転職サイト

ビズリーチの審査で落ちる人の特徴とは?通過率を上げる方法を解説

ビズリーチはハイクラス層向けの求人を扱う転職サイトだ。

企業からの直接スカウトに加えて在籍するヘッドハンターからのスカウトをきっかけとして優良案件での転職を可能にしている。役員や管理職などの重要なポジションの求人も多く、ひとつ上のキャリアを目指したい人に適したサービスといえるだろう。

ハイクラスな求人でキャリアアップを目指したい人におすすめのビズリーチだが、利用するには審査を通過する必要がある。

本記事ではビズリーチ登録後に行われる審査について詳しく解説している。落とされるケースや審査の通過率を高める方法も紹介しているので、ビズリーチの利用を検討している人はぜひ最後まで読んでほしい。

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス コンサルティング公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・無料で使える

ビズリーチ登録後の審査とは?

ハイクラス転職サイトのビズリーチは、登録後に審査がある。審査を通過しなければ利用できない仕組みだ。

ビズリーチの審査は会員登録するすべての人が対象になっており、審査結果は登録後3営業日以内に通知される。

一般的な転職サイトは登録すれば審査なしで利用できるが、ビズリーチはハイクラス求人に特化したサイトのため、審査が設けられている。そのため、審査を通過した人は、質の高い求人を獲得できるチャンスが広がる。

ビズリーチの審査で落とされるケース

ビズリーチの利用は審査を通過することが前提だが、登録時に落とされるケースもある。

落とされた場合、なぜなのか理由が気になるところだが、ビズリーチでは不承認の理由を公開していない。

具体的にどんな審査基準によって合否を決めているのかは不明だが、公式サイトを確認すると、ビズリーチが保有する求人の応募条件を満たすだけのキャリアをもっているのかがひとつの基準になっているといえそうだ。

ビズリーチの審査で落とされる人の特徴

ビズリーチの審査は求人の応募条件を満たすだけのキャリアをもっていない人以外に、憶測にはなるが以下の理由に該当する人は落ちる可能性が高いといえる。

  • 職歴が浅い
  • 社会人未経験などの特殊な経歴
  • 現在の年収が低い
  • 転職回数が多い

これらの理由はビズリーチに登録して審査に落ちた人のツイートのつぶやきからも推測できる。ビズリーチで審査落ちする理由とともに実際に通過できなかった人のツイートも紹介していく。

職歴が浅い

ビズリーチが保有する求人のメインターゲットはハイクラス層だ。募集する側の企業も即戦力の人材を求めている。

業務経験が1~2年などと職歴が浅い場合、「ビズリーチが求める基準に達していない」「登録しても紹介できる求人はない」と判断され、審査にとおらないことがある。

職歴に加えて転職に有利な資格や肩書をもっていると審査を通過でき、さらに優良案件を紹介してもらえるチャンスが広がる。

社会人未経験などの特殊な経歴

既卒や社会人未経験、正社員経験がないと審査に落ちることがある。またフリーランスの場合も同様だ。

そのほかビズリーチが求人を保有していない特殊な職業(自衛官・作家・劇団員など)の場合も審査を通過できない可能性がある。

職歴が浅いことで審査を通過できないことにも通じるが、ハイクラス層向けの求人はこれまでにどれだけ経験を積んでいるか、即戦力になれるかが重要になる。

現在の年収が低い

ビズリーチの保有する求人の多くは、年収600万円以上といわれている。登録時に現在の年収について選択する項目もあるが、選択肢のなかで一番低い年収は「500万円未満」だ。

現在の年収が低い場合、ビズリーチの審査に落とされる可能性もあるが、年収が低くても審査を通過した例もある。

年収は低くても英語力が高い、国家資格を保有しているなど、転職に有利な条件を持ち合わせている場合は審査を通過できる可能性もあるようだ。

転職回数が多い

転職回数があまりにも多いと審査を通過できない可能性がある。

業界や職種が定まらず、なんとなく職を転々としている場合や、短いスパンで入社と退社を繰り返している場合などは危険だ。一方で、転職回数が多くても着実にキャリアアップしている人は転職市場で高い評価を受けることもある。

転職回数が多くてもそれにより習得したスキルなどをアピールできれば審査を通過することも可能だろう。

情報不足によって審査を通過できないケースもある

ビズリーチの審査に落ちる理由として、職歴が浅いことや転職回数の多さではなく、情報不足や情報の整合性がとれないことも理由として挙げられる。

実際に審査保留になった登録者もいるため注意が必要だ。

情報不足によって不承認になっている場合、審査の結果とともにその旨が記載されたメッセージが届く。不備を修正すれば審査を通過できる可能性もあるため対応しよう。

ビズリーチの審査通過率を上げるためにすべきこと

ビズリーチの審査は、こちらが記入した情報を元に合否を判断している。そのため、無料の会員登録をした後に求められる職務経歴書などの内容をいかに充実させられるかによって審査の通過率も変わってくるだろう。

審査通過のためには、登録時の「基本情報」と「詳細情報」の入力は正確に行うことが必須だ。

特に詳細情報にある「職務経歴」「職務要約」「スキル」の3つの項目は審査の合否におおいに関わってくるため、これまでの経験やスキルをしっかりと記入してアピールしよう。

ビズリーチでは基本情報の入力後にヘッドハンターからのスカウトを受けられるようになる。より希望にあったスカウトを受けたい場合は、詳細情報も記入することで、満足できる求人を提案されるようになる。

詳細情報を記入しておくと、「プラチナスカウト」が企業やヘッドハンターから届く確率が高まる。プラチナスカウトは面接・面談が確約されているスカウトのため、転職の決定率もアップする。審査に落ちないためにも手を抜かずに情報を入力して、優良案件で転職するチャンスを掴もう。

ビズリーチは一度落ちても再審査を受けられる

ビズリーチは審査に落ちてしまっても再審査を受けることが可能だ。一度落ちた人でも再審査を依頼して通過できたとの声も確認できる。

再審査を申し出る場合は、ビズリーチにログイン後、職務経歴書の内容を修正し、「変更を保存する」と書かれたボタンを押すと自動的に再審査が開始される。

どうしてもビズリーチを利用して転職したい場合は、以下の方法を実践したのちに再審査を依頼するといいだろう。

  • 職務経歴書の内容を充実させる
  • 現在の職場で結果を出す
  • 語学の習得やスキルアップを図る

職務経歴書の内容を充実させる

先述したが審査の合否は職務経歴書の内容が関係している可能性が高い。

職務経歴書のなかで以下の情報が正確に記入できているか、まずは確認しよう。

  • 企業名
  • 役職・部署名
  • 在籍期間

また以下のポイントを意識して職務経歴書を書き直してみよう。

  • 業務内容は自身の役割と成果をセットで記入する
  • 成果は数値化して定量的に記入する
  • 経歴はアピールしたい内容だけに絞って記入する

ビズリーチでは公式サイトに職種別の職務経歴書のサンプルを掲載している(職務経歴書サンプル|ビズリーチ)。職務経歴書の書き方がわからない場合は、サンプルを参考にすると充実した内容に仕上げられるだろう。

現在の職場で結果を出す

職務経歴書の内容を充実させる以前に、業務における成果やアピールしたい経歴がない場合、再審査を依頼してもまた落ちてしまう可能性が高い。

落ちるのを避けるには、現在の職場で結果を出すなど、焦らず自分自身を磨くことにまずは集中しよう。

営業職であれば、部署内でトップセールスになるなど、記載できる成果を上げる。管理職へのキャリアアップを目指す人はマネジメントを経験しておく。職務経歴書には役職を記入する項目もあるため、昇進したのちに再審査を依頼すると通過できる可能性が高まるだろう。

語学の習得やスキルアップを図る

審査を通過できる職務経歴書を作成するには、英語をはじめとした語学の習得や業務に関連したスキルアップを図ることも大切だ。

ビズリーチの求人には、日本を代表する企業の優良案件も多い。そのため一般の転職サイトと比べると利用している人の経歴やスキルのレベルも高い傾向にある。

英語であればTOEICなどで高得点をとる、MBAホルダーになるなど、語学の習得やスキルアップを図れば、転職市場で高く評価される人材になれる。語学力やスキルが身につけば、ビズリーチの審査通過はもちろん、転職活動を優位に進められるだろう。

再審査を通過できない場合は他サイトの利用も考えよう

ビズリーチは審査に通らなくても何度でも再審査を依頼できる。しかし再審査でも落ちてしまうこともあるだろう。再審査に落ちてしまった場合、ビズリーチにこだわらず一旦別の転職エージェントやサイトの利用をおすすめする

ビズリーチ以外にもハイクラス層向けの求人を扱う転職エージェントやスカウト型転職サイトは存在する。審査もなく利用できるため、いくつか登録して自分に向いているサイトか検討しよう。

審査なしで利用できるハイクラス層向けのサイトは、「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめだ。また、幅広い求人のなかから転職先を見つけたい人は、「リクルートエージェント」の利用が向いている。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)はハイクラス転職におすすめ

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は、リクルートが運営するハイクラス層向けのヘッドハンティングサービスだ。大手企業のリクルートが運営するだけに安心感もある。

リクルートダイレクトスカウトは、登録後にレジュメを作成することで企業やヘッドハンターからスカウト受けられる。

取り扱う求人は大企業の幹部、管理職、マネージャーなどで、年収は800万円~2000万円が多くなっている。

ビズリーチと同じようにヘッドハンターからのスカウトにより、優良案件による転職も可能だ。リクルートダイレクトスカウトは審査がなく、誰でも無料で利用できる。ビズリーチの審査を通過できなかった人は、リクルートダイレクトスカウトに登録して転職活動を進めてみよう。

リクルートエージェントは幅広い求人を求める人におすすめ

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントだ。求人数も業界最大級を誇っている。利用すれば幅広い求人のなかから自分に合った転職先を見つけることが可能だ。

リクルートエージェントも審査がなく、登録すれば無料で利用できる。

リクルートエージェントは、登録後に担当のキャリアアドバイザーと面談を行い、非公開求人を含めた案件のなかから希望の条件に合った求人を紹介してもらえる。

書類の添削や面接対策にも力を入れており、履歴書・職務経歴書の書き方、面接のポイントをアドバイスしてもらえる。

希望者が参加できる「面接力向上セミナー」は、面接官の視点から合格できる面接のノウハウを伝授してもらえる機会だ。利用者からは「参加してよかった」「参考になった」との声も多い。

 

面接に苦手意識をもっている人や不安な人は、「面接力向上セミナー」に参加することを目的に登録・利用するだけでもメリットが得られるだろう。

まとめ

ビズリーチに登録する際の審査について解説してきた。

審査を通過して利用できれば質の高い求人を自ら検索でき、企業やヘッドハンターからのスカウトも受けられる。

審査を通過できなかったとしても、再審査を受けられるため、ビズリーチを利用して転職したい人は、職務経歴書を充実させるなどして再チャレンジしてもいいだろう。

ハイクラスな求人でキャリアアップしたい人は、まずビズリーチに登録してみよう。また、ハイクラス求人を探すには、リクルートダイレクトスカウトJACリクルートメントの併用がおすすめだ。

ABOUT ME
キャリハイ転職編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に、より良いキャリア選択や、悩み解消の一助になる情報をお届けすることを目指しています。 外資系企業、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップ、起業など、さまざまなバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。 各執筆者の見解・持論は、編集部全体を代表するものではございません。
編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多30万件の求人数
  • ・転職支援実績No.1
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス コンサルティング公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・無料で使える
関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス