Sansanの平均年収が知りたい! 年代別の年収やボーナスを徹底解説

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エヌリンクスが制作しています。

最近テレビCMなどでもよく見かける「Sansan」は、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」などを提供する企業だ。

2020年の有価証券報告書によると全社員の平均年収は621万円だ。

今回は「Sansan」の年収について詳しく解説していく。

こんな方におすすめ
  • Sansanへの転職を考えている
  • 年齢別の年収が知りたい
  • ボーナスはどのくらいもらえるの?

このようにお考えの方はぜひ最後までお付き合いいただければと思う。

IT転職に強い転職エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【ハイクラスの非公開求人あり】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
ワークポートワークポート公式サイト
  • 【IT業界未経験の人におすすめ】
  • ・IT/WEB/ゲーム業界の転職に強い
  • ・未経験でも応募できる求人が多い
  • ・第二新卒の転職者向け

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

Sansanの平均年収は621万円!

Sansanは2007年に創立し、2019年にプライムに上場した企業だ。主な事業として、クラウド名刺管理サービスの開発及び販売を行っており、個人向けサービス「Eight」や法人向けサービス「Sansan」を提供している。

Sansanの会社概要は以下だ。

  • 従業員数:928名
  • 平均年齢:32.3歳
  • 勤続年数:2.6年

ここ数年の年収の推移をリサーチしてみたところ、直近2年分のデータが公開されていた。

2018年 601万3000円
2019年 635万4000円

競合他社と年収比較したいところだが、国内のクラウド名刺管理サービスにおけるSansanのシェアは圧倒的なので、国内SaaS企業の平均年収と比べてみる。

  • ・Sansan:621万円
  • ・ラクス:609万円
  • ・マネーフォワード:614万円
  • ・freee:686万円

近年上場した成長中の国内SaaS企業においては、Sansanの平均年収は他社並みの水準と言えるだろう。

もし、Sansanのような企業・年収帯で転職したいのであれば、IT企業に特化した転職エージェントのレバテックキャリアに登録しよう。個人ではわからない企業の内部情報などを教えてくれるので効率的に活動できる。

IT転職に強い転職エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【ハイクラスの非公開求人あり】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
ワークポートワークポート公式サイト
  • 【IT業界未経験の人におすすめ】
  • ・IT/WEB/ゲーム業界の転職に強い
  • ・未経験でも応募できる求人が多い
  • ・第二新卒の転職者向け

Sansanの年齢別年収

Sansanの年齢別の年収について独自の調査で算出した数値をもとに解説していく。この記事の中で記載されている平均年数は全て大卒の方を基準としてご紹介する。

20代後半:500~600万円

20代後半は若手社員の育成にあたったり、なかには管理職のポジションにつく方もいる年代だ。Sansanの新卒採用の募集要項に記載されている初任給は、月給 350,000円~+賞与(想定年収4,900,000円~)だ。

Sansanの20代後半の平均年収は500万円を超えると予想される一般的な20代後半の平均年収325万円と比較しても200万円弱多く、かなり好条件であることがわかるだろう。

そのため、Sansanに転職を考えている、もしくは今貰っている給料に満足していないなら、転職サービスを活用すべきだろう

転職サービスは数多く存在しているが、その中でも、レバテックキャリアはIT業界に特化した転職エージェントであり、転職成功率も高いのでおすすめする。

30代前半:550~700万円

Sansanの平均年齢は32歳なので、30代前半というと、社員の中でも中堅クラスに入ってくる。

一般の30代前半の平均年収が約400万円であることと比較しても、200万円ほど差があることがわかる。チームを牽引していくポジションにつくことも多くなるため、その分給与に反映されているのだろう。

30代後半:600~800万円

30代後半は、経験やスキルがとても重視される年代だ。また、管理職として登用されることが多いことからも、会社を牽引していくポジションにつくことが期待されるとも言えるだろう。

40代前半:700~90.万円

40代後半にもなると、特にベンチャー企業では、会社の経営を担う立場につく方も多くなってくる。

Sansanの40代前半の平均年収は800万円と推測される。40代の平均年収が450万円であることから、平均をかなり上回る年収が期待できる。

なお、Sansan以外の高年収な仕事の求人を持つのが、転職サイトのビズリーチだ。求人の3分の1程度が年収1,000万を超える仕事である。

Sansan以外にも魅力的な仕事を探したい人は、登録しておいて損はないだろう。

いまより年収を上げたい方へ

「現職で年収アップできる気がしない」

「転職したいけど会社選びが難しい」

こんな悩みを抱えていないだろうか?実は、年収を上げる最短ルートは、そもそもの平均年収が高い会社に転職することだ。

年収600万円以上のハイクラス求人を中心に扱っている「ビズリーチ」なら、収入が上がる優良企業に転職できる可能性がかなり高い。

調査機関によるリサーチでも、2022年に「最も満足度が高い転職サービス№1」と評価されている。無料登録していればスキルにあったオファーが届くので、活用するのがおすすめだ。

▶ビズリーチの公式サイトはこちら

Sansanの職種別年収

Sansanが現在募集している2021年12月時点の中途求人情報などを参考に、役職別の年収について解説していく。

セールスマネージャー候補:650〜900万円

営業部門のリーダーとして、複数名のメンバーマネジメントを担う役職だ。

チームリーダーとしての経験やマネージャー経験が必要だが、営業経験が3年以上あれば応募できるため、20代の若手の方でもでも応募できる職種だろう。

データサイエンティスト職:450〜1500万円

社会理論を武器に名刺交換の価値を拡張することをミッションに掲げるのが、このデータサイエンティスト職だ。

データ分析を用いた実務経験やプログラミングスキル、そして社会科学分野での博士号や同等の資格の所有者であることが条件だ。スキルによっては、1500万円以上の年収を目指すこともできる。

データサイエンティストの求人を探すなら「レバテックキャリア」を見てみよう。実際にSansanの求人が掲載されており、募集内容も確認できるのでまず相談するのがおすすめだ。

サービス開発エンジニア:550〜1200万円

「Sansan」の機能のひとつである「Datahub」の開発や運用を担う役職だ。

Sansanを顧客管理ツールやマーケティングオートメーションと連携させることで、社内に散らばるデータを正しくひとつに統合していくことが求められる。

アプリケーションの開発経験やC#によるオブジェクト指向開発経験が求められるが、経験年数などは求められていない。スキル次第では、20代でも1000万円以上の年収も夢ではない職種といえるだろう。

Sansanのサービス開発エンジニアへ応募するなら「レバテックキャリア」がおすすめだ。IT・WEB業界のエンジニア系職種に特化しており、14,000件以上の異例の求人数を誇る。

Web&グラフィックデザイナー:500〜900万円

各種デザインを通して、Sansanの価値をより多くの方たちに届ける役割を担う職種だ。

パンフレットやバナー、営業資料など、その業務は多岐にわたる。デザイナーとしての経験が3年以上あれば誰でも応募できる職種のため、実力次第ではかなりの高収入を得ることもできるだろう。

レバテックキャリア」などの転職エージェントに求人募集があるので、ぜひ確認してみてほしい。

エンジニア転職ならIT特化の転職エージェントがおすすめ

IT転職に強い転職エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT・Web業界に特化】
  • ・ITエンジニア専門エージェント
  • ・自社開発、上流工程の紹介多数
  • ・年収アップ率80%の実績あり
ビズリーチビズリーチ公式サイト
  • 【ハイクラスの非公開求人あり】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万円以上の方向け
  • ・レジュメ登録で転職率UP
ワークポートワークポート公式サイト
  • 【IT業界未経験の人におすすめ】
  • ・IT/WEB/ゲーム業界の転職に強い
  • ・未経験でも応募できる求人が多い
  • ・第二新卒の転職者向け

エンジニアの転職時に、絶対に登録すべきサービスは「レバテックキャリア」「ビズリーチ」「ワークポート」の3つだ。転職エージェントは、複数登録することで効率よく転職活動を進めらる

レバテックキャリアは、IT業界でもエンジニア特化の転職エージェントだ。ハイクラス求人が中心だが、未経験者向けの求人も少なくない。

ビズリーチはハイクラス向けの転職エージェントで、企業からスカウトを待つだけで良いので併用に最適だ。ワークポートは、若年層のIT転職に強みがある他、無料スクールも併設しており、未経験者なら外せない。

Sansanの役職別年収

Sansanの役職別の年収について、独自の調査で算出した数値をもとに解説していく。

係長:450~700万円

Sansanでは、一般的な係長に相当する役職がリーダーだ。たとえばセールスマネージャーだと、想定年収は650〜1000万円である。

リーダーの具体的な仕事のイメージとしては、一般的な業務に加え、部下のマネジメントが加わることだ。

一般的に係長に昇進する平均年齢は30代前半であることから、20代後半から30代前半の方たちがまず目指す役職といっても過言ではないだろう。

チームリーダーとしての資質はもちろんのこと、より高度な仕事や交渉力、そして管理能力も求められるため、その責任は一般社員に比べ格段に増えるだろう。

マネージャー:650~1000万円

Sansanでは、一般的な課長に相当する役職がマネージャーだ。たとえばセールスマネージャーだと、想定年収は650〜1000万円である。

課長とは、所属している課を取りまとめる役職のことをいう。会社の成長を支える中核的なポジションとして、課のマネジメントはもちろん、将来の昇格に向けて実績を積んでいく時期といえるだろう。

一般的に、課長に昇進する平均年齢が39歳前後なので、30代の方たちの多くが目指すポジションだが、Sansanの場合は平均年齢が若いため、30代前半でも課長職につける方も多いと推測される。

部長:1000万円前後

部長は、大きく分けて以下の2つの役割がある。

  1. 経営資源を管理する
  2. 利益を生み出す仕組みをつくる

経営資源とは、「人材=社員」、「商品・商材」、「資金」の3つのことを指し、それぞれを上手く使って会社の経営をしていくのが部長の役割だ。

そして、会社の経営をよくしていくためには利益を生み出す仕組みづくりも重要だ。どのように人材を雇用するか、事業に対してどの程度の予算をかけるのかなど、利益を生み出すための準備を任されているのが部長職なのだ。

責任もかなり大きいため、部長の役職がつくと年収1000万円を超えるのだ。

Sansanのボーナスはどのくらい?

転職する際に気になるポイントとして、ボーナスが挙げられるだろう。こちらの章では、Sansanのボーナスについて解説していく。

ボーナスは1月・7月に支給(年2回)

Sansanでは年に2回、1月と7月にボーナスが支給される。

エンジニア職は年俸制のため賞与が変動することはないが、営業職の場合は成績によって賞与が変動するという。

合計で50〜100万円

口コミなどを参考にボーナスの総支給額を算定してみたが、合計で50〜100万円ということだった。その総額はあまり多くはないように見えるが、年に2回支給されるのは魅力的だといえるだろう。

子会社・関連会社の年収は?

Sansanの子会社や関連会社についてご紹介していく。

ログミー:400〜600万円

2013年に設立したログミーは、スピーチや対談、記者会見などの内容を書き起こしてログ化し、その情報を多くの方達に届けるサービスを展開している企業だ。

2020年の8月にSansanが子会社化したことで話題となった。

ログミーでは、現在大きく分けて2つの職種での募集がされている。

  • 編集:300〜420万円
  • 営業:400〜600万円

Sansan Global PTE. LTD.:年収非公開

Sansanは、2015年にシンガポールに海外子会社として「Sansan Global PTE. LTD.」を設立し、アジア地域への事業を展開してきた。

残念ながら年収は非公開のためご紹介できないが、経営環境がダイナミックに動く東南アジア地域でのニーズを取り込み、事業拡大を目指している。

Sansan Corporation:年収非公開

Sansanは米国市場への挑戦として、2013年にアメリカ本土に子会社を設立した。

残念ながら、こちらも年収非公開のためご紹介できない。

海外でも名刺管理はデータベース化することが主流となっており、EvernoteやCamCardなどのサービスがあるが、それらの競合他社と戦っていき、シェアを広げていきたいと考えているようだ。

第二新卒・中途で入社時の年収イメージ

Sansanに第二新卒や中途採用で入社した場合、どの程度の年収になるのか気になるだろう。実際の求人内容を参考に考えてみた。

第二新卒で営業職の場合:目安450〜600万円

第二新卒の場合、営業職やエンジニア系の職種などでの募集が多く見られた。中でも、法人営業職の場合は、年収450〜600万円を目指すことができる。

中途(20代後半):目安450〜650万円

「社会人経験3年以上」と記載された求人に注目すると、20代後半の方のスキルや経験にあった職種を探すことができるだろう。

総合職やエンジニア、デザイナーなど多くの職種においての募集が確認できたので、興味のある方はぜひチェックしていただきたい。

中途(30代前半):目安700〜900万円

30代前半の場合は、リーダーやマネージャー候補の募集が多く、高水準な年収が多く確認できた。

「社会人経験5年」というキーワードでぜひ転職活動を進めていっていただき、経験やスキルがマッチしたものを探していただきたい。

まとめ

Sansanの年収について解説してきた。若い人材が多く集まる企業のため、コミュニケーションも盛んで和気あいあいとした雰囲気の中で業務にあたることができるのは魅力だろう。

Sansanへの転職を考えているの方はぜひこの記事を参考にしてもらい、入社後の年収イメージを持っていただければと思う。また、是非ともSansanへの転職をものにして欲しい。

そのために、欠かせないのが転職サービスである。あなたの経歴を気に入った企業からオファーが来るので、転職を有利に進められる。少しでも転職を考えているなら使わない手はないだろう。

まず、おすすめしたいのが「レバテックキャリアだ。IT業界に特化した転職エージェントなので、Sansan含む大手IT企業への転職も期待できるだろう。

転職のノウハウを熟知しているので、選考を有利に進めるためのポイントなども教わることができる。

また、高収入の求人を多く扱っているビズリーチもおすすめだ。希望にあった求人を専門のエージェントが紹介してくれるし、Sansanの非公開求人に出会うこともできるかもしれない。

複数の転職エージェントに登録し、転職活動を有利に進めよう

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事