語力や成果が求められるため、入社後に苦労することも多いです。

後悔しない転職をするためにも、OpenWorkライトハウスなどの口コミサイトを事前に確認し、求人票に現れない企業実態を把握しましょう。

年収・ボーナスなどの給与面

大変お給料は良いです。お給料だけでなく株式も付与されます。私は27歳営業職中途ですが、現在株式を含めるとお給料は1,000万円です。

引用:OpenWork

基本給+賞与(基本給の15%を基本としてパフォーマンスにより変動)+RSUで支払われる。エンジニアはそれ以外の部署と比べてRSUの額が多く、また職位レベルが上がるに連れてその割合が増す傾向にある。

引用:OpenWork

Googleは、年収・ボーナス共に高水準で、ボーナスとは別にGoogleの株式報酬を得られます。株式報酬とは、将来的に売却できる自社の株式を報酬として得られることです。

株式を売却できるまでの勤務年数が設定されており、将来の株価次第で価値が変動することから、外部への人材の流出を防ぐ、または業務へのモチベーションの向上を図っています。

Googleの給与面では、OpenWorkの口コミ上でマイナスな意見がほとんど見られなかったため、社員満足度はかなり高いです。

働きがいやキャリアアップ(成長)

いまだにやるべきことは多く、仕事を探せばいくらでもあるし、それが会社の目標と繋げられれば評価されやすい。積極的に動ける人にとってはとてもやりがいがある職場だと思う。

引用:OpenWork

昇進に関しては、ある程度のレベルまではとんとんいけるものの、本当に実力がないとその先は厳しいと思われる。チームのリーダーは、その上のリーダーに部下の昇進を提言するのだが、その際には具体的な昇進理由が必要になる。
もともと優秀な人間を集めており、さらには働くことが好きな人間が多くリージョンをまたいで交渉が行われるため、きちんと実績を残さない限りは昇進が難しいだろう。

引用:OpenWork

Googleでは、働きがいを強く感じられる、という口コミが多く見られます。ただし、自分から仕事を見つける意識が低い人は、働きがいを感じることは難しいようです。

キャリアアップについても、成果を挙げなければ高い評価を得られないため、Googleでの勤務では、主体的に仕事に取り組む姿勢が求められます

入社後に気づいたこと

当時に認識しておくべきだった事柄については、語学力が思った以上に求められる点です。
語学力によって担当できる業務の内容が大きく変わり、コアな業務に携わるならば高い語学力が求められますが、働きながら語学力を高めるには時間がかかり苦労しました。

引用:OpenWork

新卒同期同士でも昇進のタイミングや昇給もおそらく違うので、実力に自信がないと露骨に差がついて辛いと思う

引用:OpenWork

Googleの業務では、日常会話レベルの高い語学力が求められます。選考の時点では、語学力を問われることが少ないため、入社後にギャップを感じる人が多いです。

また、仕事での成果がそのまま評価に反映されるため、新卒で同期の社員と比べても、実力次第では年収が大きく異なる場合があります。

Googleに向いている人の特徴

Googleに向いている人の特徴

向上心のある人

人を育てていくというより、自分で成長していかなければ蹴落とされる環境なので、積極的に自発的な仕事をしたい人には向いていると思う。

引用:OpenWork

Googleは、向上心がある人に向いています。実力主義で成果を挙げなければ評価されないため、自ら仕事を獲得し、成長する姿勢が重要です。

また、IT業界は技術トレンドの移り変わりが激しく、新しい技術や仕組みに常に対応し、身に付ける必要があります。向上心がなければ、環境の移り変わりに対応できず、成果を挙げることも難しいです。

会社や業界の変化に対応して、自らの働き方を変えていくことができる人は、Googleでも活躍できます。

困難な問題にも取り組んでいける人

困難な問題に積極的に取り組んでいける人は、Googleに向いています。

Googleでは、デジタルインフラの拡大や行政、企業との連携など、世界でも解決されていないような課題解決に向け、0から新しい技術や製品の開発に取り組んでいます。

困難な問題に対しても怯まず、解決に向けて業務に取り組める人材は、Googleでも重宝されやすいです。

英語力が高い人

英語力が高い人は、Googleでの勤務に向いています。営業・エンジニア職問わず、グローバルな職場環境であるため、最低でも日常会話レベル以上の英語力が必要です。

定量的な指標はないものの、Googleのような外資系企業であれば、TOEICで800点~900点のスコアがあれば、どの職種でも不利になることはありません

幅広い分野の仕事を経験したい人には不向き

入社当時よりも随分人員も増え、その分仕事が細分化されています。何かのスペシャリストになりたい人には向いていますが、多くの分野の仕事を経験したい人には向かないかもしれません。

