キャリア相談室

【35歳までの転職】年齢別の必勝法

転職が当たり前の時代となった。20代、30代で転職することは一般化している。とはいえ、年齢別に気をつけるべき点は異なる。

今回は年齢別に注意するべきポイントをまとめてみた。下記に詳細はまとめたが、現職で実力が身につくのか否かが転職を決定する肝となる。

もし、今の現場で実力が身につかないと感じている人は、早めに転職を決意した方が良い。

なお、転職を決定した際は、早めに転職サイトとエージェントに登録してほしい。

サイトはビズリーチがおすすめだ。企業側からスカウトを受けることができるので、自分を評価してくれる企業一覧を簡単にピックアップすることができる。

また、エージェントは自分に合ったエージェントを見つけるのが良い。年齢によってもそうだが、業界によって必勝法は異なるので、より自分に合うエージェントに頼ることをおすすめする。

今、コンサルに勤めていて転職を希望する人は、アクシスコンサルティングに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてほしい。

年収アップを狙うハイクラス層の転職はJACリクルートメントがおすすめだ。

また、転職先の業界に見当が付いていない人は、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。

いずれのエージェントも経験豊富なので、あなたの転職をしっかりサポートしてくれるはずだ。

ぜひ活用してみてほしい。

新卒1年目の転職

新卒の転職は今の時代、普通だ。売り手市場なので、「働き口がないのでは」と心配することもない。

ただし、新卒で転職するということは、スキルや経験はほぼないと見なされるので、「なぜ転職するのか」を明確にしておかないと失敗する。

とりあえず今の環境が辛くて転職しました、という理由だと、うちに転職してもすぐにやめてしまうのでは?と勘違いされてしまうので、必ず理由は自分の中で言語化しておこう。

新卒2〜3年目の転職

ベンチャー企業に所属していれば、2、3年目でも即戦力として見なされる。

同職種であれば、スキルや経験をかなり深く質問されるだろう。自分がどんな経験を積んできて、同業種にもかかわらずその会社に転職しようと思った理由を整理する方が良い。

ちなみに、もし別職種で第二新卒として転職する場合は、新卒同様に扱われる。なので、上記の通り、「なぜ転職するのか」の理由を明確にしておかないと落とされてしまう。

どの業種に転職するかが分かれ目になるので、注意してほしい。

20代後半の転職

社会人としての基礎スキルは十分に整っていることが前提とされる。その上で、そのスキルや経験を転職先でどう活かせるかが選考の肝になる。

例えば、商社やコンサルの経験が十分にあり、そこからベンチャーに転職するとなると、スタートから管理職として受け入れられることもある。

経験次第では、かなり高いレベルでの結果出しを求められるので、その会社で自分は何ができるかを考えてほしい。

30代前半の転職

30代に入ると、管理職としてのスキルを求められる。つまり、マネジメントができるか否かが肝になる。

マネジメントの経験がないと、どうしてもメンバーレベルにしか転職できないので、注意してほしい。

ちなみに、どこまでもプレイヤーとして極めていくことも可能だ。その場合は、わかりやすく売り上げを立てた実績などを積んでおく必要がある。

マネジメントの経験がない人は、現職に残って、実績を残せないか、あるいはマネジメント経験を積めないかを検討することをおすすめする。

年齢が上がるほど、求められるレベルが上がる

年齢が上がるほど、どうしても求められるスキルや経験のレベルは上がる。

もしあなたが「いつか転職できればいいや」くらいに思っているのであれば注意だ。そのいつかがやってきた時に、全く実力がないということになれば、転職は難しい。

いつ転職するか決まっていない人ほど、実力が確実に身につく環境に身を置いた方が良い。

もし、転職した方が良いと感じる人は、今日にでも行動に移そう。転職サイトとエージェントへの登録は必須だ。

おすすめは、まずビズリーチに登録することだ。企業とエージェントからスカウトを受け取ることができるので、自分がどんな市場価値なのかを客観的に知ることができる。

なお、求人サイトに登録した後は、エージェントにも登録しよう。転職市場は水物なので、情報がかなり流動的だ。必ず、エージェントに登録して情報をキャッチアップしてほしい。

とはいってもサービスは複数あるので、下記から自分に当てはまるものを選んで活用するのが良いだろう。

まず、コンサルから転職したい方は、アクシスコンサルティングに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてほしい。

JACリクルートメントはハイクラスの転職に強いので、年収アップを同時に成し遂げたい人におすすめだ。

転職先の業界に見当が付いていない人は、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。

いずれのエージェントも経験豊富なので、あなたの転職をしっかりサポートしてくれるはずだ。

ぜひ活用してみてほしい。

今日は以上だ。

編集部のおすすめ転職サービスランキング