ADHDに向いている仕事は?ミス・悩みの対策や適職・転職のコツを紹介

ADHDに向いている仕事は?

※マイナビ、リクルートなど各社のプロモーションを含みます。
※この記事は有料職業紹介(許可番号:13-ユ-314522)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エヌリンクスが制作しています。

「ADHDに向いている仕事はない?」

「ADHDの仕事での対策を知りたい」

ADHDは「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」とも呼ばれる発達障害の一種ですが、昨今では支援制度も充実し、働きやすさも増しています。しかし、ADHDに向いている仕事や、仕事上での注意点・対策が分からない。

そこでこの記事では、ADHDの人に向いている仕事やうまく働く方法を紹介します。おすすめの働き方や、休職の方法・支援制度、転職のコツも記載しているので、仕事や転職の参考にしてください。

転職の際は、マイナビエージェントビズリーチの利用がおすすめです。いずれもサポート体制が充実している転職サービスであり、選考を有利に進められます。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

ADHDとはどんなもの?

ADHDとはどんなもの?

ADHDとは

ADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)は「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」とも呼ばれる発達障害の1つです。症状には、主に「不注意」「多動性」「衝動性」の3つがあります

どの症状が出るかは人によるので、ADHDの人全員が症状を3つ抱えているわけではありません。

ADHDと診断されるのは、学童期の子どもで3~7%、成人で2.5%ほどと言われています。学童期では、女児より男児の方が、3~5倍多くADHDと診断されるようですが、成人では同程度の男女比です。

参考:ADHD(注意欠如・多動症)|NCNP病院

ADHDの利点・得意なこと

利点・得意なこと

  • 好奇心が旺盛
  • 興味のあることに集中できる
  • 高い行動力・決断力
  • 素早い判断
  • クリエイティブな発想

ADHDは、好奇心が旺盛な点や興味のあるものに集中できることが利点で、行動力が必要なこと・素早い判断が必要なこと・クリエイティブな発想が必要なことなどが得意です。多動性や衝動性が利点になることが多いです

行動や思考に制限がかかりにくいことで、ADHDではない人が悩んでしまう場面でも素早い行動ができます。利点・得意なことを生かした転職には、転職エージェントがおすすめです。

中でもおすすめなのがマイナビエージェントです。キャリアアドバイザーへ相談することで、求職者ごとに適した求人を紹介してもらえます。ハイクラスに強いビズリーチも併用して、多くの求人を見ると良いでしょう。

ADHDの悩み・苦手なこと

悩み・苦手なこと

  • 注意力・集中力が低い
  • 落ち着きがない
  • 忘れ物が多い
  • チームプレイ
  • 順番待ち
  • 静かにする
  • スケジュール管理

ADHDの悩みは、注意力や集中力が低い・落ち着きがない・忘れ物が多いことなどで、苦手なことは、チームプレイや順番待ち・静かにする・スケジュール管理などが挙げられます。不注意の症状が原因で起こるものが多いです。

ただし、普段は集中力がなくても、興味のあることを見つけると過集中を発揮する人もいます。過集中は、物事に没頭できる反面、自身の体力以上に活動してしまう場合があります。

ADHDに向いている仕事・働き方は?

ADHDに向いているし度と・働き方は?

向いている仕事・働き方

  • 個人作業
  • 個人の技術が重要な仕事
  • フレックスタイム制

ADHDに向いている仕事は、個人で行う作業がメインな仕事や、個人の技術が重要な仕事です。ADHDは、注意力や集中力が低いので、チームワークが必要な仕事や自身のミスが致命的な事態を引き起こす仕事は不向きです。

フレックスタイム制のような、自由に勤務できる働き方が良いでしょう。また、ADHDの症状に対して、理解のある職場を探すことも重要です。

仕事の見つけ方

  • ハローワーク
  • 就労移行支援事業所
  • 障害者向け転職エージェント

ADHDにおすすめな仕事の見つけ方は、障害者の就職支援機関やサービスを利用することです。障害者の就職に対して、豊富な知識と経験を持ったスタッフが求人を紹介してくれます。

ハローワーク

ハローワークは「民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担う、国(厚生労働省)の機関」です(厚生労働省より)。

就職を希望する障害者に対する専門的な支援も行っており、障害について専門的な知識を持つ担当者がサポートをしてくれます

参考:ハローワークインターネットサービス

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は「一般企業への就職を目指す障害のある方を対象に、就職に必要な知識やスキル向上のためのサポート」を行う事業所です。

学校のように通いながら、職業訓練や就活のサポートを受けられます。就労移行支援事業所には、LITALICOワークスなどがあります。2021年の就職後定着率は91.3%を誇り、実績のある事業所です。

参考:よくわかる!就労移行支援|LITALICOワークス

障害者向け転職エージェント

障害者向けの転職エージェントも存在します。

障害者向けのdodaチャレンジランスタッドチャレンジなどの転職エージェントを利用すれば、求人の紹介から入社して定着するまでの間、サポートを受けられるので利用するべきです。

障害者向けのエージェントは数多く存在するので、複数登録して比較すると良いでしょう。

ADHDに合った仕事7選一覧

ADHDに合った仕事7選一覧

職種 おすすめ度
軽作業
事務
営業職
デザイナー
プランナー
プログラマー
研究職

軽作業|おすすめ度・高

軽作業はADHDにおすすめの仕事です。難しい作業が少なく、1人で黙々と作業を行う場合が多いので、マルチタスクが苦手な人でも業務をこなせます。作業内容の単純さから、自身に合った環境で業務が可能です。

事務|おすすめ度・高

事務はADHDにはおすすめです。事務作業は、データ分析や書類の作成といった、一度やり方を覚えてしまえば作業の負担が少ない業務が多いです。

最近では、マニュアルやノウハウをまとめている企業は多いので、仕事を覚えるのにもそこまで苦労はしないでしょう。デスクワークな事もあり、静かな環境での仕事が可能な点もおすすめです。

営業職|おすすめ度・高

営業職に向いているADHDの人も多いです。営業の中でも、個人に対する営業が向いているでしょう。一般消費者の家をまわり、商品やサービスを顧客に提供します。

未経験でもなりやすい職種であり、行動力が高い人や思い切りのいい人には特におすすめです。

デザイナー|おすすめ度・中

デザイナーはADHDの特性を生かせる仕事です。デザイナーと一言に言っても、かなり幅広いジャンルに存在します。webサイトやポスター、書籍の表紙などのデザインを作成するのが仕事です。

デザインの技術が必要な仕事ですが、ADHDの「興味があることに集中できる」特性を生かして、素早く技術を習得できれば、活躍の場は見つけやすいでしょう。

プランナー|おすすめ度・中

プランナーはADHDの特性が生かせます。いわゆる企画職で、各分野の専門知識をもとに企画立案をします。ADHDの素早い判断ができる特性や自由な発想が発揮できる職種です。

新商品を発売するための商品企画や、商品・サービスを広めるための宣伝・広告企画、営業戦略を立案し営業をサポートする営業企画などがあります。

ウェディングプランナーやゲームプランナーなど、プランナーは様々な分野に存在し、資格が不要な物もあるので、自身の興味がある業界を探しましょう。

プログラマー|おすすめ度・中

プログラマーもADHDに向いていると言われています。プログラミングは専門スキルの必要な業務ですが「興味があることに集中できる」特性を発揮できれば、普通の人よりも仕事ができる場合があります。

また、PCに向かっての作業なため、人間関係のストレスが少ない点もおすすめです。プログラミングのスキルを付けるには、書籍やWebを活用して独学で学ぶほか、プログラミングスクールに通うと良いでしょう。

なお、研修制度の充実した企業が多いため、知識なしでも採用されるケースもあります。

研究職|おすすめ度・低

研究職もADHDが活躍できる可能性のある職種です。デザインーやプログラマーよりも専門性が高く、就職の難易度は高いですが、研究に没頭したり調査のために即行動出来る人には向いています

学生時代に学んでいたことを生かせる場合もあるので、人によっては就職先の候補に入ります。

ホワイト企業に強い転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20~30代におすすめ】
  • ・20~30代が信頼するエージェントNo1
  • ・18万件以上の非公開求人あり
  • ・内定までを専任でサポート
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収600万以上からの支持No1
  • ・レジュメ登録で転職率UP
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【幅広い業界に対応】
  • ・業界トップクラスの求人数
  • ・独自ツールで転職活動をサポート
  • ・独自分析した企業情報の提供あり

ADHDに向いていない仕事

ADHDに向いていない仕事

向いていない仕事・職種例

  • 医療・介護・福祉
  • 旅行関係
  • 金融関係
  • 消防士
  • 通訳
  • 人事

ADHDは、ミスをする可能性が人よりも高いので、特に人命に関わる仕事は避けた方が良いでしょう。また、マルチタスクも苦手なので、一度に複数の業務を抱えなければいけない仕事も向いていません。

具体的には、医療系や消防士のような、自身のミスが致命的な事態を引き起こす可能性のある仕事や、旅行関係や金融関係といったマルチタスクが必須になる仕事は避けるべきです。

ADHDの仕事術・ミスの対策

ADHDの仕事術・ミスの対策

メモやチェックリストを作る

ADHDは忘れ物が多いので、メモやチェックリストを作って、忘れ物への対策を行うべきです。必要なものをメモしておけば、忘れ物をする確率はぐっと減らせます

スケジュール帳にタスクを書く

スケジュール帳を用意してタスクを把握すれば、タスクの漏れやタスク圧迫によるミスを減らせます。

ADHDは、複数のタスクがあると優先順位を考えずに取り組んでしまう傾向があるので、どのタスクが大事なのか把握して予定を立てましょう

職場に障害を明かす

職場に障害を明かして、タスクに配慮してもらうのは有効な手段です。ADHDを隠したまま仕事をすると、周りからミスの多さを責められたり、自身に合わない仕事を任され続けて体を壊してしまいます

理解のある職場なら、障害を明かせば業務内容の変更や、上司・同僚がサポートしてくれるなどの対応をしてくれます。しかし、理解の無い企業も存在するので、理解を得られなかった場合は転職を考えましょう。

ADHDに理解のある企業を探すには、転職エージェントを利用するべきです。おすすめの転職エージェントは、dodaチャレンジです。大手であるdodaが運営しており、障害者の転職実績No.1を誇るので、安心して任せられます。

ADHDで仕事が続かない・つらいなら休職もあり

ADHDで仕事が続かない・つらいなら休職もあり

ADHDで仕事が続かない、つらいという人は休職も選択肢に入ります。休職をすれば、自身の療養に努められますし、資格などの勉強に時間を充てられます。休職を検討している人は、まず病院に行って診察をしてもらいましょう。

休職の必要があるか、医師が判断をしてくれます。休職の必要がある場合、休職について就業規則の確認は必須です。休職は可能か、休職に必要なものは何か、休職中の給料はどうなるか理解しておくべきです。

休職に診断書が必要な場合は、病院や産業医から休職診断書を受け取りましょう。休職診断書を貰ったら、企業ごとの必要書類を記入・提出すれば休職が可能です。

ADHDが受けられる支援

ADHDが受けられる支援

  • 自立支援医療制度(精神通院医療)
  • 障害者手帳(精神障碍者保健福祉手帳)
  • 障害年金
  • 生活保護
  • 傷病手当金

ADHDの人は、様々な支援が受けられます。病気の治療のために通院や休職を考えていても、治療費や生活費が不安で行動に移せない人は確認しましょう。

自立支援医療制度(精神通院医療)

自立支援医療制度(精神通院医療)は、精神疾患の診断や治療にかかった医療費の負担を軽減する制度です。全ての精神疾患が対象で、通院・デイケア・訪問看護で申請が可能です。

通常の保険では3割までしか軽減されませんが、自立支援医療制度では1割まで軽減されます。また、所得が一定未満の人に対して自己負担額の上限が設定されており、上限を超えた分の医療費は支払いが免除されます。

参考:自立支援医療(精神通院医療)について|厚生労働省

障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)

障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)は、一定程度の精神障害の状態にあることを認定するものです。1級から3級まであり、精神疾患の状態と能力障害の状態から等級が決められます。

等級に応じて様々なサービスを受けられ、税金の控除や公共交通機関・公共施設の利用料金が割引可能です。また、自治体や事業者によって独自に提供するサービスが受けられます。

障害者雇用の枠もあり、症状に配慮のある仕事に就いて、支援を受けながら働くことも出来ます。

参考:障害者手帳|厚生労働省

障害年金

障害年金は、病気や怪我によって生活や仕事などが制限された場合に受け取れる年金です。障害基礎年金と障害厚生年金の2種類があり、どちらも要件を満たせば現役世代も受け取れます。

参考:障害年金|日本年金機構

生活保護

生活保護制度は、生活に困窮する人に程度に応じた保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障して自立を助長する制度です。要件を満たした方に、最低生活費から収入を差し引いた差額を支給します。

対象は、不動産や預貯金などの資産・就労能力等あらゆるものを活用しても生活が困窮している人です。

参考:生活保護制度|厚生労働省

傷病手当金

傷病手当金は、病気休業中の被保険者と家族の生活を保障するための制度です。業務外の病気や怪我で仕事を4日以上休んだ人に支給されます。休んだ期間中に、傷病手当金以上の給与をもらっている人は対象外です。

参考:傷病手当金|全国健康保険協会

ADHDの就職・転職方法

ADHDの就職・転職方法

ADHDの方の就職・転職方法は、オープン就労とクローズ就労の2種類があります。オープン就労は、自身の障害を企業に伝える就職方法で、クローズ就労は障害があることを伝えない方法です。

オープン就労

オープン就労は、自身の障害を企業に伝えるので、障害に対しての支援を受けられる点がメリットです。勤務形態の融通や、通院・服薬も配慮してもらえます。

ただし、給与水準が低くなりがちで、求人の幅も狭いです。給与よりは働きやすさを重視したい人におすすめです。オープン就労で就職・転職先を探す場合、転職エージェントを利用しましょう。

オープン就労におすすめな転職エージェントは、dodaチャレンジです。障害者向けのエージェントでは求人数も多く、実績が豊富なので転職成功率が高いです。

クローズ就労

クローズ就労は、自身の障害企業に伝えないので、健常者と同じ給与水準の求人に応募ができます。ただし、障害に対する配慮は受けられないうえ、業務内容が合わずに苦労する可能性もあります。

クローズ就労は、収入を重視したい人におすすめですが、障害のためにしんどくなることを覚悟するべきです。クローズ就労には、求人数の多い転職エージェントを利用しましょう。

おすすめの転職エージェントは、マイナビエージェントビズリーチです。求人数が多ければ、障害を持っていても働きやすい求人が見つかる可能性が高まります。

ADHDの就職のコツ

ADHDの就職のコツは、求人をたくさん見ることです。障害者向けの求人は少ないうえ、せっかく就職できても、自身に合った職種でないと仕事が続きません

自身の症状とマッチした仕事を見つけるため、転職サイトや転職エージェントを利用して、可能な限りたくさんの求人を確認しましょう。

ADHDの面接のポイント

ADHDの面接のポイントは、オープン就労なら自身の症状についてしっかり話すこと、クローズ就労なら転職エージェントなどで、担当者と面接対策を行うことです。

症状の配慮があるとはいっても、すべての症状が分かることはないので、自身の症状をしっかりと話しましょう。ハローワークや就労支援機関には、面接で担当者が代わりに必要な配慮を説明してくれる支援もあります。

クローズ就労では、障害を明かさないため、障害があると分かってしまうと採用確率が一気に下がります。面接練習をしっかり行って、話す内容を頭に入れて臨むべきです。

ADHDにおすすめ転職エージェント

転職サービス 特徴
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
ビズリーチビズリーチ
リクルートエージェントリクルート
エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング

マイナビエージェント

20~30代の転職なら断トツでおすすめ

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
評価 ★★★★★
求人数 非公開
得意領域 未経験、既卒・第二新卒
雇用形態 正社員、契約社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡)

※2023年8月時点

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントは、若手の求職者に人気の大手転職エージェントです。新卒就職で最大手のマイナビが運営し、着実に実績を積んできています。

志望業界ごとに専任のキャリアアドバイザーがいるので、業界の情報を踏まえて応募書類の添削や面接対策を丁寧にサポートしてくれるのが魅力です。

さらに、面接が苦手な方に向けて模擬面接を実施しています。利用回数に制限はなく、夜間や土曜日の相談も受けているため、働きながらでも安心して面接対策をしてもらえます。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
そーさいさん|20代前半|男性|WEB業界|2021.01.31
良い点
|ヒアリングが丁寧でした
初回の面談時、まだ自分の中で転職の軸が定まっておらず、一からお話をすることになりました。 今の仕事の話で嫌なことや楽しいこと、大学時代の話や就職活動の時の話などを聞きながら、自分が何を大切にしているのか、なにが嫌なのかが明確になり、軸ができてきました。
悪い点
|レベル感が合わなかった
期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)「ちょっと挑戦的だけど、提案してみました」と言っていましたが、挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。
男性アイコン
ahoyさん|20代後半|男性|調理師・栄養士|2021.01.25
良い点
|転職エージェントの中では一番良かった。
大手と呼ばれるエージェントの中では一番親身で希望通りの求人を紹介してもらえました。担当者の方のレスポンスも早く、ストレスが無かったです。転職活動は上昇だけを目指して行っていたのでかなり贅沢な内容で探していましたが最後まで丁寧な対応でした。
悪い点
|後々に
後々に自分で見つけた求人の方がもしかして好条件ではって思うところがありました。勿論内情はしらないですしエージェントの方はプロですのでネットで拾えた求人より質は高いと信じていますが、そこだけが若干引っかかっている部分ではあります。
男性アイコン
しんさん|20代前半|男性|事務員|2021.01.16
良い点
|求人の多さ
求人は多く,他サイトと比較しても多く感じました。最初の希望だけは来てもらえた。メールで事前対応をしてもらったのですがそこは普通で特に不満な点はなかった。その他でいい点は特になかった。私自身の本位とは全くかけ離れた対応が目立った。
悪い点
|対応がひどい
面談を行ったが,私の目的を聞いても全く親身になってくれず,露骨にため息もつかれ最悪だった。志望する業界に対する知識不足感が素人目でも分かり,不信感が募るばかり。話し方も上から目線で偉そうで最低な対応。

ビズリーチ

年収アップにおすすめの転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
評価 ★★★★★
求人数 90,369件
得意領域 ハイクラス
雇用形態 正社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • (渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島)

※2023年8月時点

ビズリーチの特徴

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。登録すると過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージが届きます。

スカウトは厳選された優良企業やヘッドハンターから直接届きます。キャリアに自信がある求職者におすすめの転職エージェントです。

また、ビズリーチでは税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランで、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえます。まずは、無料プランから利用してみましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性アイコン
ニックネームさん|20代後半|男性|ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)|2021.10.13
良い点
|自身のキャリアアップに繋がった
ビズリーチに掲載されているものは専門的でハイクラスな求人が多く、自身が望むようなキャリアアップにかなり繋がりました。また、ハイクラスな業務内容なため、前職よりも大幅に年収をアップすることに成功しました。
悪い点
|転職先が決まるまでに時間がかかった
基本的に企業からスカウトされるのを待つ形式なため、スカウトをもらえなければ、転職先が見つかるまでに時間がかかりました。私自身若手ということもあり、あまりアピールできる実績がなく、スカウトが来るまでに時間がかかりました。
男性アイコン
たかしさん|20代後半|男性|製造業|2021.05.07
良い点
|ヘッドハンターの数が多い
とにかくヘッドハンターの数が多く、誰を選んでいいのか迷うぐらいたくさんのヘッドハンターからのスカウトがありました。自分のやりたことと照らし合わせながらヘッドハンターを選べるのは良いと思いました。また、専門分野に特化したヘッドハンターもいて専門性を求める人には良いサービスだと思いました。
悪い点
|アフターフォローが今ひとつ
アフターフォローがもう少しあっても良いのではないかと思いました。登録後ビズリーチの担当から電話があり、今後の進め方などの説明がありましたが、それ以降何も連絡がなく、困った時にどこに問い合わせていいかわからなかったです。

リクルートエージェント

業界トップクラスの転職エージェント

リクルートエージェント

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 公開・非公開求人数が業界トップクラス
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーがサポート
  • 書類の添削や面接対策が手厚い
評価 ★★★★★
求人数 596,882件
得意領域 幅広い業界・年代に対応
雇用形態 正社員
対応エリア 全国

▼拠点(タップで開閉)
  • 丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

※2023年12月時点

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントは、求人数・転職実績ともに国内トップクラスの転職エージェントです。非公開求人数も20万件以上を誇り、豊富な選択肢の中から自分に合った転職先を探せます。

書類添削や面接対策が充実しており、選考を通過しやすい書類の書き方や企業が見る面接のポイントなど、転職成功率を高めるサポートが受けられるのが強みです。

キャリアアドバイザーの丁寧なヒアリングや、求職者に寄り添ったアドバイスなども評判が良く、年齢や業界を問わずおすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性アイコン
27歳|男性
良い点
|転職サポートが丁寧
どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。
悪い点
|専門職の求人は少なめ
好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。
女性アイコン
32歳|女性
良い点
|理想の求人に巡り合えた
大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。
悪い点
|地方在住の大卒以外だと使いにくい
地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

ADHDの仕事に関するよくある質問

ADHDが原因で仕事ができない時はどうすればいい?

ADHDが原因で仕事ができない時は、転職を考えましょう。ADHDの人に向いている職業も存在します。仕事によっては、健常者よりも成果を出せる場合もあり得ます。

転職には、マイナビエージェントdodaチャレンジなどの転職エージェントを利用しましょう。障害者向けの求人が多く、ADHD向けの仕事を紹介してくれます。

▼ADHDに合った仕事7選

ADHDの人にどう接するべき?

ADHDの人への接し方は、ADHDの人を否定しない事です。障害のせいでできないことを無理やり矯正すると、うつ病などを発症する可能性があります。

まとめ

ADHDを持っていても、向いている仕事はあります。個人作業や個人の技術が重要な仕事を探すと良いでしょう。症状によりますが、軽作業職や事務職、営業職がおすすめです。

また、ADHDの人に向けた支援も多く、ハローワークのような国の機関や、LITALICOワークスのような就労移行支援事業所といった就労支援から、自立支援医療など金銭面の支援もあります。

就労支援としては、マイナビエージェントビズリーチなどの転職エージェントもおすすめです。dodaチャレンジのような障害者向けのサービスも併用することで、自身に合った仕事を探せます。

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめの転職サービス

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング
公式サイト
  • 【コンサル業界特化型】
  • ・非公開求人多数
  • ・充実した転職支援
  • ・転職支援実績No.1
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
ホワイト企業
ランキング
IT企業
ランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事