引用:OpenWork

Googleへの転職は、ジェネラリストとして、多様な知識やスキルを身に付けたいという人には不向きです。Googleでは、個人の業務範囲が狭く、一つの分野に特化した人材が優遇されます

幅広い分野の仕事に携わりたいという人は、ビズリーチリクルートダイレクトスカウトなどの転職サービスを利用し、希望に沿った求人を紹介を紹介してもらいましょう。

Googleへ転職する際の3つの注意点

Googleへ転職する際の3つの注意点

成長を実感しにくい

ブランドが強過ぎて個人の力が全然強くなっていないのに年収だけが高くなるため、勘違いしている人たちもいる。
グーグルに行くのであれば、時間は比較的余裕があるはずなのでお金をためて投資し、自分のために勉強をする時間にあてたほうがいい

引用:OpenWork

Googleへ転職する際に注意すべき点は、成長を実感しにくいことです。

Googleは、世界トップレベルのブランド力があり、商材の力が強いため、個々のスキルや知識に関係なく売上が立ってしまうケースがあります。

自身が事業に介在する価値を見出せないと悩む人も多く、働きがいが感じられないからと辞めてしまう人も少なくありません。

部署ごとに忙しさや雰囲気が異なる

たまたま自分が配属された部署が忙しいタイミングだったため、残業がかなりかさんでしまったこと、人間関係が自分にとって辛い印象があったことが退社理由になります。
ですが、ほとんどの部署ではそう言った雰囲気はないと思っているので、先輩や上司の方に、配属先の雰囲気や忙しさなどは十分きいたうえで配属の希望を出すことをお勧めしたいと思います。

引用:OpenWork

Googleへの転職では、部署ごとに雰囲気や忙しさが異なる点に注意が必要です。

Googleは、規定の勤務時間内で達成可能な業務目標を設定しており、基本的に残業を設けていないものの、部署内の人員の少なさや業務内容によって、残業の有無や頻度が異なります

また、風通しの良い社風ではありますが、人間関係に関しては運要素が大きいため、事前に部署の雰囲気を確認する、または上司へ異動を申し出るなどの対応が必要です。

昇進しにくい

大企業化が進み、ポストが増えなくなっているのでキャリアパスが停滞している。アップオアアウトではないので、低評価であろう管理職でも居座り続けられる状態。有能な人材ほど力をつけて会社を離れている印象。

引用:OpenWork

Googleでの転職で注意すべき点として、昇進のしにくさが挙げられます。大企業化による社員数の増加により、役職のポスト枠が詰まっているのが現状です。

外資系企業特有の「Up or Out」の文化がなく、長期間働きやすい環境があることも大きな要因です。所属する部署によっては、成果を挙げても昇進が見込めない場合があります。

【Up or Outとは】
昇進できなければ、退職またはリストラを迫られるといった考え方です。社員の入れ替わりが激しい、外資系コンサル企業に多く見られます。

Googleへの転職方法と選考フロー

Googleへの転職方法4選と選考フロー

Googleへの転職方法とおすすめ度

方法 おすすめ度と理由
転職エージェントビズリーチ転職エージェント
(ビズリーチ)
【おすすめ度:★★★★★
・社内事情に精通している
・面接対策などの無料サポート
▶おすすめ転職エージェント27選
転職サイトデューダ転職サイト
(doda転職)
【おすすめ度:★★★☆☆
・同業他社の情報もチェック可
・応募から内定まですべて自力
▶おすすめ転職サイト比較
リンクトイン アイコン採用スカウト 【おすすめ度:★★★☆☆
・採用担当者から直接スカウト
・設定や投稿の手間がかかる
▶LinkedIn(リンクトイン)
Google アイコン採用サイト 【おすすめ度:★★☆☆☆
・希望職種があるか分からない
・応募から内定まですべて自力

Googleへの転職方法は主に4つあり、中でも転職エージェントの利用がおすすめです。転職サイトや採用サイトでは選考対策を受けられず、面接対策や企業研究が不十分になるリスクがあります。

LinkedIn(リンクトイン)を利用し、Google採用担当からスカウトを受ける方法もありますが、投稿の手間や確実にスカウトが来るとは限らないといったデメリットも多いです。

ビズリーチリクルートダイレクトスカウトなどの転職エージェントでは、選考対策や生の職場情報を得られます。転職成功率を上げるだけでなく、求職者に適した職場かどうかの確認もできます。

