ADHDに向いている仕事は?ミス・悩みの対策や適職・転職のコツを紹介

ADHDに向いている仕事は?

「ADHDに向いている仕事はない?」

「ADHDの仕事での対策を知りたい」

ADHDは「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」とも呼ばれる発達障害の一種ですが、昨今では支援制度も充実し、働きやすさも増しています。しかし、ADHDに向いている仕事や、仕事上での注意点・対策が分からない。

そこでこの記事では、ADHDの人に向いている仕事やうまく働く方法を紹介します。おすすめの働き方や、休職の方法・支援制度、転職のコツも記載しているので、仕事や転職の参考にしてください。

編集部おすすめ転職サービス3選
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代~30代におすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・無期限の手厚い転職サポート
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職成功実績No.1
デューダdoda公式サイト
  • 【転職者満足度No.1】
  • ・リクルートに次ぐ求人10万件超
  • ・転職エージェントとサイト一体型
キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

ADHDとはどんなもの?

ADHDとはどんなもの?

ADHDとは

ADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)は「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」とも呼ばれる発達障害の1つです。症状には、主に「不注意」「多動性」「衝動性」の3つがあります

どの症状が出るかは人によるので、ADHDの人全員が症状を3つ抱えているわけではありません。

ADHDと診断されるのは、学童期の子どもで3~7%、成人で2.5%ほどと言われています。学童期では、女児より男児の方が、3~5倍多くADHDと診断されるようですが、成人では同程度の男女比です。

参考:ADHD(注意欠如・多動症)|NCNP病院

ADHDの利点・得意なこと

利点・得意なこと

  • 好奇心が旺盛
  • 興味のあることに集中できる
  • 高い行動力・決断力
  • 素早い判断
  • クリエイティブな発想

ADHDは、好奇心が旺盛な点や興味のあるものに集中できることが利点で、行動力が必要なこと・素早い判断が必要なこと・クリエイティブな発想が必要なことなどが得意です。多動性や衝動性が利点になることが多いです

行動や思考に制限がかかりにくいことで、ADHDではない人が悩んでしまう場面でも素早い行動ができます。利点・得意なことを生かした転職には、転職エージェントがおすすめです。

dodaチャレンジatGPでは、ADHD向けの求人も多く、利用すれば転職成功率を高められます。リクルートエージェントdodaも併用して、多くの求人を見ると良いでしょう。

ADHDの悩み・苦手なこと

悩み・苦手なこと

  • 注意力・集中力が低い
  • 落ち着きがない
  • 忘れ物が多い
  • チームプレイ
  • 順番待ち
  • 静かにする
  • スケジュール管理

ADHDの悩みは、注意力や集中力が低い・落ち着きがない・忘れ物が多いことなどで、苦手なことは、チームプレイや順番待ち・静かにする・スケジュール管理などが挙げられます。不注意の症状が原因で起こるものが多いです。

ただし、普段は集中力がなくても、興味のあることを見つけると過集中を発揮する人もいます。過集中は、物事に没頭できる反面、自身の体力以上に活動してしまう場合があります。

ADHDに向いている仕事・働き方は?

ADHDに向いているし度と・働き方は?

向いている仕事・働き方

  • 個人作業
  • 個人の技術が重要な仕事
  • フレックスタイム制

ADHDに向いている仕事は、個人で行う作業がメインな仕事や、個人の技術が重要な仕事です。ADHDは、注意力や集中力が低いので、チームワークが必要な仕事や自身のミスが致命的な事態を引き起こす仕事は不向きです。

フレックスタイム制のような、自由に勤務できる働き方が良いでしょう。また、ADHDの症状に対して、理解のある職場を探すことも重要です。

仕事の見つけ方

  • ハローワーク
  • 就労移行支援事業所
  • 障害者向け転職エージェント

ADHDにおすすめな仕事の見つけ方は、障害者の就職支援機関やサービスを利用することです。障害者の就職に対して、豊富な知識と経験を持ったスタッフが求人を紹介してくれます。

ハローワーク

ハローワークは「民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担う、国(厚生労働省)の機関」です(厚生労働省より)。

就職を希望する障害者に対する専門的な支援も行っており、障害について専門的な知識を持つ担当者がサポートをしてくれます

参考:ハローワークインターネットサービス

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は「一般企業への就職を目指す障害のある方を対象に、就職に必要な知識やスキル向上のためのサポート」を行う事業所です。

学校のように通いながら、職業訓練や就活のサポートを受けられます。就労移行支援事業所には、LITALICOワークスなどがあります。2021年の就職後定着率は91.3%を誇り、実績のある事業所です。

参考:よくわかる!就労移行支援|LITALICOワークス

障害者向け転職エージェント

障害者向けの転職エージェントも存在します。障害者向けのビズリーチマイナビエージェントなどの転職エージェントを利用すれば、求人の紹介から入社して定着するまでの間、サポートを受けられるので利用するべきです。

dodaチャレンジatGPランスタッドチャレンジドなど、障害者向けのエージェントは数多く存在するので、複数登録して比較すると良いでしょう。

ADHDに合った仕事7選一覧

ADHDに合った仕事7選一覧

職種 おすすめ度
軽作業
事務
営業職
デザイナー
プランナー
プログラマー
研究職

軽作業|おすすめ度・高

軽作業はADHDにおすすめの仕事です。難しい作業が少なく、1人で黙々と作業を行う場合が多いので、マルチタスクが苦手な人でも業務をこなせます。作業内容の単純さから、自身に合った環境で業務が可能です。

事務|おすすめ度・高

事務はADHDにはおすすめです。事務作業は、データ分析や書類の作成といった、一度やり方を覚えてしまえば作業の負担が少ない業務が多いです。

最近では、マニュアルやノウハウをまとめている企業は多いので、仕事を覚えるのにもそこまで苦労はしないでしょう。デスクワークな事もあり、静かな環境での仕事が可能な点もおすすめです。

営業職|おすすめ度・高

営業職に向いているADHDの人も多いです。営業の中でも、個人に対する営業が向いているでしょう。一般消費者の家をまわり、商品やサービスを顧客に提供します。

未経験でもなりやすい職種であり、行動力が高い人や思い切りのいい人には特におすすめです。

デザイナー|おすすめ度・中

デザイナーはADHDの特性を生かせる仕事です。デザイナーと一言に言っても、かなり幅広いジャンルに存在します。webサイトやポスター、書籍の表紙などのデザインを作成するのが仕事です。

デザインの技術が必要な仕事ですが、ADHDの「興味があることに集中できる」特性を生かして、素早く技術を習得できれば、活躍の場は見つけやすいでしょう。

プランナー|おすすめ度・中

プランナーはADHDの特性が生かせます。いわゆる企画職で、各分野の専門知識をもとに企画立案をします。ADHDの素早い判断ができる特性や自由な発想が発揮できる職種です。

新商品を発売するための商品企画や、商品・サービスを広めるための宣伝・広告企画、営業戦略を立案し営業をサポートする営業企画などがあります。

ウェディングプランナーやゲームプランナーなど、プランナーは様々な分野に存在し、資格が不要な物もあるので、自身の興味がある業界を探しましょう。

プログラマー|おすすめ度・中

プログラマーもADHDに向いていると言われています。プログラミングは専門スキルの必要な業務ですが「興味があることに集中できる」特性を発揮できれば、普通の人よりも仕事ができる場合があります。

また、PCに向かっての作業なため、人間関係のストレスが少ない点もおすすめです。プログラミングのスキルを付けるには、書籍やWebを活用して独学で学ぶほか、プログラミングスクールに通うと良いでしょう。

なお、研修制度の充実した企業が多いため、知識なしでも採用されるケースもあります。

研究職|おすすめ度・低

研究職もADHDが活躍できる可能性のある職種です。デザインーやプログラマーよりも専門性が高く、就職の難易度は高いですが、研究に没頭したり調査のために即行動出来る人には向いています

学生時代に学んでいたことを生かせる場合もあるので、人によっては就職先の候補に入ります。

ADHDに向いていない仕事

ADHDに向いていない仕事

向いていない仕事・職種例

  • 医療・介護・福祉
  • 旅行関係
  • 金融関係
  • 消防士
  • 通訳
  • 人事

ADHDは、ミスをする可能性が人よりも高いので、特に人命に関わる仕事は避けた方が良いでしょう。また、マルチタスクも苦手なので、一度に複数の業務を抱えなければいけない仕事も向いていません。

具体的には、医療系や消防士のような、自身のミスが致命的な事態を引き起こす可能性のある仕事や、旅行関係や金融関係といったマルチタスクが必須になる仕事は避けるべきです。

ADHDの仕事術・ミスの対策

ADHDの仕事術・ミスの対策

メモやチェックリストを作る

ADHDは忘れ物が多いので、メモやチェックリストを作って、忘れ物への対策を行うべきです。必要なものをメモしておけば、忘れ物をする確率はぐっと減らせます

スケジュール帳にタスクを書く

スケジュール帳を用意してタスクを把握すれば、タスクの漏れやタスク圧迫によるミスを減らせます。

ADHDは、複数のタスクがあると優先順位を考えずに取り組んでしまう傾向があるので、どのタスクが大事なのか把握して予定を立てましょう

職場に障害を明かす

職場に障害を明かして、タスクに配慮してもらうのは有効な手段です。ADHDを隠したまま仕事をすると、周りからミスの多さを責められたり、自身に合わない仕事を任され続けて体を壊してしまいます

理解のある職場なら、障害を明かせば業務内容の変更や、上司・同僚がサポートしてくれるなどの対応をしてくれます。しかし、理解の無い企業も存在するので、理解を得られなかった場合は転職を考えましょう。

ADHDに理解のある企業を探すには、転職エージェントを利用するべきです。おすすめの転職エージェントは、dodaチャレンジです。大手であるdodaが運営しており、障害者の転職実績No.1を誇るので、安心して任せられます。

ADHDで仕事が続かない・つらいなら休職もあり

ADHDで仕事が続かない・つらいなら休職もあり

ADHDで仕事が続かない、つらいという人は休職も選択肢に入ります。休職をすれば、自身の療養に努められますし、資格などの勉強に時間を充てられます。休職を検討している人は、まず病院に行って診察をしてもらいましょう。

休職の必要があるか、医師が判断をしてくれます。休職の必要がある場合、休職について就業規則の確認は必須です。休職は可能か、休職に必要なものは何か、休職中の給料はどうなるか理解しておくべきです。

休職に診断書が必要な場合は、病院や産業医から休職診断書を受け取りましょう。休職診断書を貰ったら、企業ごとの必要書類を記入・提出すれば休職が可能です。

ADHDが受けられる支援

ADHDが受けられる支援

  • 自立支援医療制度(精神通院医療)
  • 障害者手帳(精神障碍者保健福祉手帳)
  • 障害年金
  • 生活保護
  • 傷病手当金

ADHDの人は、様々な支援が受けられます。病気の治療のために通院や休職を考えていても、治療費や生活費が不安で行動に移せない人は確認しましょう。

自立支援医療制度(精神通院医療)

自立支援医療制度(精神通院医療)は、精神疾患の診断や治療にかかった医療費の負担を軽減する制度です。全ての精神疾患が対象で、通院・デイケア・訪問看護で申請が可能です。

通常の保険では3割までしか軽減されませんが、自立支援医療制度では1割まで軽減されます。また、所得が一定未満の人に対して自己負担額の上限が設定されており、上限を超えた分の医療費は支払いが免除されます。

参考:自立支援医療(精神通院医療)について|厚生労働省

障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)

障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)は、一定程度の精神障害の状態にあることを認定するものです。1級から3級まであり、精神疾患の状態と能力障害の状態から等級が決められます。

等級に応じて様々なサービスを受けられ、税金の控除や公共交通機関・公共施設の利用料金が割引可能です。また、自治体や事業者によって独自に提供するサービスが受けられます。

障害者雇用の枠もあり、症状に配慮のある仕事に就いて、支援を受けながら働くことも出来ます。

参考:障害者手帳|厚生労働省

障害年金

障害年金は、病気や怪我によって生活や仕事などが制限された場合に受け取れる年金です。障害基礎年金と障害厚生年金の2種類があり、どちらも要件を満たせば現役世代も受け取れます。

参考:障害年金|日本年金機構

生活保護

生活保護制度は、生活に困窮する人に程度に応じた保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障して自立を助長する制度です。要件を満たした方に、最低生活費から収入を差し引いた差額を支給します。

対象は、不動産や預貯金などの資産・就労能力等あらゆるものを活用しても生活が困窮している人です。

参考:生活保護制度|厚生労働省

傷病手当金

傷病手当金は、病気休業中の被保険者と家族の生活を保障するための制度です。業務外の病気や怪我で仕事を4日以上休んだ人に支給されます。休んだ期間中に、傷病手当金以上の給与をもらっている人は対象外です。

参考:傷病手当金|全国健康保険協会

ADHDの就職・転職方法

ADHDの就職・転職方法

ADHDの方の就職・転職方法は、オープン就労とクローズ就労の2種類があります。オープン就労は、自身の障害を企業に伝える就職方法で、クローズ就労は障害があることを伝えない方法です。

オープン就労

オープン就労は、自身の障害を企業に伝えるので、障害に対しての支援を受けられる点がメリットです。勤務形態の融通や、通院・服薬も配慮してもらえます。

ただし、給与水準が低くなりがちで、求人の幅も狭いです。給与よりは働きやすさを重視したい人におすすめです。オープン就労で就職・転職先を探す場合、転職エージェントを利用しましょう。

オープン就労におすすめな転職エージェントは、dodaチャレンジatGPです。障害者向けのエージェントでは求人数も多く、実績が豊富なので転職成功率が高いです。

クローズ就労

クローズ就労は、自身の障害企業に伝えないので、健常者と同じ給与水準の求人に応募ができます。ただし、障害に対する配慮は受けられないうえ、業務内容が合わずに苦労する可能性もあります。

クローズ就労は、収入を重視したい人におすすめですが、障害のためにしんどくなることを覚悟するべきです。クローズ就労には、求人数の多い転職エージェントを利用しましょう。

おすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントdodaです。求人数が多ければ、障害を持っていても働きやすい求人が見つかる可能性が高まります。

ADHDの就職のコツ

ADHDの就職のコツは、求人をたくさん見ることです。障害者向けの求人は少ないうえ、せっかく就職できても、自身に合った職種でないと仕事が続きません

自身の症状とマッチした仕事を見つけるため、転職サイトや転職エージェントを利用して、可能な限りたくさんの求人を確認しましょう。

ADHDの面接のポイント

ADHDの面接のポイントは、オープン就労なら自身の症状についてしっかり話すこと、クローズ就労なら転職エージェントなどで、担当者と面接対策を行うことです。

症状の配慮があるとはいっても、すべての症状が分かることはないので、自身の症状をしっかりと話しましょう。ハローワークや就労支援機関には、面接で担当者が代わりに必要な配慮を説明してくれる支援もあります。

クローズ就労では、障害を明かさないため、障害があると分かってしまうと採用確率が一気に下がります。面接練習をしっかり行って、話す内容を頭に入れて臨むべきです。

ADHDにおすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職成功実績No.1
  • 業界最多40万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

277,380件

非公開求人数

評価4

276,080件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超
リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。 また、求職者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。
求職者の6割が年収アップ
リクルートエージェントは、求職者の6割が年収アップした実績があります。転職成功実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。 転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。
書類準備や面接対策のサポートが手厚い
リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。 また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる
リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。 リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。
利用期間は最大3ヶ月
リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。 今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。
また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。
また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。
他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。
地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い
マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。 若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。
業界に特化したキャリアアドバイザー
マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。 業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。
転職サポートが無期限
マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。 無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない
マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。 30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。
担当者のサポートにばらつきがある
マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。 転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

関連記事
マイナビエージェントの口コミ・評判

dodaエージェント

リクルートと共に登録すべきエージェント

doda イメージ

(出典:dodaエージェント)

dodaのポイント

  • 転職者満足度No.1
  • 会員数が業界最大級の約600万人
  • 転職サイトと一体化して利用可能
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

162,106件

非公開求人数

評価4

38,142件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
東京/札幌/仙台/横浜/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡

dodaエージェントのメリット

転職者満足度No.1のサポート内容
dodaエージェントは、電通の口コミ調べで、転職者満足度No.1を獲得しています。サポートの質はもちろん、求人の質が高いのもdodaエージェントの魅力です。 応募書類の添削や面接対策は、個々に合ったサポートを受けられます。年収交渉や面接日程の調整なども、専門のキャリアアドバイザーが行ってくれます。
転職サイトも併せて登録できる
dodaエージェントは、転職サイト「doda転職」を一緒に登録できます。他サービスは、転職エージェントと転職サイトのアカウントを別々に登録しなければいけない場合が多いです。 転職サイトを併用するメリットは、気になる求人を自分のペースで閲覧できることです。転職活動を効率良く進めるには、転職エージェントだけでなく、転職サイトも利用するのがおすすめです。
年収査定や履歴書作成ツールなど機能が豊富
dodaエージェントは、年収査定や履歴書ツールなど、無料で使える機能が豊富です。年収査定では、doda会員186万人のビッグデータに基づき、自分の適正年収とおすすめの求人を紹介してくれます。 履歴書作成ツールでは、ガイドに沿って入力するだけで、履歴書・職務経歴書を簡単に作成できます。WordやPDFでダウンロードできるので、提出もスムーズに行えます。

dodaエージェントのデメリット

1日に何十件も企業紹介メールが届く
dodaエージェントは、転職サイトも同時に登録されるため、1日に何十件も企業紹介メールが届きます。ブロックすると、dodaエージェント側からのメールも届かなくなるのが厄介です。 企業紹介メールは、希望条件に合った求人を送っている可能性が高いです。そのため、希望条件を絞るなどすると、届くメールの量が減るかもしれません。
サポート期間が3ヶ月限定
dodaエージェントは、面談から転職先が決まるまでのサポート期間を約3ヶ月としています。3ヶ月経ったら、自動的に退会になるわけではなく、あくまで目安として設けられているものです。 再度登録をすることも可能で、引き続きサポートをしてもらうよう申し出ることもできます。

dodaエージェントの評判と口コミ

女性28歳

満足度

親身にキャリアを考えてくれた

他の転職エージェントは、とにかくどんどん応募してくださいというスタンスで辟易していたが、dodaは真剣に「そのためには今後のキャリアでどのような企業に行くべきなのか」を、転職しない道も視野に入れてカウンセリングしてくれた点が高評価です。何度も電話など私に時間を使っていただき、信頼感が持てました。

女性33歳

満足度

担当者が熱心で対応が良い

面談時、どのような業種が良いのか、転職をするうえで外せない条件はあるか、など、真剣にヒアリングしてくれる対応に好感を持てました。 また初めての転職活動であることを伝えると、ご自身の体験談を交えながらアドバイスをして下さったことも。 電話終了後、迅速におすすめの求人を紹介してもらい、対応の速さにも満足です。

男性37歳

満足度

プロによる職務経歴書の添削が良い

初回の面談でオフィスに出向き、アドバイザーと面談しました。こちらの希望条件を伝えたり、職務経歴書を添削してくれました。 正直、職務経歴書は自分自身でしっかり作成できているほうだと思いましたが、修正の嵐。。プロの目線でアドバイスをもらえたので、本当に助かりました。

女性26歳

満足度

担当者の業界知識が浅い

転職のカウンセリングはたくさんしていただき、手厚いサポートを受けましたが、担当の方はそれぞれの企業の情報には詳しくないという印象を受けました。勧めてくれる企業がどんな企業風土なのか、またどのような人材を必要としているか、気になるところですが、HPベースでの情報提供しか無かったので、その点は少し残念に感じました。

男性38歳

満足度

希望しない職種を紹介してくる

キャリアアドバイザーからいくつか求人を紹介されたのですが、私が希望しない職種の求人ばかりでした。Twitterでも、希望しない職種を送ってくるとのツイートが多かったので、dodaに限らず他の転職エージェントもそうなのだと思います。

関連記事
dodaエージェントの口コミ・評判

ADHDの仕事に関するよくある質問

ADHDが原因で仕事ができない時はどうすればいい?

ADHDが原因で仕事ができない時は、転職を考えましょう。ADHDの人に向いている職業も存在します。仕事によっては、健常者よりも成果を出せる場合もあり得ます。

転職には、dodaチャレンジatGPなどの転職エージェントを利用しましょう。どちらも障害者向けのエージェントなので、ADHDけの求人を紹介してくれます。

▼ADHDに合った仕事7選

ADHDの人にどう接するべき?

ADHDの人への接し方は、ADHDの人を否定しない事です。障害のせいでできないことを無理やり矯正すると、うつ病などを発症する可能性があります。

まとめ

ADHDを持っていても、向いている仕事はあります。個人作業や個人の技術が重要な仕事を探すと良いでしょう。症状によりますが、軽作業職や事務職、営業職がおすすめです。

また、ADHDの人に向けた支援も多く、ハローワークのような国の機関や、LITALICOワークスのような就労移行支援事業所といった就労支援から、自立支援医療など金銭面の支援もあります。

就労支援としては、転職エージェントもおすすめです。dodaチャレンジatGPといった障害者向けのものはもちろん、リクルートエージェントdodaなども利用するべきです。沢山の求人を見れば、自身に合った仕事を探せます。

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職成功実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス