データサイエンティストとは?平均年収や仕事内容・役立つ資格を解説!

データサイエンティストの年収は

「データサイエンティストの年収は?」

「データサイエンティストとはどんな仕事か知りたい」

データサイエンティストは、IT業界以外にも多くの業界で需要が高まっている職種です。年収が高いと言われていますが、実際の年収や、どうしたらなれるのか気になる人もいるでしょう。

そこでこの記事では、データサイエンティストの平均年収や仕事内容について解説しています。データサイエンティストに役立つ資格や、年収を上げる方法も掲載しているので是非参考にしてください。

IT業界で年収アップやキャリアチェンジを目指すなら転職がおすすめです。IT系に強い転職エージェントを利用すれば、求人の紹介だけでなく、自分の市場価値を客観的に判断してもらえるので是非利用しましょう。

IT転職に強い転職エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【エンジニア経験者向け】
  • ・IT/WEB業界の中でエンジニア特化
  • ・初回提案での内定率90%
マイナビITエージェントマイナビ
IT AGENT
公式サイト
  • 【IT業界全般おすすめ】
  • ・IT/WEB業界出身アドバイザー多数
  • ・年収アップも狙える
リクルートエージェントITリクルート
エージェントIT
公式サイト
  • 【IT業界実務経験者向け】
  • ・IT業界の幅広い職種に対応
  • ・業界最大級250,000件以上の求人
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

データサイエンティストの年収

データサイエンティストの平均年収は791万円

データサイエンティスト協会が行った調査によると、2020年のデータサイエンティストの平均年収は791万円です。日本の平均年収443万円(参考:国税庁)と比べると、約1.8倍の年収です。

近年はビックデータやAI技術の発展から需要が高まっている職種で、高待遇が期待できます。その分、ITスキル・統計学・ビジネススキルなどの高い専門性が必要なので転職難易度は高いです。

データサイエンティストへの転職をするなら、ITに特化した転職エージェントを利用しましょう。レバテックキャリアなどの転職エージェントなら、IT業界の幅広い職種の求人に対応しているので、効率的に転職活動が行なえます。

データサイエンティスト地域別平均年収

都道府県 平均年収
兵庫県 749万円
東京都 746万円
千葉県 701万円
北海道 693万円
埼玉県 650万円
福岡県 650万円
大阪府 649万円
神奈川県 648万円
京都府 601万円

参考:データサイエンティストの求人統計データ|求人ボックス

データサイエンティストの地域別の平均年収です。どの地域でも平均年収は600万円以上で、地域毎の差はあるものの、どの地域でも高い収入が期待できます。

もちろん、より高い年収を求めるなら東京などの平均年収が高い地域で働くべきです。求人の見つけやすさの点で見ても、東京の求人数が他県より圧倒的に多いので、選択肢が多くなります。

データサイエンティストの年収は高い?

出典 平均年収
データサイエンティスト協会 791万円
求人ボックス 696万円
jobtag(厚生労働省) 532万円
インディード 530万円
doda 513万円

参考:データサイエンティストのリアル|データサイエンティスト協会・求人ボックス 給料ナビjobtag|厚生労働省・日本でのデータサイエンティストの平均給与|インディード・平均年収ランキング|doda

データサイエンティストの年収は高いです。各求人サイトや調査を行った機関の統計データを見ると、データサイエンティストの平均年収は513~791万円と、幅は広いものの全体的に年収レベルは高いことがわかります。

求人情報を調べると、提示年収が1,000万円以上の求人もあるので、スキルがあれば高年収を目指せます。

近年では、大手企業などが自社でデータサイエンティストを雇用する動きがあり、活躍できる場所はIT業界に限りません。今後も需要が増えていく将来性の高い職種です。

データサイエンティストとは

データサイエンティストの仕事内容

課題の特定

データサイエンティストの仕事の目的は、データを利用して経営上の課題を解決することです。そのために、まずは課題を特定し、達成するべき目的を明確にしていきます。

目的が決まれば、達成のための仮説を立てていきます。仮説を立てるためには、ビジネスに関する知識やビジネススキルが必要です。

データ収集・構築

課題解決のためのデータの収集や、データを分析するための環境を構築するのもデータサイエンティストの仕事です。必要なデータの収集を行える環境の構築、収集したデータを分析できるように加工する必要もあります。

また、データの分析作業もデータサイエンティストの仕事です。主に機械学習を使用しデータ分析を行いますが、機械学習モデルの構築や運用も行います

施策の提示

分析したデータをわかりやすくしレポーティングを行います。分析したデータから何がわかるのか、将来的にどんなことが予測されるのかを、意思決定者にわかるようにする業務です。

また、データからどんな知見が得られたか、経営課題解決のための施策の提言などもデータサイエンティストの仕事です。

データサイエンティストに必要なスキル

ITスキル

データサイエンティストは、ITスキルが必要です。主にプログラミングやデータベースに関するスキル、機械学習に関する知識などがあります。

プログラミングでは、AIや人工知能で活用されるPythonや、統計処理に特化したR言語、データベース言語のSQLが使われています。

もしこれからプログラミングについて学ぶなら、初心者でも学びやすいPythonから学習するのがおすすめです。

統計や数学の知識

データサイエンティストとしてデータの解析をするには、統計に関する知識が必要です。統計については「微分積分」「線形代数」「確率統計」などの数学知識も必要になります。

また、業務の中では必要に合わせて様々なデータの分析手法を用いるので、主要な分析手法についての理解を深めておきましょう。

ビジネスの知識

データサイエンティストにはビジネスについての知識も重要です。対象とするビジネスの知識がないと、課題の解決に必要なデータを見極めるのが難しいからです。

また、分析結果や解決策の提案などでは、相手に理解してもらうように伝えられるプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力が必要になります。

データサイエンティストの働き方

テレワーク率 割合
出社しない 35%
3割出社 15%
5割出社 9%
7割出社 14%
原則出社 24%

参考:データサイエンティストのリアル|データサイエンティスト協会2020

データサイエンティストは、テレワークの比率が高い職種です。データサイエンティスト協会が行った調査によると、35%の人が原則テレワークで働いています。

業務の半分がテレワークの割合は約60%なので、働く場所が自由に選びやすい職種です。会社にもよりますが、データサイエンティストは収入・時間・場所の面で自由度が高い職種と言えます。

データサイエンティストに転職するなら、レバテックキャリアなどのITに特化した転職エージェントを利用しましょう。データサイエンティストに知見があり、要望に適した企業を紹介してもらえます。

データサイエンティストはなくなる?将来性は?

データサイエンティストの将来性は高いです。アメリカのオンライン求人サービス大手「Glassdoor」によると、アメリカの2022年の人気の職種で3位にランクインしています。

ビッグデータやAI、IoTなどの先端技術の需要は今後も上昇が見込まれており、IT業界以外の産業でも、需要が増しています。一方で、AIの発展により、仕事を奪われるという話もあります。

実際にデータ収集・分析の自動化が進んでいるのは事実です。今後は専門性を高めたりマーケティングの知見を持つなど、対応力を高めていくことが必要になってくるでしょう。

データサイエンティストが求められる企業

データサイエンティスト|大手企業10社の平均年収

企業名 平均年収
キーエンス 2183万円
東京エレクトロン 1285万円
野村総合研究所 1232万円
ソニーグループ株式会社 1085万円
電通国際情報サービス 1057万円
博報堂 1036万円
第一生命ホールディングス 979万円
伊藤忠テクノソリューションズ 941万円
GMOペイメントゲートウェイ 903万円
日立 897万円

※平均年収は各社有価証券報告書から

データサイエンティストの募集がある大手企業の年収を、各社の有価証券報告書からまとめています。データサイエンティストの年収は、各社の規定やポジションによるのであくまで年収目安として見て下さい。

近年ではビックデータの活用やAI技術が注目されていることから、大手企業でもデータサイエンティストの需要が高まっています。データ分析の部門が新設される動きなどもあり、今後の将来性は高いでしょう。

レバテックキャリアなどのIT特化の転職エージェントには、大手企業の求人情報も多数掲載されています。転職を考えているなら是非利用して下さい。

データサイエンティストの求人例

企業名 年収目安
フューチャー株式会社 600~2,000万円
株式会社GA technologies 800~1,800万円
ヤフー株式会社 427~1,500万円
BuySell Technologies 600~1,500万円
株式会社ディー・エヌ・エー 600~1,200万円

参考:レバテックキャリア

レバテックキャリアの求人情報から、データサイエンティストの求人例と年収目安の例を紹介しています。年収目安の幅は大きいものの年収ベースが高く、データサイエンティストの待遇は高いです。

また、リモートワークが出来る求人が半数以上あり、自由な働き方が選びやすい職種と言えます。データサイエンティストへの転職をするなら、IT業界に詳しい転職エージェントを選びましょう。

データサイエンティストの求人は業種の幅が広いため、業界知識がないと希望と違う会社を紹介されることもあります。複数の転職エージェントを利用して自分に合ったエージェントを選ぶことが大切です。

データサイエンティストになる方法

ITエンジニアからのキャリアチェンジ

データサイエンティストになるには、ITエンジニアからのキャリアチェンジが現実的です。データサイエンティストに求められるスキルは多く、どのスキルも習得には時間がかかります。

ITエンジニアであれば、プログラミングスキルがすでに備わっているので、学習の負担を減らすことが出来ます。特にPythonやデータベースに関するスキルがあれば転職には有利です。

転職の際には、慎重に転職エージェントを選んでください。データサイエンティスト自体よく知らないというエージェントもいるので、知見がある転職エージェントを利用しましょう。おすすめはレバテックキャリアです。

スクールへ通う

データサイエンティストになる方法として、スクールへ通う選択肢もあります。プログラミング未経験なら、まずはプログラミングスクールに通ってPythonなどの言語の習得がおすすめです。

他にもデータ分析を学べるスクールや、データサイエンスが学べるコースを実施しているスクールもあります。ただし、習得には時間がかかるので、中長期的な目線で学習計画を立てておきましょう

また、必要なスキルを全て習得してから転職するのは現実的には難しいです。ある程度基礎知識を学び、業務未経験可の求人やデータ分析に関連する職種で実務経験を積むのがおすすめです。

データサイエンスが学べるスクール
テックアカデミーテックアカデミー テックISテックIS

IT未経験の転職ハードルは高い

データサイエンティストは専門性が高い職種で、IT業界未経験の転職ハードルは高いです。また、IT業界経験者であっても簡単なわけではなく、データ分析や統計学の知識は必要です。

もちろん、全くの未経験からデータサイエンティストに転職できた例はありますが、学習にかなりの時間を裂き、自分で機械学習モデルを組んで業務に生かせるようなレベルでないと難しいでしょう。

データサイエンティストを目指すなら、まずはWeb開発エンジニアやデータベースエンジニアなど、関連するIT職種で実務経験を積んでから転職するのが現実的なキャリアパスです。

データサイエンティストにおすすめの資格

DS検定

データサイエンティスト検定リテラシーレベル(DS検定)は、データサイエンティストに必要な「データサイエンス力」「データエンジニアリング力」「ビジネス力」見習いレベルの実務能力を証明出来る検定です。

DS検定には、無料で受講できるDS検定対応講座があり、データサイエンティストの基礎を学べるので、データ分析を学びたい人は受講をおすすめします。

情報技術者試験

基本情報技術者試験はIPAが実施しているITエンジニアの国家試験です。ITエンジニアに必要とされる基礎的な知識や技能が問われるので、IT業界未経験なら取っておくことで、基礎レベルの証明になります。

情報処理の基礎論理は、データサイエンティストとして必要な知識なので、取得しておきましょう。

データ解析士

データ解析士は、実務教育研究所の多変量解析実務講座を受講し、データ解析士認定試験に合格すると取得できる資格です。

多変量解析実務講座では、データ解析の実践的な手法を学べ、標準学習期間は4ヶ月です。講座を受講してから認定試験を受けるので、統計に関する理解を深めてから試験に臨めます

オラクルマスター

オラクルマスターはオラクルデータベースの管理スキルを証明する資格です。オラクルデータベースは複雑な処理ができ、高い堅牢性があるので、企業で高いシェアを持っています。

オラクルマスターを取得することで、オラクルデータベースにだけでなく、SQLやリレーショナルデータベースの基礎を理解している証明になります

オラクルマスターは「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の難易度があり、データサイエンティストならシルバー以上の資格取得がおすすめです。

Python3エンジニア認定データ分析試験

Python3エンジニア認定データ分析試験は、プログラミング言語のPythonの基礎や数学の基礎、データ分析・収集についての基礎や実践方法が問われます。

公式ホームページには主教材となる参考書籍や出題範囲の記載があるので、試験を受けるなら目を通しておくのがおすすめです。

データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験は、IPAが実施している国家試験です。データベースの設計・管理に関する知識や実践能力が問われます。

合格率は15%前後で、IPAの試験の中でも難易度が高い試験です。データベースエンジニアとして実務経験を積んだエンジニアが受けるような難易度の試験なので、取得しておけば転職の際に役立つでしょう。

OSS-DB技術者認定試験

OSS-DB(オープンソースデータベース)技術者認定試験は、IT技術者認定資格が取得できる試験です。オープンソースデータベースに関する運用・管理・開発などの知識や技術が問われます

SilverとGoldのレベルがあり、Silverを取得していなくてもGoldを受験できますが、資格の取得にはSilverを取得しておく必要があります。

G検定・E資格

G検定・E資格はディープラーニングや機械学習に関する知識・技術を問われる試験です。G(ジェネラリスト)とE(エンジニア)に分かれており、データサイエンティストならE資格の取得をおすすめします。

受験するには、JDLA認定プログラムを修了している必要があるので、講座の受講期間や試験の日程などに留意して、学習計画を立てましょう。

資格はスキルの証明です。特に転職では資格はアピールポイントになるので、データサイエンティストを目指すなら積極的に取得しましょう。また、転職する際にはIT特化のレバテックキャリアを利用しましょう。

データサイエンティストが年収を上げる方法

スキルアップする

データサイエンティストに限りませんが、IT系の職種で年収を上げるにはスキルアップが重要です。特にデータサイエンティストは求められるスキルが多いので、業務をしながらスキルを習得する必要があります

また、IT業界は技術革新のスピードが速い業界です。その時のトレンドに合わせて知識や技術のアップデートを行い、自分の市場価値を高めていけば年収アップに繋がります。

海外・外資系企業を目指す

データサイエンティストとして年収を上げるなら、海外や外資系企業も視野に入れるべきです。データサイエンティストは、アメリカでは人気職業ベスト3に入る職業で、高い待遇が期待できます。

実際に、米国大手求人サイト「Glassdoor」によると、データサイエンティストの平均年収は12万ドル(1500万円以上)になり、日本の倍以上の年収です。

日本で年収を上げるなら外資系企業を狙うのもおすすめです。求められるレベルは当然高いですが、求人サイトで外資系企業の企業の年収目安を調べると、700~2,500万まであり、1,000万円を超える求人は多くあります。

転職する

データサイエンティストとして年収を上げるなら、転職をするのが現実的です。一つの会社で昇給を狙うより、スキルの上達に合わせて会社を転職する方が効率的に年収を上げられます

まずは、自分の市場価値を正しく判断するために、レバテックキャリアなどの転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは転職のプロなので、客観的に市場価値を判断してくれます。

また、将来的に希望するポジションが有れば、そのためにどんなスキルを身につければ良いのかや、そのためのキャリアプランなども相談できるのでおすすめです。

年収を上げるためにおすすめの転職エージェント

レバテックキャリア

IT・WEBの中でもエンジニアに特化

レバテックキャリア イメージ

(出典:レバテックキャリア)

レバテックキャリアのポイント

  • 初回提案での内定率90%超え
  • 年収600万円以上の求人80%
  • 業界特化の専任アドバイザーが在籍
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価4

16,497件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧

東京/大阪/名古屋/福岡

レバテックキャリアのメリット

エンジニアに特化した豊富な求人数

レバテックキャリアは、IT・WEB業界のエンジニア系職種に特化した転職エージェントです。16年以上エンジニアに特化した実績により、特化型エージェントとしては14,000件以上の異例の求人数を誇ります。

専門領域の求人数は2021年9月時点で1位であり、IT特化であることから情報の専門性が高く、同業界への転職であれば必ず登録すべきエージェントだと言えます。

職種別の専門チームと業界特化の専任アドバイザー

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、エンジニア経験者やIT業界経験者が多く、他の転職エージェントと比べても業界知識の深さに定評があります。

実務経験に基づいたアドバイスができるほか、技術理解の高いコンサルタントが求職者の経験とスキルを深くまでヒアリングしてくれます。

レバテックキャリアは、IT領域のエンジニア・クリエイター人材業で上場した「レバレジーズ」が親会社であり、常に業界の情報をアップデートし、求職者それぞれの得意分野やプロジェクト相性を見抜いてくれます。

職務経歴書やポートフォリオ作成術を指導

レバテックキャリアでは、キャリア相談だけでなく、企業側の採用担当が会いたくなるような資料作成のやり方も教えてくれます。

多くの転職エージェントでは経歴書の添削のみですが、レバテックでは専門アドバイザーや現役エキスパートエンジニアから、Githubやポートフォリオのフィードバックを受けられます。

企業毎に異なる対策を伝授してくれるからこそ、常に高い企業マッチング率を維持することができています。

レバテックキャリアのデメリット

転職可能な地域が少ない

レバテックキャリアは、東京・大阪・名古屋・福岡の4拠点を中心に求人が掲載されているため、転職可能な地域が限られています。

広いエリアで求人をチェックしたい場合は、リクルートエージェントなど総合型の転職エージェントと併用しながら、求人を探すことをおすすめします。

未経験者の転職には弱い

レバテックキャリアで取り扱っているIT業界やエンジニア職は、経験やスキルを重視されるため、掲載されている求人も経験者向けのものが中心です。

即戦力を求めている企業も多いことから、未経験者からの転職は難しい場合もあります。

ただし、経験者採用に比べれば少ないですが、未経験求人も常時300件以上あります。また、就活生向けの特化サービス「レバテックルーキー」も運営しているため、登録して話は聞いてみるべきです。

レバテックキャリアの評判と口コミ

男性49歳

満足度

アドバイスが適切です

現在の職種がWeb関連なので、Web関連の求人で相談しました。レバテックキャリアはIT関連の求人に強いと聞いていただけあって、相談したスタッフも知識が豊富で、こちらの求める条件や相談に対して適切に回答してくれました。

女性32歳

満足度

LINEでサクサクとやりとりできる

今回、Webデザイナーとして転職をするためにレバテックキャリアを利用しました。メール添付で書類をお送りした後、実際に担当の方と会ってお話したのですが、担当のキャリアアドバイザーは30代前半くらいの女性の方で、サイトにもIT・Web業界の、業界への知識は豊富だと感じました。面談後のやりとりは、基本的にLINEを使用することになるのですが、一々メールを開く手間が省けるので助かりました。

女性46歳

満足度

豊富な案件数に大満足

とにかく求人数の多さには満足しました。私自身、給与の水準のことはもとより、福利厚生面の充実など多くのリクエストを出しましたが、合致する案件の紹介をたくさんしてくれました。レバテックキャリアはおすすめですよ。

男性49歳

満足度

IT以外の職種は求人少ない

メインはIT関連の求人で相談しましたが、別の職種も経験してみたいという思いや、今後の定年後の再雇用も見据え、IT以外の職種でも相談しました。しかし、IT以外の職種についてはあまり強くないのか、紹介された会社はあまり多くありませんでした。

女性32歳

満足度

サポートアフターフォローが微妙

いくつか求人を送っていただいたのですが、気になる求人は少なく…私の場合、書類選考のみでしたので、落選した際のご連絡も簡潔なものでした。結果的に他のエージェント経由で転職先を見つけたのですが、そのことをご報告した後に転職の状況を確認するテンプレートメールが届き、少々残念な気持ちになりました。

レバテックキャリア公式サイト

関連記事
レバテックキャリアの口コミ・評判

 

マイナビIT AGENET

マイナビのIT業界専門転職エージェント

マイナビITAGENTのトップ画像

マイナビITエージェントのポイント

  • 非公開求人率80%で優良企業に出会える
  • ITやWEB業界出身のアドバイザーが多数在籍
  • エンジニア職へ転職したい人におすすめ
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビIT AGENETのメリット

マイナビのIT業界専門部門

マイナビIT AGENETでは、マイナビエージェントの中でも、IT・WEBエンジニアへの転職を熟知した専任アドバイザーのサポートを受けられます

専任制であることで、業界を知る人しかわからない情報もキャッチアップしてくれるため、転職に向けたプランが立てやすくなります。

応募書類や面接対策の手厚いサポート

マイナビIT AGENETは、職務経歴書や応募書類の添削や推敲を無料でサポートしてくれます。企業が見るポイントから客観的にアドバイスし、選考通過率の向上につなげています。

さらに、面接が苦手な方に向けて模擬面接を実施しています。利用回数に制限はなく、夜間や土曜日の相談も受けているため、働きながらでも安心して面接対策を取ることができます。

企業の情報収集をバックアップ

マイナビIT AGENETには、リクルーティングアドバイザーという企業への営業担当がいます。担当している企業へ通うことで、企業の情報収集を徹底的に行います。

どんな人材が欲しいのか、社内の雰囲気はどうなのか、求人票だけでは知りえない情報をキャリアアドバイザーへ共有し、企業と求職者のマッチングに役立てます

マイナビIT AGENETのデメリット

ハイキャリア求人は多くない

マイナビエージェントは、応募するにあたっての年齢制限はありませんが、20代~30代の若手層向けの求人が多い傾向にあります。

そのため30代後半の方や、ハイキャリアを目指して転職活動を行う方には、求人数が少なくサポートも物足りないと感じる可能性があります。

企業担当アドバイザーとの連携不足

マイナビエージェントには、企業に訪問して求人を取ってくる営業担当と、求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーがおり、両者で連携して最新の企業情報を求職者に伝えて応募の参考にしています。

しかし担当によっては、営業とキャリアアドバイザー間での連携がうまくいかず、知識のズレにつながることもあるため、もらった情報に不満や疑問がある場合はしっかり確認しましょう

マイナビIT AGENETの評判と口コミ

男性34歳

満足度

サポート体制の充実

こまめに連絡をくれたり、進捗を確認してくれたりとサポート体制が充実していました。また、親身に話を聞いてくれたので非常にやりやすかったです。
対応の丁寧さがあったので、転職に対する不安というものは感じないで済みました。

男性32歳

満足度

転職へのサポート体制

転職サイトをいくつか登録して転職活動を継続しておりましたが、なかんか良い会社に巡り合えず、当サイトに登録いたしました。担当の方が親身になってアドバイスしていただき、
自身の特徴やアピールできる点を見出してくださったおかげで、履歴書や面接の際に過去の仕事経験をいかしてアピールをすることができた。また、サイト自体も見やすく、スムーズに活動することができた。

男性33歳

満足度

適切な距離感覚を

任せる場面は任せてもらいたいという点を感じました。手厚いサポートはうれしかったのですが、ニーズに合わせたサポートを展開してもらえると、より良かったと思います。
また、連絡が重複してしまう場面が何度かあったので、連絡をする際に困ったことが何度かありました。

男性31歳

満足度

求人数が少ない

サイトのサポート体制が充実していたが、他社の転職サイトと比較すると、転職する求人数が少ないように感じました。
また、希望の条件の絞り込みなどで、もう少し、カテゴリーなどを絞り込みことができれば、より効率的に求人を探すことができたのではないかと感じましたので、マイナス点といたしました。

マイナビIT AGENET公式サイト

関連記事
マイナビITエージェントの口コミ・評判

リクルートエージェントIT

幅広い職種の求人が探せる

リクルートエージェントIT イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントITのポイント

  • IT業界の求人数最多
  • IT業界の幅広い職種に対応
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

83,094件

非公開求人数

評価4

87,306件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントITのメリット

IT業界の求人数が最多
リクルートエージェントITは、公開・非公開求人合わせて16万件超を扱っています。IT業界に特化した転職エージェントと比較しても、非常に多くの求人を扱っています。

また、求人数が多い分、IT業界の幅広い職種に対応出来ます。IT業界で業務経験があり、キャリアチェンジやキャリアアップを目指す人におすすめです。

利用者の6割が年収アップ
リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職成功実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い
リクルートエージェントITは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。IT業界に精通したキャリアアドバイザーから、企業側の意向を意識した面接のアドバイスが受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントITのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる
リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。

業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

利用期間は最大3ヶ月
リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

リクルートエージェントIT
公式サイトはこちら

まとめ

データサイエンティストは平均年収が791万と、高い年収が期待できる職種です。ただし、求められるスキルは多く、転職難易度が高い職種でもあります。

データサイエンティストになるなら、データベース関連のIT職など、関連性の高い職種からの転職が近道です。IT業界未経験なら、まずはIT職へのキャリアチェンジを目指すのがおすすめです。

また、転職には必ずIT特化の転職エージェントを利用しましょう。レバテックキャリアマイナビITエージェントなど、複数の転職エージェントを利用するのが効率的です。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職成功実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事