Googleの採用プロセス・選考のコツ

  • STEP1

    自己分析

    求人に応募する前に、自己分析を入念に行いましょう。これまでの人生やキャリアを振り返り、今後のキャリアをどのような環境で形成していきたいか、具体的なイメージを持つことが重要です。

    Googleでは、スキルだけでなく、仕事に対する情熱や独自の経験、視点などを兼ね備えた人材を求めています。

  • STEP2

    求人情報の検索

    今後のキャリアが明確になったら、求人情報を検索し、自身に適した部署や職種を見つけましょう。各チームの職務内容を確認することで、Googleへの理解も深められます。

  • STEP3

    履歴書の提出

    履歴書では、最新の職歴を書き加え、募集要項に合ったスキルや経験、過去に行ったプロジェクトなどを具体的に記入することが重要です。

    また、採用担当者が的確に情報を得られるよう、簡潔かつ正確に記入することを心がけましょう。

  • STEP4

    オンラインでの応募

    履歴書作成後、自身のやりたい職種に絞って応募します。募集職種検索ツールを使えば、スキルや希望する勤務地などを入力することで、条件に一致する求人情報を簡単に確認できます。

    応募可能な求人数は、30日ごとに3つまでです。多くのGoogle社員は、現在の職種の面接を受ける前に、Googleの他の職種に応募した経験があります。

    初めての応募で不採用となっても、諦めずに他の職種への応募を続けましょう。

  • STEP5

    面接

    • オンラインでの審査
    • 短いバーチャル検査
    • プロジェクトの提出
    • 詳細な面接(3~4回)

    Googleの面接プロセスは、上記の流れです。公平かつ平等な採用プロセスを設定し、多様なバックグラウンドを持つ求職者の採用に努めています。

    面接内容は、求職者の独自性を図るための「構造化面接」思考や協調性、強みを把握するための「自由回答形式の質問」の2点です。

    面接が不安な人は、公式サイトにて面接のヒントやアドバイスが掲載されているため、選考前に参考にしましょう。

  • STEP6

    決定と通知

    面接後、応募書類や面接結果などに基づき、総合的に合否の審査を行います。審査は、採用担当だけでなく多くの社員が関わり、職種に合う人材であるかどうかを判断します。

参考:採用プロセス|Google

Googleへの転職は転職エージェントの利用がおすすめ

転職エージェント 転職サイト 比較

Googleへの転職は、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは、転職方法と企業情報に精通したプロ集団で、Googleでの適正判断や求人探し、面接対策、年収交渉まであらゆるサポートをしてくれます。

転職サイトや採用サイトを利用する場合、応募から選考対策まですべて自分で行う必要があります。どちらも最後まで無料で利用できるので、プロのサポートを受けられるエージェント経由での転職がおすすめです。

特にビズリーチは、ヘッドハンターや優良企業からの直接オファーを受けられるおすすめのサービスです。スカウトの中でも、プラチナスカウトは内定率が高く、転職成功には登録が必須と言えます。

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査によると、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

リクルートダイレクトスカウト

ハイクラス向けの転職エージェント

リクルートダイレクトスカウト イメージ

リクルートダイレクトスカウトのポイント

  • 年収800万円を超えるハイクラス求人多数
  • 転職決定年収が平均900万円以上
  • ヘッドハンターが3,000名以上在籍
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

182,422件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
なし

リクルートダイレクトスカウトのメリット

質の高いハイクラス求人が豊富

リクルートダイレクトスカウトは、質の高いハイクラス求人が豊富です。年収800万円を超える管理職・専門職の求人から、年収2,000万円以上のCEO求人など多数掲載されています。

誰もが知る大手企業や、非公開の優良求人に応募できるのが、リクルートダイレクトスカウトの強みです。

登録後はスカウトを待つだけでOK

リクルートダイレクトスカウトは、登録したらスカウトを待つだけでOKです。スキルや経歴をまとめた匿名レジュメを見て、ヘッドハンターや企業から直接スカウトを受ける仕組みです。

ヘッドハンターは3,000名以上在籍しており、自分に合った仕事を代わりに探してくれます。担当するヘッドハンターは、自分で指名して依頼することも可能です。

顧問として働くチャンスがある

リクルートダイレクトスカウトでは、知識や経験を活かして企業を支援する「顧問求人」のスカウトサービスを開始しています。近年、多くの企業で「顧問」人材が求められています。

顧問求人を受けることで、これまで培ったスキルや経験を他企業で活かすことができ、副収入を得られるメリットがあります。

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

転職サポートが無い

リクルートダイレクトスカウトは、一般的な転職エージェントにある転職サポートがありません。書類準備や面接対策などが受けられないので、自分で準備する必要があります。

転職経験が浅く、書類や面接対策に不安がある方は、転職サポートが充実している転職エージェントも併用しましょう。無難におすすめなのは「リクルートエージェント」と「dodaエージェント」です。

すぐに転職したい人は不向き

リクルートダイレクトスカウトは、すぐに転職したい人には不向きです。ヘッドハンターや企業からのスカウトを待つ仕組みなので、自分のペースで動きにくいのがデメリットです。

また、ハイクラス求人が多いこともあり、年収が低い人やスキル・経験が浅い人はスカウトがなかなか来ない可能性もあります。

リクルートダイレクトスカウトの評判と口コミ

男性31歳

満足度

魅力的なスカウトが多数!

私は収入アップとキャリアアップを目指して登録をしたのですが、登録して2週間ほどで条件にあったスカウトが多数来ました。またコンサルタントが、面接対策や面接官の情報を教えてくれたので安心して面接を受けることができました。3ヶ月ほどで転職先が決まり、今回登録してよかったと思っています。

男性33歳

満足度

圧倒的な求人数

転職活動を行う中で、様々な転職サイトを利用しましたが、リクルートダイレクトが圧倒的に求人数がありました。自分の求める勤務地、勤務体系、職種といった求人を定期的に教えていただけるのも非常に良いと感じました。

男性29歳

満足度

担当の方の対応が良かった!

担当者の方が自分の要望をしっかりと聞いていただき、希望にマッチした求人や企業の提案や企業選びのアドバイスをいただきました。在職中の転職活動でしたので、仕事中に私が電話に出られない時はメールなどを活用してご連絡いただき、とても配慮されていると感じました。転職活動がやりやすかったので、機会があれば次回も使いたいと思います!

男性31歳

満足度

経歴によっては求人が来ない

私の属性(年齢やこれまでの経験)が良くないせいなのか、アドバイザーからあまり連絡がきませんでした。稀に連絡がとれても「あなたに紹介できる案件はありません」と断られる始末です。

男性34歳

満足度

フォロー体制が整っていない

最初は何度か担当者とのやり取りができたが、日付が経つにつれて求人の紹介のみの連絡となり、あまりフォローをしてくれなかったのが残念でした。 また、試験対策や面接対策に関しても、他の転職サイトの担当者と比べて、ややフォロー体制が良くないと感じました。

関連記事
リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

リクルートエージェントのポイント

  • 転職成功実績No.1
  • 業界最多30万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

163,163件

非公開求人数

評価4

239,473件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職成功実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

Googleの転職によくある質問|未経験・第二新卒採用はある?

質問目次

Googleは英語ができないと転職は無理?

Googleは、英語ができなくても転職は可能です。選考時点では英語力はあまり問われませんが、業務では日常会話レベル以上の英語力が問われます。

入社してから、日々の業務と並行して英語を学ぶことは難しいため、事前に身に付けておいたほうが無難です。

Googleは30~40代でも転職できる?

Googleの求人は年齢制限がないため、30~40代でも転職できます。即戦力となる実績やスキルがあれば、転職を有利に進められます。

Googleは未経験でも転職できる?

Googleは、未経験での転職は難しいです。ほとんどの求人で、同業・同職種での実務経験が求められるため、未経験では応募資格を満たせません。

他企業で中長期的に経験を積み、実績やスキルを身に付けてから、Googleへの転職に臨みましょう。まずは転職エージェントに相談し、今後のキャリアプランを設定すべきです。

おすすめ転職エージェントはこちら

Googleに第二新卒の採用枠はある?

Googleでは、第二新卒の採用枠はありません。新卒、または中途採用のみ募集してます。

Googleは中途採用に積極的?

Googleは、中途採用に積極的です。採用サイトでは、常に最新の求人情報が更新されています。

また、ビジネスSNSとして知られるLinkedIn(リンクトイン)では、直接ユーザーへの採用スカウトも行っており、即戦力となり得る人材の採用に積極的です。

ただし、アメリカ本社では、年内までの人材採用ペースを抑制しており(参考:日本経済新聞)、日本拠点での採用数にも影響を及ぼす場合があります。

まとめ

Googleの転職難易度は、非常に高いです。人気企業のためライバルはかなり多く、転職するには優れた実績やスキル、豊富な実務経験が求められます。

ただし、Googleの転職では、学歴の高さや年齢は問われません。そのため、応募条件を満たしていれば、実績やスキル次第では誰でもGoogleに転職するチャンスがあります

Googleへの転職では、ハイクラス企業への転職成功実績が多いビズリーチがおすすめです。Googleをはじめとする大手企業の選考情報に精通しているため、転職成功率を上げられます。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職成功実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス