転職エージェント

エンエージェントの評判は良い悪い?口コミから転職に使うべきかを解説

エンエージェントの評判

「エンエージェントの口コミを知りたい」

「エンエージェントはひどいと聞くが本当か?」

エンエージェントは、大手人材会社エン・ジャパンが運営する転職エージェントです。オリコン顧客満足度調査では1位を獲得していますが、口コミでは悪い評判が多く、本当に良い転職エージェントかわからない…

そこで、転職エージェントに関する評判を1,000件以上調査し、業界の裏側も知り尽くした筆者の実体験を活かして、エンエージェントの真実をお届けまします。

メリットやデメリットも記載しているので、エンエージェントを転職に使うべきか判断できます。

エンエージェント評判の結論

  • 15,000件以上の非公開求人を保有
  • 徹底したカウンセリングとサポート
  • 「転職1~2回目」「20~50代」の方がおすすめ

目次

結論:エンエージェントは20代~50代全ての転職者におすすめ

評価

評価

総合評価

おすすめ年代 20代~50代
公開求人数 5,897件
非公開求人数 15,000件
料金 0円
拠点数 全国4拠点(東京/名古屋/大阪/福岡)

エンエージェントは、幅広い年齢層に対応できる総合型の転職エージェントです。大手エージェントに比べ求人数は少ないものの、非公開求人数は15,000件を超え、プロが厳選した質の高い求人が豊富です。

また、専任のキャリアパートナーによる丁寧なウンセリングと適性診断テストなどを使って、経験やキャリアを生かす新しい可能性を見つけながら転職活動をサポートしてくれます。

エンエージェントは、面接対策や書類の提出、企業との面接日程調整など、あらゆる手続きを代行してくれるので、仕事をしながらでも無理なく転職活動を進められます

コロナウイルス時のエンエージェントの対応状況
2021年9月現在、エンエージェントでは感染リスクを防ぐため、電話またはWeb面談でリモート対応を実施中です。

エンエージェントの総合評判

総合評価
評価3.3
エンエージェントの総合評判
  • 第二新卒
  • 20代
  • 30代
  • 40代以上
  • 女性に人気
  • ハイクラス
  • 未経験に強い
  • 全国対応
  • 外資系
  • 事務
  • IT・Web
  • 管理部門
  • エンジニア
  • 不動産
  • 営業
おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数
20代~50代 5,897件 15,000件
ヒアリング力 提案力 サポート
3.2/5点 3.0/5点 3.3/5点
拠点
全国4拠点(東京/名古屋/大阪/福岡)

エンエージェントを他社の転職エージェントと比較すると、公開求人数は少ないものの非公開求人が多く、一般には知られていない厳選された質の高い求人の紹介が可能です。

また、4年連続で総合満足度No.1のエン・ジャパンが運営しているため、キャリアパートナーのサポートも丁寧で手厚く、安心してサポートを受けることができます。

エンエージェントと他社比較​

転職エージェント 詳細 おすすめ年代 公開求人数 非公開求人数 総合評価 求人の量 ヒアリング力 提案力 親切・親身 サポート 対応エリア 特徴 運営会社
エンエージェント
総合型
公式 20代~50代 5,897件 15,000件 3.3
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
3.0
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
全国4拠点 4年連続総合満足度No.1のen運営 エン・ジャパン
リクルートエージェント
総合型
公式 20代~50代 112,458件 182,458件 4.0
★★★★☆
4.4
★★★★☆
3.8
★★★★☆
3.8
★★★★☆
3.9
★★★★☆
4.0
★★★★☆
全国16拠点 転職支援実績No.1 リクルート
dodaエージェント
総合型
公式 20代~50代 84,150件 35,456件 3.4
★★★☆☆
3.7
★★★★☆
3.3
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
3.5
★★★☆☆
全国12拠点 転職者満足度No.1 パーソルキャリア
マイナビエージェント
総合型
公式 20代~30代 31,808件 31,842件 3.4
★★★☆☆
3.7
★★★★☆
3.2
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
全国10拠点 20代に信頼されている転職エージェントNo.1 マイナビ
パソナキャリア
総合型
公式 20代~50代 35,023件 140,092件 3.4
★★★☆☆
3.6
★★★★☆
3.2
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
全国6拠点 転職後の年収アップ率67.1% パソナ
ビズリーチ
ハイクラス
公式 30代~50代 127,000件 195,000件 3.5
★★★☆☆
3.9
★★★★☆
3.3
★★★☆☆
3.6
★★★★☆
3.3
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
全国8拠点 年収1,000万円以上の求人が1/3以上 BIZREACH
CAREERCARVER
ハイクラス
公式 30代~50代 68,780件 103,170件 3.4
★★★☆☆
3.7
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
3.6
★★★★☆
3.4
★★★☆☆
3.5
★★★☆☆
全国16拠点 転職決定年収 平均900万円以上 リクルート
アクシスコンサルティング
ハイクラス
公式 30代~50代 非公開 非公開 3.3
★★★☆☆
3.0
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
3.1
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
全国2拠点 コンサルタントの 転職支援数No.1 アクシスコンサルティング
JACリクルートメント
ハイクラス
公式 30代~50代 非公開 非公開 3.3
★★★★☆
2.8
★★★☆☆
3.7
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3.6
★★★★☆
3.1
★★★★☆
全国9拠点 知⼈・友⼈にJACを勧めたい⽅94.7% ジェイエイシーリクルートメント
就職Shop
第二新卒,既卒
公式 20代 非公開 非公開 3.3
★★★☆☆
3.5
★★★★☆
3.0
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
3.5
★★★★☆
全国10拠点 利用者の9割が20代 リクルート
ハタラクティブ
第二新卒,既卒
公式 20代 非公開 非公開 3.0
★★★☆☆
3.0
★★★☆☆
3.1
★★★☆☆
3.1
★★★☆☆
2.9
★★★☆☆
2.9
★★★☆☆
全国9拠点 内定率80.4% レバレジーズ
マイナビジョブ20’s
第二新卒,既卒
公式 20代 非公開 非公開 3.0
★★★☆☆
3.0
★★★☆☆
3.1
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
2.9
★★★☆☆
2.8
★★★☆☆
全国10拠点 3ヶ月以上定着率 94.6% マイナビ
JAIC
第二新卒,既卒
公式 20代 非公開 非公開 3.0
★★★☆☆
2.8
★★★☆☆
3.0
★★★☆☆
2.8
★★★☆☆
2.8
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
全国9拠点 就職成功率81.1% JAIC
DYM就職
第二新卒,既卒
公式 20代 59件 236件 3.0
★★★☆☆
2.5
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
2.5
★★★☆☆
3.1
★★★☆☆
全国7拠点 面談満足度90% DYM
キャリアスタート
第二新卒,既卒
公式 20代 63件 252件 3.0
★★★☆☆
2.5
★★★☆☆
3.0
★★★☆☆
2.7
★★★☆☆
3.5
★★★★☆
3.1
★★★☆☆
東京のみ 20代がおすすめする転職支援会社No.1 キャリアスタート
マイナビWomanWill
女性限定
公式 20代~50代 4,360件 17,440件 3.5
★★★★☆
3.1
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
3.6
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
3.5
★★★☆☆
全国10拠点 転職相談会を 常時開催 マイナビ
リブズキャリア
女性限定
公式 20代~50代 1,135件 4,540件 3.5
★★★★☆
2.9
★★★☆☆
3.8
★★★★☆
3.6
★★★★☆
3.4
★★★☆☆
3.5
★★★★☆
東京のみ 女性特化の総合エージェント リブ
type女性の転職エージェント
女性限定
公式 20代~50代 12,786件 19,179件 3.0
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
3.1
★★★☆☆
3.0
★★★☆☆
2.8
★★★☆☆
関東4拠点 女性特化の総合エージェント キャリアデザインセンター
レバテックキャリア
IT,WEB
公式 20代~50代 14,008件 21,012件 3.3
★★★☆☆
3.3
★★★☆☆
3.5
★★★★☆
3.6
★★★★☆
3.1
★★★☆☆
3.1
★★★☆☆
全国4拠点 初回提案内定率90% レバテック
ギークリー
IT,WEB
公式 20代~50代 10,755件  13,000件 3.2
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
3.4
★★★☆☆
3.1
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
3.2
★★★☆☆
東京のみ 年収アップ率75% Geekly

エンエージェントと他転職エージェントとの比較です。求人数は各社公表の数値、または業界水準の非公開求人割合6割から推定。2021年8月16日時点であり参考程度に御覧ください。

相対的に見るのであれば、求人数でみればリクルートエージェント、年収を上げることをかんがえるのであればビズリーチに登録したほうが良いとも言えます。

エンエージェントのメリット

エンエージェントのメリット

ユーザーからの満足度が非常に高く業界1位

エンエージェント満足度

エンエージェントは、3,000人以上の転職エージェント利用者から選ばれる、オリコン顧客満足度調査の転職エージェントランキングにおける「紹介部門」にて、2020年度の満足度No.1に選出されています。

企業の情報をしっかり把握し、求人票だけではわからない会社の様子や雰囲気を知ることができるなど、紹介求人の情報量やサポートが高い評価を受けています。

非公開求人が多い

エンエージェントは、15,000件以上の非公開求人を保有しています。非公開求人には優良企業も多く、公開求人よりも質の高い求人の紹介を受けることができます

非公開求人の中には、求人募集を知られたくない大手企業や、極秘プロジェクトの人員募集など、一人では見つけられない好条件求人も多く、利用者からも高い評価を得ています。

初めての転職活動でも安心のサポート

エージェントはじめての転職

エンエージェントは、初めての方でも安心して転職活動ができるよう、丁寧な転職サポートが魅力です。カウンセリングや適性診断テストで、キャリアの棚卸や特性を定量的にはかることができます。

テストやカウンセリングの結果をもとに、転職活動の進め方や市場でどのように評価をもらっていくかなど、キャリアパートナーと一緒に分析し考えながら転職活動を進められます。

独自開発の適正診断を受けられる

エンエージェントテスト

エンエージェントには、独自に開発した「3E-p」という性格価値診断テストがあります。性格価値診断テストは、登録後の初回面談時に実施してもらい、利用者の性格や職務適性などを科学的に分析します。

「3E-p」テストにより、性格特性・創造的思考性・コミュニケーション力・エネルギー量・ストレス耐性を確認することができ、導き出した結果から思ってもみない業種や求人を見つけるキッカケに繋がります。

エン・ジャパン「3Eテスト」はこちらから

キャリアパートナーの専門領域が広い

エンエージェントキャリアパートナー

キャリアパートナーの専門領域

  • 営業・マーケティング系
  • 事務・管理系
  • 経営・経営企画・事業企画系
  • コンサルタント系
  • 技術系(IT・Web・通信系)
  • 技術系(電気・電子・半導体)
  • 技術系(機械・メカトロ・自動車)
  • 技術系(化学・素材・食品)
  • 技術系(建築・設備・土木・プラント)
  • 技術・専門職系(メディカル)
  • 不動産系専門職
  • サービス・流通系
  • 金融系
  • クリエイティブ系

エンエージェントのキャリアパートナーは、それぞれに職種や業界の専門領域を持っています。各業界・職種を経験し、熟知したキャリアパートナーが求人の良い点や悪い点などを的確に解説してくれます

エンエージェントのキャリアパートナーは、14種類の専門領域に分かれています。大手リクルートエージェントでも専門領域は6種類なので、より細かい職種・業界に特化して情報を得ることが可能です。

キャリアパートナーの一覧はコチラ

エンエージェントのデメリット

エンエージェントのデメリット

求人数が少ない

エンエージェント求人数

エンエージェントは、掲載求人数が約2万件と、他の転職エージェントと比較しても求人数は多くありません。ただし、そのうち15,000件が非公開求人になるため、厳選された求人の質は高いです

求人数が少ないと感じる方は、求人掲載数No.1のリクルートエージェントや、転職サイトのDODAなどと併用して効率よく転職活動を行いましょう。

パソコンだと選べない職種がある

エンエージェントクリエイティブ

求人検索をパソコンで行おうとした際、一番下のクリエイティブ職のみ選ぶことができません。クリエイティブ欄を選ぶと、右側に細かい職種が表示されますが、選択するためにポインターを動かすと他の職種に反応してしまいます。

スマホではプルダウン式なので選択できますが、パソコンから閲覧する方はご注意ください。ユーザーには関係のないお話ですが、おそらくクリエイティブ職の求人数が少ないために、改善の優先順位が低いのだと思われます。

キャリアパートナーに当たり外れがある

エンエージェントのキャリアパートナーは、14種類の専門領域に分かれていますが、中には経験の浅いアドバイザーもいるため、場合によっては担当者のサポートが合わないことがあります。

希望する職種や業界への知識が足りないと感じたら、担当者の変更を伝えたり、希望業界や職種に強い転職エージェントの検討をおすすめします

地方での転職は不向き

エンエージェントは、全国の求人に対応した転職エージェントですが、公開求人の約7割が関東近郊での求人となっています。特に東京での求人が大多数を占めているため、地方での転職を希望する方は求人数が少ないと感じるかもしれません。

エリア 求人数
全国 2,449件
関東 1,757件
(うち東京:1,556件)
関西 419件
東海 278件
北海道・東北 40件
甲信越 20件
北陸 18件
中国・四国 38件
九州・沖縄 89件
海外 3件

全国を網羅した求人を探したいのであれば、求人数No.1のリクルートエージェントdodaエージェントのような、大手転職エージェントへの登録をおすすめします。

エンエージェントの良い評判・口コミ

良い口コミ ・担当者の対応が良かった
・自分に合った求人を紹介してくれた
・紹介求人の質が高かった

エンエージェントの悪い評判・口コミ

悪い口コミ ・的外れな条件で対応された
・メールが多い
・担当者の対応が悪かった

悪い評判のウソホント調査

1.キャリアアドバイザーに当たり外れがある

「エンエージェントはひどい。希望業界に全く詳しくない担当がアドバイザーになった」

悪い評判の1つに担当の質が悪い、というものがあります。この評判は概ねホントです。エンエージェントに限ったものではないですが、転職エージェント会社には多くの担当が所属しています。

新人に近い人が担当についたり、業界に詳しくな人がキャリアアドバイザーになってしまうことがあります。担当を切り替える、他の転職エージェントに登録するなど対策するべきです。

2.求人を紹介してくれない

「エンエージェントは冷たい。面談後に求人を紹介してもらえなかった。」

エンエージェントに登録したのに、求人情報が全然こなかった、遅かったという評判も見受けられます。この評判はホントだが求職者も悪い、という可能性もあります。

転職エージェントもビジネスです。面談に真剣に望まなかったり、事前準備せずに適当な内容を話をしてしまうと、他の転職者優先で行動されてしまいます。転職理由や新しい職場に望むものは何かを決めて、転職活動を行いましょう。

3.求人レベルが低い

「エンエージェントの求人レベルは低い。良い企業がなかった」

エンエージェントの求人レベルが低いという評判はウソです。エンエージェントは非公開求人数約15,000件を抱え、オリコンの顧客満足度調査では紹介案件部門1位を取るほどなので、質の高い求人は必ずあります。

求めているレベルの求人を紹介してもらえないのは、厳しいようですが転職者が企業レベルに追いついていないのが主な理由です。求人レベルが低いと感じたら、自分のキャリアを上げるための会社を探すように方向転換が必要かもしれません。

4.無理やり企業紹介をされた

「希望していない業界を紹介された」

「エンエージェントはしつこいほど連絡がくる」

希望していない業界や、見当違いの企業を紹介されたという口コミはホントだと思います。しかし、自分が希望していない業界業種を紹介されるのは悪いことではありません。

数ある選択肢を提示することで、転職者が自分自身で気づけていない真のニーズに気づけたということもあります。狙っていない業界だからといってそっぽを向かず、企業分析をしてみてYES・NOの判断をくだすべきです。

5.内定辞退にしつこい対応をされた

「内定をもらったけど他企業のほうが魅力的に感じて断ったら、粘り強く連絡がきた」

内定辞退を渋られるケースは、転職エージェントのビジネスモデル上しかたないことであり、ホントでしょう。

転職エージェントのビジネスモデル解説

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは、求職者から一切お金をもらわない代わりに、「内定」をもらうタイミングで企業からお金をもらいます。内定辞退されるとお金が入らないため、できるだけ入社してもらえるように求職者を説得する場合もあります。

転職エージェント側もボランティアではないことを汲み取り、他エージェントでも転職活動を並行して行ったり、転職サイトに登録して、自分の力で納得行く企業探しを行っておくことが大切です。

転職成功率を上げる5つのコツ

  1. 転職時期は最短日程を伝える
  2. 経歴書で嘘をつかない
  3. 同じ求人に複数箇所から応募しない
  4. 口コミサイト『OpenWork』で調査
  5. 複数の転職サイトと転職エージェントを併用

1.転職時期は最短日程を伝える

転職に成功するにはエージェントに転職時期を最短で伝えるのが重要です。転職時期がおそかったり、転職意思があまり強くなかったりすると、転職エージェントからのサポートを後回しにされてしまう可能性があるからです。

「○月の初め頃」など大まかでもよいので、転職したい日程はできるだけ最短で伝え、同時に転職に対する意欲も添えておくと、転職に対する真面目な姿勢を見せることができます

2.経歴書で嘘をつかない

転職で成功率を上げるには経歴書で嘘をつかないことも重要です。なぜなら、仮に転職できたとしても職務経歴書上の実績やスキルと実務内容に乖離が生まれ、不信感を与えてしまうことになるからです。

また、転職エージェント側にも「嘘をついた人を紹介した」として、クレームが発生する可能性があります。

3.同じ求人に複数箇所から応募しない

同じ求人に複数個所から応募する「二重応募」はご法度です。求人企業に、自己管理ができない人材と評価されたり、採用が滞ってしまったりする可能性があるからです。

実際、トラブル調整に1か月かかりその間に応募が終わってしまったという例もありました。複数のエージェントに登録している場合は、二重応募をしてしまう可能性があるので、エクセルなどを使って応募企業をしっかり自己管理することが重要です

4.口コミサイト『OpenWork』で調査

一般的に公開されている企業の公式情報の中には、嘘の情報が含まれている可能性があります。そのため、実際に働いている社員の生の声が確認できる「OpenWork」を活用することをおすすめします。

「OpenWork」では、公式サイトには記載のない企業の裏話もみられるので、事前調査に活用しましょう。

OpenWork公式サイトはこちら

5.複数の転職エージェントと転職サイトを併用

転職を成功させるためには、最低でも2つ以上の転職エージェントと1つ以上の転職サイトに登録するべきです。転職エージェントでは、エンエージェントの他に総合型の『リクルートエージェント』に登録しておくと、幅広く求人を紹介してもらえます

また、転職サイトは、エージェントとの面談調整がしにくい繁忙期でも別軸で転職を進めることができます。転職サイト『DODA』は、転職サイトで最も求人数が多いので登録することをおすすめします。

併用おすすめの転職エージェントと転職サイト

併用おすすめの転職エージェントと転職サイト

併用をおすすめする理由

1つの転職エージェントに頼るのは危険

エンエージェントのみに登録すると、キャリアアドバイザー任せで転職することになります。エンエージェント側もビジネスなので、企業側の良い面だけを話して内定を獲得しようとしてくる可能性があります。

複数の転職エージェントに登録できれば、他社とキャリアアドバイザーの質を比較することが可能になるため、自分の希望に寄り添ってくれているかどうかを判断できるようになります

▼転職エージェントの仕組み(タップで開閉)
  • 転職エージェントの仕組み転職エージェントは、求職者から一切お金をもらわない代わりに、「内定」をもらうタイミングで企業からお金をもらいます。内定辞退されるとお金が入らないため、できるだけ入社してもらえるように求職者を説得する場合もあります。転職エージェント側もボランティアではないことを汲み取り、他エージェントでも転職活動を並行して行ったり、転職サイトに登録して、自分の力で納得行く企業探しを行っておくことが大切です。

転職サイトの登録も重要

転職エージェントには「求職者にマッチした企業を紹介する」という特徴があります。エンエージェントのマッチング率は極めて高いですが、アドバイザーのレベルによっては的違いな企業を紹介されることもあります

転職サイトは、求職者自体が行動しなければいけない一方、「気軽に」「大量の求人情報を」「いつでも」見ることができるため、好みの企業を発見して応募できます。必ず1サイトには登録しておきましょう。

▼転職エージェントと転職サイトの違い
  • 比較項目 転職エージェント 転職サイト
    サポート
    転職活動を全サポート

    全て自分で行動
    求人件数
    非公開求人がある

    多種多様な求人が掲載
    気軽さ エージェント介入あり エージェント介入なし
    成功率 転職ノウハウが豊富 自分次第
    面接対策 企業毎に対策可能 自分次第
    年収UP 条件交渉してくれる 自分次第
    手間 エージェントと二人三脚 一人で行う
    マッチ率 表にでない情報を入手 情報が少ない

おすすめ①:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント

  • 求人数は業界最多の30万件
  • 業界最高品質のサポート
  • 転職支援実績No1

リクルートエージェントは、求人数・実績ともNo.1の転職エージェントです。公開非公開合わせて、約30万件の求人数を誇り、第2位のdoda10万件を大きく引き離しています。

業界最大手の手厚いサポートを受けられる点も魅力です。簡単に職務経歴書を作成することができる「職務経歴書エディター」や面接対策セミナー、転職希望先企業の想定質問などを用意してくれます。

サービスの種類 転職エージェント
おすすめ年代 20代~50代
運営会社 リクルート
公開求人数 112,458件
非公開求人数 182,458件
拠点 全国16拠点(丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡)

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン

ますさん|20代後半|男性|その他|2021.01.29

良い点
|丁寧なサポート
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。また、面接対策など就活で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
なかなか好条件の求人が多く、求人数や情報量も多いため、求職側としては助かるエージェントサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめな印象でした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
男性アイコン

シルシルさん|40代前半|男性|事務員|2021.01.22

良い点
|圧倒的な紹介求人数
業界最大手だけあって紹介される案件数はほかのエージェントと比べて圧倒的に多いです。また、幅広い業種の案件の紹介を受けられるので、様々な業種の中から希望の求人を見つけることができます。ただし、こちらの指定した条件以外の案件も紹介してくるので中身の精査が必要となります。
悪い点
|担当者のスキルは玉石混交
担当者によってスキルにばらつきがあるように思います。また、コミュニケーションも逐一連絡をくれる担当者もいればこちらから連絡しない限りコミュニケーションをとってこない担当者もいます。こちらから積極的にコミュニケーションをとって必要な情報を引き出し、要望をしっかり伝えてこちらの要望通りに担当者を動かすくらいの気持ちが必要だと思います。

リクルートエージェント
公式サイトはこちら

おすすめ②:ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチのおすすめポイント

  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上
  • 優良企業から直接スカウトが届く
  • 一定の基準を満たした優秀なヘッドハンター4000人以上

ビズリーチは、会員登録をするだけで、優良企業から直接スカウトが届く転職サイトです。

掲載の3分の1が年収1,000万円以上の求人という、プロフェッショナル人材向けの高収入求人が多数掲載されています。

サービスの種類 転職エージェント
おすすめ年代 30代~50代
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 127,000件
非公開求人数 195,000件
拠点 全国8拠点(東京/渋谷/渋谷/静岡/名古屋/大阪/広島/福岡)

ビズリーチの評判と口コミ

男性アイコン
ECC Jr.さん|30代前半|男性|営業|2021.03.01
良い点
|ヘッドハンターからアプローチしてもらえました。
常にヘッドハンターが駐在しており、自分の情報などを記載して提示しておくと、様々なヘッドハンターから声をかけてもらう事ができます。
ヘッドハンターは自分の興味がある業界に精通している人もいるので、その業界、その会社が求人を出しているかなどを詳しく教えてくれます。
悪い点
|スキルがあるから声をかけてもらえましたが
自分にはたまたま磨いてきたスキル(スキルといっても一芸のようなものですが)があったので、それを元にヘッドハンターから声をかけてもらいましたが、無かった場合中々声がけされにくいのではないかと思い、そういった場合にフォローがあまり無いように感じました。
男性アイコン
hiro121さん|40代前半|男性|事務員|2021.01.27
良い点
|たくさんの情報量がある
様々な会社の転職エージェントがサイトに登録しているため、情報量は多いと感じた。したがって、自分が探している条件で検索して絞っていっても、ある程度の情報量が残るため、他のサイトと比べて使用頻度が自然と高くなった。色々なサイトを駆使して情報を集めるより1つのサイトである程度網羅できたほうがより効率的だしスピーディーだと思う。
悪い点
|大企業、上場企業が多い印象
掲載されている企業が大企業や上場企業が多い気がした。転職先にそこまで大規模ではない会社を探している方にとっては比較的情報量が少ないかもしれない気がする。もちろん非上場企業、上場準備の会社も情報としてはあるのですが相対的に少ない気がした。

ビズリーチ公式サイトはこちら

おすすめ③:DODA(転職サイト)

DODA(転職サイト)

dodaのおすすめポイント

  • 公開求人件数No.1
  • 職務経歴書作成や年収査定などの機能が豊富
  • 企業からのオファー機能

dodaは、約10万件もの求人を掲載しており、転職サイト業界ではNo.1の公開求人を持つ転職サイトです。

自身の情報を詳しく入力することで、書類選考なしに面接に進める特別オファーや、簡単に職務経歴書が作成できる「レジュメビルダー機能」など豊富な機能が特徴です。

サービスの種類 転職サイト
おすすめ年代 20代~30代
運営会社 パーソルキャリア 株式会社
※東証一部上場のグループ企業
公開求人数 93,133件
非公開求人数 35,019件
拠点 全国12拠点(東京/札幌/仙台/横浜/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡)

dodaの評判と口コミ

女性アイコン
木葉 リシェさん|20代後半|女性|クリエイター|2021.09.14
良い点
|求人企業数がおおいのと履歴書作成が便利
とにかく掲載されている企業数が多く、自分の視野を広げることができたのかよかった点でした。履歴書、職務経歴書も情報を入力するだけで仕上がるので助かりました。
悪い点
|スカウトに一部ミスマッチあり
スカウトで送られてくるメールの一部がミスマッチな求人が多かった。面接確約とかいてあるけれど手当たり次第送っているんだろうなぁというのが透けて見えるものが多くノイズになってしまったのは少し残念でした。
男性アイコン
細川 臣徳さん|30代後半|男性|警備|2021.09.14
良い点
|中小企業の求人案件を多くて嬉しい
doda転職を利用して良かった点は、「中小企業の求人案件を多く取り扱っていた」ところです。大手企業やベンチャー企業など自分の職歴では無理なので、中小企業を多く取り扱っていたのはとても良かったです。
悪い点
|連絡が多すぎる
doda転職を利用して不満な点は、「連絡が頻繁に来る」ことです。dodaの担当者から求人案内メールが来たり、電話が直接かかってきて、近況を言わなければならなかったりと、連絡が多いのが不満に感じました。

doda公式サイトはこちら

特化型のおすすめエージェント

転職する際に、特定の業種業界などのキャリアが決まっている方は、特化型転職エージェントがおすすめです。業界や企業に対する造詣があるため、専門的なアドバイスがもらえます。

職種 エージェントと特徴
エンジニアエンジニア
  • レバテックキャリア
  • ・エンジニア専門転職エージェント
  • ・透明度が高く書類通過率などを公開中
  • ▶公式サイトはこちら
webWeb
営業営業
  • マイナビ営業
  • ・大手マイナビの営業特化エージェント
  • ・メーカー/商社/人材/広告など求人多数
  • ▶公式サイトはこちら
管理部門管理部門
コンサルコンサル
  • アクシスコンサルティング
  • ・コンサル業特化エージェントの老舗
  • ・大手コンサルティング会社の実績多数
  • ▶公式サイトはこちら
アパレルアパレル
ファッション
タクシータクシー
ブライダルブライダル
  • リクシィキャリア
  • ・異業種からのブライダル転職実績多数
  • ・ブライダル→別業種転職もサポート
  • ▶公式サイトはこちら
薬剤師薬剤師
介護職介護職
医師医師
看護看護師
保育士保育士
製造製造
  • メイテックネクスト
  • ・製造系エンジニアの求人数No.1
  • ・独占求人も豊富の老舗エージェント
  • ▶公式サイトはこちら
地方就職地方就職
  • ヒューレックス
  • ・地元へのIターン・Uターン転職に強い
  • ・遠方転職ノウハウが唯一無二
  • ▶公式サイトはこちら
外資系外資系

エンエージェントの登録方法と内定までの流れ

エンエージェントの登録方法

  • STEP1

    転職支援サービスお申込みフォームから申し込み

    エンエージェント登録

    名前や学歴のほか、直近の就業状況など、基本的な情報を転職支援サービスお申込みフォームに入力し、申し込みを行います。

    入力項目はすべて必須ですが、基本的に選択式なので手間を取りません。職務経歴書などの用意があれば、一緒に添付することもできます。

  • STEP2

    申込完了メールが届く

    登録が完了したら、申込完了メールが届きます。登録完了後、3営業日以内に、キャリアパートナーから連絡が入ります

    ただし、その時点で紹介できる求人の有無によってサポートできない場合があります。

内定(入社)までの流れ

  • STEP1

    キャリアパートナーから連絡が来る

    エンエージェントの登録から、当日から3営業日程度でメールで連絡がきます。主に、サービス内容の確認や面談日程調整の連絡が来ます。

    面談はオンラインや電話面談が可能で、平日夜間や土日にも対応しているためスケジュールは比較的柔軟に調整してもらえます。

  • STEP2

    キャリアパートナーと面談をする

    キャリアパートナーと、これまでのキャリアの確認や強み弱みを洗い出す面談をします。人によって面談回数は変わり、1度のこともあれば複数回にわたって面談を行うこともあります。

    キャリアパートナーとともに、将来像を明確化することで自分自身だけで考えるよりも良いアウトプットができる点も転職エージェントのメリットです

  • STEP3

    転職先の候補を紹介してもらう

    面談で転職の方向性を明確に出来たら、企業紹介が始まります。

    エンエージェントが保有する30万件以上の求人情報の中から、面談内容を加味してピッタリの求人が案内されます。平均して3社~6社の求人を紹介してもらえます。

  • STEP4

    エージェントを通して企業に応募する

    応募したい企業を数社ピックアップし、キャリアパートナーが企業に推薦します。

    応募は求職者の意思ですが、面接の日程調整や条件交渉はキャリアパートナーにお任せすることが可能です。

  • STEP5

    面接対策・サポートを受ける

    実際の面接をする前に、面接対策や書類の添削サポートなどを無料で受けることが可能です。エンエージェントの培ったノウハウを活かして、内定を貰いやすいアドバイスを受けられるのが嬉しいポイント。

    応募する企業に対して不安なこと、転職に対する漠然とした不安など、どんなことでもキャリアパートナーに相談できます。

  • STEP6

    企業との面接

    企業と面接を行い、エージェントに内容を報告することで、フィードバックをもらえます。

    この機会に、面接でうまくいかなかったことや質問に答えられなかったことについて相談して、次の面談や他企業への対策に活かせます。

  • STEP7

    内定通知を受け取る

    企業面談に合格した場合、内定通知はエンエージェントを通して受け取ります。

    内定受諾に関しては雇用条件が希望とあっているかアドバイザーと確認してから行います。選考や内定の辞退は、企業に直接連絡せず、必ず転職エージェントを通じて行いましょう。

  • STEP8

    雇用契約を結ぶ

    入社の意思が固まったら企業と雇用契約を結びます。求人情報や面接時に提示された情報と乖離がないか、提示した条件と異なっていないかなどは契約前に確認し、相違がある場合はエージェントに相談できます。

  • STEP9

    入社手続きを行う

    在職中の場合は退職日を決めて、転職先と入社日の調整を行います。エンエージェントでは、入社日調整や円満退社のためのサポートも行っているので安心です。

    最後に入社手続きの準備を行い、新しい生活が始まります!入社手続きには「年金手帳」や「源泉徴収票」、「雇用保険非保険証」等が必要ですが、企業毎に必要書類が変わる可能性があるので、エージェントに確認しておきましょう。

エンエージェント退会方法

エンエージェントの担当キャリアアドバイザーへ連絡し、退会する旨と理由、サポートへの感謝を伝えましょう。

無料でサポートしてもらっているので、黙って連絡を取らなくなるということがないようにしてください。

エンエージェントとエン転職の違い

エンエージェントとエン転職の違い

比較項目 エンエージェント エン転職
サポート
転職活動を全サポート

全て自分で行動
求人件数
非公開求人がある

多種多様な求人が掲載
気軽さ エージェント介入あり エージェント介入なし
成功率 転職ノウハウが豊富 自分次第
面接対策 企業毎に対策可能 自分次第
年収UP 条件交渉してくれる 自分次第
手間 エージェントと二人三脚 一人で行う
マッチ率 表にでない情報を入手 情報が少ない

キャリア相談・サポート

エンエージェントは、転職のプロが相談にのってくれ、転職成功へのプランを一緒に考えてくれます。それに対して、エン転職では全ての転職活動を自分一人で行わなければなりません。

求人の紹介

エンエージェントの場合は、キャリア面談の結果を踏まえて、自分にぴったりの求人をアドバイザーが選んで紹介してくれます。一方、エン転職は自分で検索して求人を探すのが一般的です。

さらに、転職サイトには掲載のない非公開求人の情報ももっているため、エン転職では見つけられなかった新しい求人に出会える可能性もあります。

履歴書・職務経歴書の添削

エンエージェントでは、企業毎に必要とされる情報などをアドバイスしつつ、履歴書などの添削を行ってくれます。エン転職では書類の一切を、自分自身で作っていく必要があります。

面接調整と面接対策

エンエージェントでは、転職者の希望に合わせて、担当者が企業と面接の日程調整を行ってくれます。一方、エン転職での転職活動は、企業とメッセージを複数回やりとりして面接日の調整を行うことになります。

エンエージェントは、面接を通るためのアドバイスを行ってくれたり、模擬面接などを行うことで内定率を高めてくれるので、転職が初めての方はエージェントの利用が必須です。

年収交渉

エンエージェントをはじめとする「転職エージェント」では、年収交渉まで代行してくれます。エン転職を通して自分で転職する場合は、企業側に年収交渉するのは難易度が高いです。

エンエージェントのQ&A

土日の面談は可能ですか?

エンエージェントは、平日の夜間や土曜日の面談も可能です。平日が忙しい方やコロナウイルスの影響で外出が難しい方でもお好きなお時間でスケジュール調整ができます。

転職支援サービスの利用に料金は発生しますか?

エンエージェントのサービスは、無料で利用することができます

未経験の職種や業種への転職も可能ですか?

エンエージェントでは、面談や診断テストにより、ご自身が気づかない可能性やスキルを考慮した求人の紹介も行います。

これまでの経験やスキルを活かして、未経験の職種や業種への転職を実現された方も多くいらっしゃいます。

複数の企業に応募することはできますか?

紹介された求人については、複数同時に応募することが可能です。

各企業との面接日時の設定については、キャリアパートナーが行います。

紹介された求人には必ず応募しなければいけませんか?

必ずしも紹介された求人に応募する必要はありません。エンエージェントでは、紹介した求人へ無理に応募させるようなことはありません

紹介された求人に関して、気になる点や譲れない条件などあれば、気軽にキャリアパートナーへ相談ください。

在職中でも利用できますか?

もちろん、利用できます。現在の仕事を続けながらでも、転職活動を支援するサービスを行います。

まとめ:エンエージェントはこんな人におすすめ

エンエージェントをおすすめする人

  • 徹底的に転職サポートを受けたい人
  • 関東圏で転職をしたい人
  • 初めて転職活動をする人

エンエージェントは、キャリアパートナーによる面接対策や応募書類の添削など徹底したサポート体制を整えているため、専門的なサポートを受けながら転職をしたい方や初めて転職をする方におすすめのサービスです。

また、丁寧なカウンセリングと独自の適正診断によって、今まで気づけなかった自分の強みを見つけ、新たな可能性が広がる転職活動をサポートしてくれます。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス コンサルティング公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・無料で使える
関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス