37歳で転職は厳しい?スキルなし未経験や男女別の転職のコツを解説

37歳で転職は厳しい?

「37歳の転職は厳しいと聞いた」

「37歳でスキルなしじゃ転職は無理?」

37歳は働き盛りの年齢ですが、出世の限界が見えてくる年でもあり、転職するか悩む人も多いです。しかし、転職を考えていても「37歳で転職なんて遅い、もう無理なのでは?」と悩んでしまいます。

そこで、この記事では37歳の転職は厳しいのか、スキルなし・未経験でも転職できるのかを紹介しています。転職成功・失敗の特徴や転職におすすめの職業についても解説しているので、転職活動の参考にしてください。

また、転職活動を行うなら、ビズリーチの利用がおすすめです。30代以上がターゲット範囲の転職サイトで、年収アップの実績が高く、経験を活かしたキャリアアップが見込めます

編集部おすすめ転職サービス3選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収500万以上の方向け
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代~30代におすすめ】
  • ・20代が信頼するエージェントNo1
  • ・無期限の手厚い転職サポート
10016リクルート
エージェント
公式サイト
  • 【求人数業界No.1】
  • ・業界最多40万件の求人数
  • ・転職成功実績No.1

30代向け転職サイト・エージェントはこちら

キャリハイプロフィール
キャリハイ@編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に役立つ情報提供を目指しています。外資系、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップなど、様々なバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。

目次

37歳の転職は厳しい?

37歳の転職は厳しくない

転職者
内定獲得率
男性 女性
20代 39.7% 42.8%
30代 44.4% 36.7%
40代 46.1% 57.6%
50代 43.2% 60.6%

出典:転職動向調査 2021年版(2020年実績)|マイナビ

37歳の転職が厳しいということはありません。30代の面接企業からの内定獲得率は男性で44.4%、女性で36.7%です。確率的には3社面接を受ければ内定を得られます

dodaの調べでは転職者の平均年齢は31.7歳で、男性に限れば平均年齢32.5歳と、37歳の転職は特段遅くはありません。また、ハイクラス向けのビズリーチでは、転職成功者の60%が35歳以上となっています。

以前は「35歳転職限界説」といった話もありましたが、現在は37歳でも転職を成功させる人は多く、37歳だからと転職を諦める必要はありません。

37歳のスキル無し・未経験でも転職可能

性別 異職種への
転職率
異業種への
転職率
30代男性 38% 46.9%
30代女性 36.7% 53.7%

出典:転職動向調査 2021年版(2020年実績)|マイナビ

37歳のスキル無し・未経験でも転職は可能です。マイナビの調査では、30代の異業界への転職率は50%前後、異なる職種への転職率は40%弱もあります。

経験職種やスキルを活かした転職に比べれば、転職活動はハードになりますが、少なくない人が30代でも未経験転職を成功させています。

37歳でも、スキルなしや未経験では転職できないと悲観する必要はなく、やりたいことがあれば積極的に挑戦すべきでしょう。ビズリーチリクルートエージェントで、自身が目指せる仕事を探してみるのを勧めます。

37歳での転職成功談・失敗談

【成功談】転職エージェントを利用し年収アップ

男性アイコン 30代後半男性
自分が複数ある転職サイト、エージェントから選んで利用したのは「dodaエージェント」です。 理由としては、「求人数が多い」ことと「中小企業の求人案件が中心に取り扱っている」ことです。 dodaエージェントを利用してみて感じたことは、理由の通りのエージェントだったので良かったことと「サポート体制がしっかりとしていた」ことです。 自分は転職活動自体が初めてだったので、不安があったのですが、担当者が付いてくれ、こちらが希望した通りの求人案件の紹介や履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、アドバイスなど様々なサポートをしてくれました。 dodaエージェントの担当者のおかげで、同じ業種だったのですが前職よりも年収が「50万円」ほど上がり、労働環境も良くなりました。 転職することに不安なことが多く、担当者には悩みの解決策やアドバイスを相談することができたのは本当に良かったと感じています。また転職する機会があったら、dodaエージェントを利用しようと思っています。

【成功談】女性向け転職サイトを利用して転職成功

女性アイコン 30代後半女性
エン転職で転職活動を行いました。 サイトやアプリはとて見やすく使いやすかったので、活動もスムーズに進めることができました。 女性の転職に力をいれているようで、沢山の中から選ぶ事ができてよかったです。 条件も様々から選ぶことができて、女性が働きやすい仕事が多く載っていました。 転職してからもフォローをしっかり行ってくれるので心強かったです。 職種は同じ業種で見つけることができました。 年収は少し高くなり転職できてよかったと思います。

【成功談】年齢で転職に苦労した

男性アイコン 30代後半男性
37歳の時に今の職場に転職しました。 転職サイトはリクナビnextの求人でした。 転職サイトは他にも数個使用していましたが、特に転職エージェントや担当者等はいませんでした。 年齢も37歳と上の方になるので、まず求人の募集要項の年齢で応募すらできない所が多かったです。 また年齢不問の求人もなかなか面接まで行けず、書類選考で止まってしまうことがほとんどでした。 やはり転職するには37歳という年齢はかなり苦労するポイントだと思いました。 職種は営業職から営業職なので変化はなく、取り扱い商材も以前販売していた商品と似ていることから苦労はあまりなかったです。 初年度の年収はあまり変わりませんでしたが、コロナの影響もあり2年目以降は下がりました。 ただ、元の職場にいてもコロナの影響は受ける事は間違いないのであまり変わらないと思います。 転職で苦労した点は年齢が一番でした。

【失敗談】転職活動は在職中にすべき

男性アイコン 30代後半男性
リクルートエージェントを利用しました。 対面で面談を行い、親身に転職理由を聞いてくれた印象ですし、自身のキャリアに即した求人を提案してくれました。 苦労したのは、職を辞めてしまい、転職活動をしたことです。 なぜ辞めてしまったのか・・理由は色々ありましたが、正直、足下見られます。 年収面では特にその部分が出てきて、交渉ができませんでした。 実際、年収は下がってしまうこととなりました。ただ、仕事をしないければ、生活もままならなくなってしまうので、渋々です。 今後、転職する方に言いたいのは、現職は辞めずに時間と余裕を持って、行動することですね。

【失敗談】転職サービスは複数使うべき

男性アイコン 30代後半男性
利用した転職エージェントはリクルートです。自分の場合はアルバイトから正社員を目指して転職活動を行っていました。希望業務は製造・生産業だったのになぜか営業の職を勧められ、アルバイト内容が接客・販売業だから年収アップを考えるとそちらがいい的な感じで言われました。確かに進められた所にすぐ内定頂きましたが、合わな過ぎて早期離職しました。そこからまた転職活動です。苦労したポイントというか今現在苦労してます。もし転職を考えていらっしゃる方がいるのであれば、複数の転職エージェントに相談して、自分流の統計を取る事をおすすめします!

37歳でも転職を成功させている人は多くいます。ただし、離職中に転職活動を行った、転職サービスを一つしか使わなかったなどで、転職に失敗している人もいるので、注意点として頭に入れておきましょう。

ただし、転職サイトを使わずに転職成功させている人もおり、個々人に合った転職方法はそれぞれ異なります。様々なサービスを試して、自分に向いているサービスや転職方法を試すのがおすすめです。

37歳の転職割合|データで検証

転職入職率2021拡大する

出典:令和3年雇用動向調査_厚生労働省

37歳が当てはまる、35~39歳での転職者の割合は7.8~9.8%です(厚労省調べ)。全年代で比較して見ると、多くも少なくもない割合です。

男性|転職者割合7.8%

年代
30~34歳 9.2%
35~39歳 7.8%
40~44歳 5.4%

参考:令和3年雇用動向調査_厚生労働省

35~39歳男性の転職者の割合は7.8%です。全年代で見ると多くはない割合ですが、人数で見ればかなりの数が転職しているのは想像がつくでしょう。

女性|転職者割合9.8%

年代
30~34歳 11%
35~39歳 9.8%
40~44歳 8.6%

参考:令和3年雇用動向調査_厚生労働省

35~39歳の女性の転職者率は9.8%で、約10人に1人が転職している計算です。女性の場合は男性と異なり、年齢を重ねても転職者の割合があまり変わらないのが特徴的です。

専門職・管理系への転職が多い

年代職種別転職割合

※出典:doda

35~39歳の転職成功者では、企画・管理系や専門職系で採用される割合が多いです(doda調べ)。37歳の転職者は、過去の経験による専門性や調整力・提案力、育成能力・マネジメント能力が求められると言えます。

37歳には事業展開のスピードを加速化するため、会社やチーム全体が向上するためのスキルを基にした、即戦力性が重視されます。

専門職・管理系への転職では、ビズリーチがおすすめです。ミドル層以上向けのハイクラス求人が多く、年収アップを高く期待できる他、企業からのオファーで自身の市場価値や求められる力が分かります。


37歳からの転職が厳しい・難しいと言われる理由

  • 応募できる求人が20代よりも少ない
  • 年収・待遇が下がる可能性がある
  • 転職先での年齢関係
  • 即戦力性が求められる

応募できる求人が20代よりも少ない

37歳の転職では、応募可能な求人が20代や30代前半より少ないことが、厳しい・難しいとされる理由です。30代後半だとポテンシャル採用が少なく、経験職以外での転職先は減ります。

「長期勤続によるキャリア形成を図る」ために、35歳以下などの年齢制限をする求人も珍しくなく、年齢だけで対象外になる求人もあります

また、選考でも若いほうが優先されるため、求人探しだけでなく選考通過の難易度が高いのも理由に挙げられます。

年収・待遇が下がる可能性がある

37歳で未経験職への転職をする場合は特に、年収や待遇が下がる可能性が高いです。現在と同じ年収や待遇を求めると、応募できる求人が少なく、転職活動が厳しくなる恐れがあります。

37歳だと家庭を持っていることも多く、年収や待遇での妥協が難しく、年収ダウンのリスクは37歳の転職でハードルとなります。現在の生活を維持するには、経験職・業界での転職をすべきです。

転職先での年齢・人間関係

37歳だと、転職先での年齢・人間関係も難しいとされる理由になり得ます。転職先では年下の上司がいる場合や、上司より自分の方が給与が高いなど、年齢と地位・収入でのチグハグさが生まれる可能性があります。

採用側は面倒な人間関係を避けるために、37歳の応募者を避ける場合があります。転職では自身の柔軟性やコミュニケーション力をアピールして、年齢関係なく上手くやれる人間だと伝える必要があります。

即戦力性が求められる

37歳の転職では、即戦力性が求められます。ポテンシャル採用が少なく、自身の経験やスキルで転職先でも活躍が求められるため、自身とマッチした求人探しや選考のハードルが高くなります。

ただし、37歳だから転職が難しいわけではなく、良い求人に出会いにくいだけです。ビズリーチなどの転職エージェントを活用すれば、キャリアマッチした希望の求人に出会える確率を上げて、効率的な転職が可能です。

37歳で転職に「失敗」する人の特徴

  • 新しい環境への適応能力がない
  • 転職理由があいまい
  • 求める条件が高すぎる
  • 転職に慎重になりすぎる

新しい環境への適応能力がない

37歳の転職で、新しい環境への適応能力がないのは、転職失敗する人の特徴です。転職先で活躍するためには、いかに早くその企業に馴染めるかが重要です。

20代の若手と異なり、37歳だとある程度のビジネス経験や人生経験があるはずです。よって、前職と仕事の進め方が違う場合、適応できずに活躍できないどころか、早期離職につながる可能性もあります。

転職失敗を避けるには、新しい環境を受け入れて適応していく努力か、現職と似た雰囲気の求人を徹底的に探すことが必要です。

転職する理由があいまい

37歳に限りませんが、転職理由があいまいなことは、転職に失敗する人の特徴です。転職理由はとても重要で、あいまいな理由だと転職は失敗しやすく、目的がないと同じ失敗の繰り返しになってしまいます。

なぜ自分が転職したいのか、転職することでどうなりたいのか、というビジョンを明確にして転職活動を行いましょう。

求める条件が高すぎる

年収や職位、福利厚生など求める条件が高すぎるのは、転職に失敗する人の特徴です。希望条件を全て満たす求人はほぼなく、37歳ではさらに顕著になります。

転職を成功させるためには、年収やワークライフバランスなど、求める条件に優先順位をつけ、優先順位の低い条件は妥協するのも考えましょう

転職に慎重になりすぎる

転職に慎重になりすぎるのも、転職失敗の要因です。求人案件には募集期間があり、人気の求人は募集期間前にクローズすることも多いです。年齢的な問題もありるため、慎重になりすぎるのは時に悪影響になり得ます。

37歳だと家庭があり、本当に今の会社を辞めてもいいのか悩んでしまうのも無理はないでしょう。勢い任せに転職を進めることは避けるべきですが、慎重になりすぎて目の前のチャンスを逃してはいけません

転職の機会を逃さないために、日ごろからビズリーチなどの転職サイトを確認しておきましょう。すぐに転職を考えていなくても情報収集に利用でき、理想の求人オファーが来ることもあるので、登録して損はありません。

37歳の転職に「成功」する人の特徴

  • 即戦力のスキルを持っている
  • 会社の求める人材を理解している
  • 中小・ベンチャーを視野に入れている

即戦力としてのスキルを持っている

37歳の転職では、即戦力となるスキルを持っていることが大切な要素です。業務に直接関連したスキルでなくとも、マネジメントスキルや課題発見・解決能力などの、汎用的なポータブルスキルは強みになります。

即戦力となるスキルや経験、すぐ企業で活躍できる能力を、具体的に話せる準備をしておくのが転職成功のポイントです。未経験であっても、汎用的なスキルのアピールで、選考通過の可能性は上がります。

会社の求める人材を理解している

37歳の転職者に企業が何を求め、期待しているのかをしっかりと理解しておくことが、転職成功のために重要です。企業は応募者にスキルと経験、即戦力を求めているはずです。

転職に成功する人は、企業の求める人材としてアピールできる過去の経験や活かせるスキルなどを、具体的に伝えられるよう準備しています。

企業が求めているものを理解し、自分がマッチするところを見つけて、自分を売り込むことが大切です。

中小・ベンチャー企業をも視野に入れて転職活動をする

37歳の転職成功者は、求人を大企業に絞らずに、中小・ベンチャー企業も視野に入れて転職活動しているのが特徴です。

37歳の転職だと、大企業の求人では企業にマッチする高い能力や、経験を求められます。そのため自身に合う大企業の求人が少なく、人気ゆえに高倍率で、大企業に絞った転職はリスクが高いです。

中小やベンチャー企業は社数が多い分、求人倍率も低くなりやすいです。裁量を持って働きやすいなど中小・ベンチャーならではの魅力もあるので、ビズリーチなどで中小・ベンチャーのハイクラス求人にも触れるべきです。


37歳の転職で求められるスキル・能力は?

  • 育成能力・マネジメントスキル
  • ポータブルスキル
  • 将来の課題に備える力

育成能力やマネジメントスキル

37歳に求められるのは、若手を育成するリーダーシップに加え、組織全体のレベルアップを実現していくマネジメント能力です。37歳の年齢だと、単なるプレイヤーではなく、管理職・幹部候補として期待されることが多いです。

部下の長所や短所をしっかりと理解して活かし、個人だけではなくチームとしての成果につなげていく力が、37歳の転職では評価されます。部下を持ち、マネジメントをした経験があれば、転職活動も優位に進められます。

ポータブルスキル

ポータブルスキルの構成要素拡大する

出典:ポータブルスキル活用研修 |人材サービス産業協議会

37歳の転職では、ポータブルスキルが重要です。ポータブルスキルは、業種や職種が変わっても通用する、持ち出し可能とされる能力のことです。

業界・職務の「専門知識・専門技術」だけでなく、「仕事のしかた」「人との関わりかた」など、汎用的に使えるスキルも転職活動で活かせます。

37歳の転職では専門知識だけでなく、ポータブルスキルも総合的に備えていると重宝されやすいです。

経験値を活かして将来の課題に備える力

37歳の転職は、様々な不測の事態を事前に予測し、解決するスキルを期待されるでしょう。37歳の年齢だと仕事で結果を出しているのは当然で、経験を活かして今後どれほど活躍できるかがポイントになります。

過去に培った人脈や、業界に関連する専門情報などを活かしながら、将来課題を予測して企業やチームを先導する人材は重要視されます

37歳で転職を成功させるためにやるべきこと

  • 転職サイト・エージェントを利用する
  • 選考前の準備を入念にする
  • 妥協点を決める

転職サイト・エージェントを利用する

37歳で行う転職活動は、転職サイトと転職エージェントの利用が必須です。転職エージェントでは、非公開を含む質の良い求人紹介を受けられ、求人の少ない37歳でもいい転職を見込めます

また、転職エージェントの担当者は転職のプロであり、市場の情報を網羅的に収集が可能です。利用は全て無料で、求人紹介や情報提供だけでなく、書類・面接の対策やキャリア相談のサポートもあるので、使わなければ損です。

中でもビズリーチは、質の高いエージェントが多数集まっており、優良企業からの直接オファーも貰えるおすすめサービスです。無料で十分利用でき、自身の市場価値の判断にも使えるので、まず登録すべきサービスです。

選考前の準備を入念にしておく

37歳の選考を成功させるためには、入念な準備をしておくべきです。選考では、自分のスキルや経験など、強みをいかに伝えられるかが大切です。

企業研究をしっかり行うだけでなく、転職エージェントから企業や面接官などの情報も得ておきましょう。選考も面接の想定問答を作って、自分で声に出して練習するなども、いい方法とされます。

妥協点を決める

37歳の転職では、転職の妥協点を決めておくのも、成功のコツです。求める全ての条件をクリアする求人はほぼないため、何に重きをおいて転職するのか、優先順位を決めて転職活動を進める必要があります。

年収の増減幅や残業時間など「ここまでなら」というラインを決めておくのが良いでしょう。ある程度の妥協点を初めに決めておくと、転職成功の確率が高まるはずです。

男性編:37歳の転職において気をつけるべきこと

家族の理解を得て転職をする

37歳男性の転職では、家族の理解を得られるよう気をつけましょう。家族がいる場合、男性が稼ぎの柱であることが多く、収入や勤務地、労働時間の変化などは今後の生活に直結する重大な決断です。

転職成功のためには、転職する理由や今後の展望など、家族やパートナーに理解を得ることが大切です。家族の同意と協力で転職活動はよりスムーズに進められます。

反面、家庭内の不和を生んでしまえば、転職活動のモチベーションや結果にも悪影響が出るでしょう。

転職前後は家族との時間が減る可能性がある

転職活動中や転職直後は忙しく、家族との時間が取りにくいことにも気をつけましょう。転職活動の期間は、平均で3か月~半年とされます。

転職活動は仕事を続けながら行う場合がほとんどなので、家族サービスや一緒に過ごす時間は得にくくなります

女性編:37歳の転職において気をつけるべきこと

子どもがいると転職が不利になることもある

女性の場合、子育てと仕事の両立が難しく、転職活動で不利になり得ます。女性の働き方に対する理解は変わりつつありますが、フルタイム雇用が有利な傾向は続いており、時短勤務の希望者は敬遠される可能性があります

家庭と仕事をどのように両立していくかをよく考え、フレックス勤務や在宅勤務など、子育てと両立ができる制度が整った会社を見つけましょう。

また、子育て中の女性が在籍しているかや、女性にとって働きやすい環境なのかも重要です。企業の口コミサイトのOpenWorkなどで、調べておきましょう。

産休や育休は取れるかを確認する

将来的に子供が欲しいと考えている場合、転職先に産休・育休制度が整備されているかはよくチェックしておきましょう

厚生労働省の調査によれば、女性の育休取得率は8割を超えるものの、依然として育休取得数が少ない企業もあるのも事実です。

入社後の認識のズレがないよう、企業HPや転職エージェント、OpenWorkなどの企業口コミなどから情報収集しておきましょう。

37歳のスキル無し・未経験転職におすすめの仕事

男性向けおすすめ職業

営業職

営業職は、未経験で37歳から始める仕事としておすすめです。転職時に専門知識が必要な職業でないため、未経験からでも始めやすいです。

コミュニケーション能力が高ければ、営業職で力を発揮できる可能性が高まります。未経験だからと臆せず、挑戦してみましょう。

営業職に転職する際は、dodaがおすすめです。求人数が多いため、自分に合った仕事に出会いやすく、未経験歓迎の様々な営業職を探せます。

ITエンジニア職

ITエンジニア職も未経験で挑戦しやすい職種です。IT業界は、人手不足の状況が続いており、未経験の募集の間口が広いため、37歳でも採用の可能性があります

ただし、37歳で全くのスキルなし・未経験は不利なため、独学やテックキャンプなどのプログラミングスクールで、基礎知識を習得するのを勧めます。ITパスポートなどの、基礎的な資格でも取得できれば有利になるでしょう。

転職がややハードな職種ではありますが、転職できれば手に職が付き、比較的高い収入も見込める、おすすめの仕事です。

建築・建設業

建設業界は、人手不足や従業員の高齢化が深刻で、転職の間口が広く37歳の未経験でも転職しやすい職業です。労働条件は比較的きついですが、各種資格の取得で収入を上げたり、将来的に独立して大きく稼げる可能性もあります

女性向けおすすめ職業

保険営業

保険営業は働く女性が多く、未経験でも転職しやすい職業です。女性が多い職業のため、福利厚生もしっかりしており、子供のいる女性でもワークライフバランスを保ちながら働きやすいです。

また、歩合で稼いだり、営業実績を基に新たなキャリアへの挑戦もしやすいのがおすすめの理由です。転職にはリクルートエージェントdodaなど、保険営業の求人が多い転職エージェントの利用がおすすめです。 

介護職

37歳の女性でも、介護職は未経験で正社員として転職しやすい職種です。介護業界は、少子高齢化の影響で人手不足の業界であり、需要は増しています

また、職場の数も増えており、コミュニケーションの力も求められるため、人と話すことが得意な人は採用されやすいです。転職にあたって、特別な資格は必要ないので、職業への拘りがない人にはおすすめです。

介護職への転職なら、介護職専門の転職エージェントのきらケアを利用しましょう。

事務職

37歳の女性におすすめの仕事が事務職です。事務職は女性に人気の高い職種なので、難しいと思われがちですが、37歳までに培った経験やコミュニケーション能力が武器になります。

また、結婚や妊娠による退職・休職のリスクの高い20代や30代前半の年齢よりも、経験のある37歳の方が歓迎される場合もあります

37歳の転職でおすすめの転職サイト・エージェント

転職サービス 特徴
ビズリーチビズリーチ
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
リクルートエージェントリクルート
エージェント
レバテックキャリアレバテック
キャリア
アクシスコンサルティングアクシス
コンサルティング

ビズリーチ

年収1,000万円以上からの支持No.1転職サービス

ビズリーチ イメージ

(出典:ビズリーチ)

ビズリーチのポイント

  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上
  • 企業やヘッドハンターからスカウトされる
  • 優良企業と直接コンタクトが取れる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価5

83,279件

非公開求人数 非公開
未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料 ※一部有料サービス有り
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
渋谷1/渋谷2/渋谷3/大阪/名古屋/福岡/静岡/広島

ビズリーチのメリット

厳選された優良企業からオファーがくる

ビズリーチは、厳選された優良企業やヘッドハンターから直接オファーメッセージが届く転職サービスです。

普通の転職サイトは、自分で企業を探すことが求められますが、ビズリーチは過去の経歴やスキル、希望条件をもとにスカウトメッセージがきます。

年収600万円以上を狙える

ビズリーチは、年収600万円以上を狙いやすい転職サービスです。ハイクラス層を主なターゲットとしており、求人の3分の1が年収1,000万円以上です。

現在の年収が600万円未満でも問題なく登録でき、年収アップを狙えます。

スカウトがどれくらいくるかで、自分の市場価値を確認することもできるので、まずは登録してみるのをおすすめします。

有料プランでハイクラス求人が紹介される

ビズリーチは、税込3,278円/月または5,478円/月の有料プランに登録すると、年収1,000万円以上の求人を紹介してもらえるようになります。

ただし、無料プランでも十分なサービスを受けられるので、基本的には無料プランで問題ありません。

より高年収を目指したい方、無料プランで満足できない方は有料プランも検討してみましょう。

年収1,000万円以上の支持率No.1

コンサルティング会社のシード・プランニングが行った転職サービスに関する調査を実施しました。

そこで、ビズリーチは年収1,000万円以上のビジネスパーソンが選ぶ「最も満足度が高い」転職サービスでNo.1を獲得しました。 (出典:PRTIMES)

ビズリーチのデメリット

キャリアに自信が無い方は不向き

ビズリーチは、キャリアに自信の無い方は不向きです。ハイクラス求人を中心に扱っていることもあり、経験や実績が強く求められます。

スキルや経験に自信が無い方は、総合型転職エージェント「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」がおすすめです。

審査に通る必要がある

ビズリーチを利用するためには、審査に通る必要があります。審査基準は公表されていませんが、ハイクラス求人を中心に扱うことから、職歴が浅い方や年収が低い方は審査落ちする可能性が高いです。

審査落ちしても、職務経歴書の内容を修正すると、再審査を受けられます。ビズリーチの審査に通らなければ、リクルートダイレクトスカウトなど他の転職エージェントを検討しましょう。

ビズリーチの評判と口コミ

男性41歳

満足度

理想的な仕事を紹介してもらえた

年収UPが目的でこのサイトを利用しましたが、提案される求人は全て待遇の良い物ばかりでした。 求人数も多く、私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えたことが高評価です。 頻繁にスカウトメールが届くの選ぶ余裕も合って良かったです。

女性28歳

満足度

企業側から多数オファーが来る

自身のプロフィールや職務経歴書を登録すれば、企業側からオファーが来ることが魅力的でした。ベンチャーから大手企業まで様々な会社の方から連絡をいただき、面接をしていただきました。 軽い面談という形で話も聞きやすいので、気になったことを解消した上で選考に進める点もいいと思います。

男性39歳

満足度

企業側と直接繋がれるメリット

利用してみて、企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。企業と求職者の双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので、職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。

女性26歳

満足度

希望求人がすぐに来ない

サービスの特性上、どうしても求職者が待ちの姿勢になってしまうので、自身の希望する求人に辿り着くまでには時間がかかります。幅広く求人は来るので、希望条件が定まっていない方には、職の幅を広げるチャンスだと思います。

男性33歳

満足度

エージェントからのメールが多い

企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。

関連記事
ビズリーチの口コミ・評判

マイナビエージェント

20代〜30代の転職に強い転職エージェント

マイナビエージェント イメージ

(出典:マイナビエージェント)

マイナビエージェントのポイント

  • 20代に信頼される転職エージェントNo.1
  • 登録者の80%が34歳以下
  • 業界ごとに専門キャリアアドバイザーがいる
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

非公開

非公開求人数

非公開

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

マイナビエージェントのメリット

20代~30代の若い世代に強い

マイナビエージェントは、若手向けに差別化を図っている転職エージェントです。

登録者の80%以上が34歳以下で、20代に信頼される転職エージェントNo.1にも選ばれています。

若い世代に特化していることもあり、掲載求人は、未経験募集にも積極的な企業が多いです。

業界に特化したキャリアアドバイザー

マイナビエージェントは、各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを設けています。

専任だからこそ、深い情報をキャッチアップしてくれるため、ピッタリな求人紹介や最適な面接対策を実現しています。

業界だけではなく、女性向けや第二新卒向けなどの属性別キャリアアドバイザーや、関西・東海・九州などエリア特化のキャリアアドバイザーも配属しています。

転職サポートが無期限

マイナビエージェントは、転職サポートに期限を設けていません。多くの転職エージェントは、最大3ヶ月などの期限があるため、転職活動が長引くとサービスを受けられなくなることもあります。

無期限で転職活動できる安心感があるので、早急に転職先を決めなければならないという焦りがありません。

納得いくまで転職先を吟味できるので、入社後のミスマッチも感じにくいでしょう。

マイナビエージェントのデメリット

ハイクラス求人は少ない

マイナビエージェントは、ハイクラス求人が少ないです。

年齢制限は無いものの、登録者の80%以上が34歳以下なので、若手向けの求人が多い傾向にあります。

30代後半の方や、高年収を重視した転職活動をしたい方は、優良企業から直接オファーが来る「ビズリーチ」や、年収800万円超の求人が豊富な「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

担当者のサポートにばらつきがある

マイナビエージェントは、担当者によってサポートのばらつきがあります。

業界ごとの専任キャリアアドバイザーを設けているからこそ、業界の経験値や知識量がサポートの質に反映されやすいです。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの徹底サポートが受けられることです。担当者が合わないと感じたら、早いうちに変更の相談をしましょう。

マイナビエージェントの評判と口コミ

男性22歳

満足度

ヒアリングが丁寧でした

初回面談時、転職の方向性が決まっていなかった自分を丁寧に導いてくださいました。今の仕事の嫌なことや楽しいこと、大学時代や就職活動時の話などを深ぼっていただき、おかげで進みたい方向性が見えてきました。自分みたいに、ボヤっと転職したいけど軸が明確に決まっていない人でもマイナビは使えるサービスです。

男性34歳

満足度

求人もエージェントも質が高い

良い条件の求人を沢山紹介してくれました。エージェントの方も、向こうの会社と間に立ってくれて、就職条件もしっかり設定してくれて助かりました。一人で全部やっていたらかなり時間がかかっていたので、忙しい自分にはぴったりのサービスだったなと思います。

女性32歳

満足度

掲載数の多さは大手ならでは

マイナビは転職求人サイト大手ということもあり、求人掲載数はとても多い印象でした。登録してからの連絡も迅速で、すぐにカウンセリングの日程を調整してくれます。他の転職エージェントは利用していませんが、対応の速さや掲載数の多さは、さすが大手といったところです。

男性21歳

満足度

レベル感が合わなかった

期待をしてくれたのかもしれませんが、あまりに自分の身の丈に合わないような、ハイレベルの案件を紹介されました。(英語が全くできないのに、自動車会社で海外の市場調査をする仕事など)挑む気にならないぐらいのレベルの乖離がありました。

男性32歳

満足度

ITの求人は豊富だったが・・

使用した感じでは、IT系求人が多く、自分に合っているなとは感じていました。ただ、私の転職予定日がまだまだ先だったせいなのか、だんだん連絡が来なくなってしまい、連絡が来途絶えてしまいました。私が転職しないと向こうのお金にならないので仕方ないと思いつつ、求人が良かっただけに残念。

関連記事
マイナビエージェントの口コミ・評判

リクルートエージェント

初めに登録したいNo.1エージェント

リクルートエージェント イメージ

(出典:リクルートエージェント)

リクルートエージェントのポイント

  • 転職成功実績No.1
  • 業界最多40万件超の求人数
  • 転職活動のサポートツールも充実
主な特徴
  • 未経験に強い
  • ハイクラス
  • 女性に人気
  • 既卒・第二新卒
  • 外資系
  • 事務
  • IT・web
  • 営業
おすすめ年代
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
求人数

評価3

277,380件

非公開求人数

評価4

276,080件

未経験求人
  • 多い
  • 少ない
料金 無料
エリア
  • 全国
  • オンライン可
拠点一覧
丸の内/立川/北海道/宮城/栃木/埼玉/千葉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡

リクルートエージェントのメリット

業界最多の求人数30万件超

リクルートエージェントは、公開・非公開求人合わせて30万件超を扱っています。求人数が多いぶん、必然的にどの業種・職種にも強いのが最大の魅力です。

また、利用者も20代~50代まで幅広いです。どの年齢層のユーザーに対しても、個々の希望や経歴にあった求人を紹介してくれるのが、リクルートエージェントの強みです。

利用者の6割が年収アップ

リクルートエージェントは、利用者の6割が年収アップした実績があります。転職成功実績No.1の転職エージェントであり、あらゆるノウハウが蓄積されているため、企業との年収交渉にも強いのが魅力です。

転職エージェントを利用しない転職活動では、年収交渉をするのはなかなか難しいでしょう。リクルートエージェントを利用することで、年収アップの期待が高まります。

書類準備や面接対策のサポートが手厚い

リクルートエージェントは、書類準備や面接対策のサポートが手厚いです。初めての転職に挑む20代や、年齢的な不利を感じる40代以降でも、それぞれに合った転職サポートを受けられます。

また「職務経歴書エディター」を使うと、職務経歴書を簡単に作成できます。豊富な入力例があり、スマホで利用できるので、ぜひ利用しましょう。

リクルートエージェントのデメリット

担当者が多忙だと後回しにされる

リクルートエージェントは、担当者が多忙だと後回しにされる可能性があります。

業界最大手の転職エージェントなので、求職者が非常に多く、内定が決まりやすい人から企業紹介される場合があります。

リクルートエージェントだけでなく「dodaエージェント」や「マイナビエージェント」も併用し、効率よく転職活動を進めましょう。

利用期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から約3ヶ月が目安です。限られた期間で、メリハリのある転職活動をする必要があります。

今すぐの転職を考えていないなら、まずは転職サイトに登録し、転職市場の情報集めや転職先の目処をつけてみるのもいいでしょう。おすすめの転職サイトは「doda転職」と「リクナビNEXT」です。

リクルートエージェントの評判と口コミ

男性27歳

満足度

転職サポートが丁寧

どのような職を探しているのか、最初の面談で細かいところまでしっかりと確認して下さります。こちらの希望条件等ふまえた上で、よい条件の求人をその日のうちにいくつか提示してもらえ、その中から選ぶことも可能です。 また、面接対策など転職で不安なところのサポートも個別で対応していただけるので安心して転職活動ができます。

女性32歳

満足度

理想の求人に巡り合えた

大手ということで求人数が多く、色々な企業を比較して受けたい企業を選ぶことができました。 また、求人も毎日10件以上紹介してくれるため、検索では見つけられなかったような企業についての気づきもあり良かったです。聞いたことあるような大手企業の紹介も多かった印象です。

女性28歳

満足度

学歴不問で誰でも登録できます

ハローワークや求人誌よりも条件の良い仕事がたくさん載っています。 他の転職エージェントだと登録条件が大卒以上となっていますが、リクルートエージェントは登録に学歴は関係ないので大学を卒業していない人でも一応チャンスはあります。

女性25歳

満足度

地方在住の大卒以外だと使いにくい

地方在住で学歴は専門学校卒業だからなのか、登録したものの「紹介できる求人がありません」とメールが来ただけでした。 地方といってもリクルートエージェントの地方支社のある市に住んでいるのですが、東京などに比べると求人の数は大幅に少ないと思います。

男性28歳

満足度

専門職の求人は少なめ

好条件の求人が多く、求人数も多いため、求職側としては助かるサービスではありますが、専門職の求人についてはやや少なめでした。分野に特化した求人でなくても、今までの経験を活かせる現場で働ければよいという方は問題ないかもしれません。

関連記事
リクルートエージェントの口コミ・評判

まとめ

37歳の転職は厳しいとされますが、現実には難しいことはありません。37歳で転職する人は男女ともに多く、未経験職種へ転職する人もいます。

転職成功のためには、企業の求める人材やスキルを理解し、入念に準備を行うことです。また、転職サービスの利用も重要で、求人の少ない37歳は非公開含めた求人を、転職エージェントで紹介してもらうべきです。

転職サイトでは、ハイクラス求人の多いビズリーチがおすすめです。転職決定年収の平均が840万円と、年収アップの実績が高く、37歳の経験を活かした年収アップ・キャリアアップを狙った転職に向いています。


年代別の関連記事(30代)
30歳の転職 31歳の転職 32歳の転職 33歳の転職
34歳の転職 35歳の転職 36歳の転職 37歳の転職
38歳の転職 39歳の転職
年齢別の平均年収(30代)
30歳の年収 31歳の年収 32歳の年収 33歳の年収
34歳の年収 35歳の年収 36歳の年収 37歳の年収
38歳の年収 39歳の年収

編集部おすすめ転職サービス5選
10016ビズリーチ公式サイト
  • 【年収アップが狙える】
  • ・優良企業から直接オファー
  • ・年収1000万以上の求人が1/3
  • ・無料で使える
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト
公式サイト
  • 【ハイクラス向け転職エージェント】
  • ・年収750万円以上の方向け
  • ・会員登録後にスカウトを待つだけ
  • ・自分でヘッドハンターを選択可能
マイナビエージェントマイナビ
エージェント
公式サイト
  • 【20代に最もおすすめ】
  • ・20代が最も信頼する転職エージェント
  • ・若手採用求人が豊富
  • ・無料で使える
リクルートエージェントリクルート
エージェント
公式サイト
  • 【初めに登録したNo.1エージェント】
  • ・転職成功実績No.1
  • ・業界最多40万件超の求人数
  • ・転職活動のサポートツールも充実
レバテックキャリアレバテック
キャリア
公式サイト
  • 【IT/WEB業界でエンジニア特化】
  • ・希望企業の転職成功率96%
  • ・初回提案の内定率90%
  • ・大手や成長企業の求人多数


よく読まれている記事
転職エージェント
おすすめランキング
転職サイト
おすすめランキング
おすすめ転職エージェントの評判
ビズリーチ
評判・口コミ
リクルートエージェント
評判・口コミ
マイナビエージェント
評判・口コミ
レバテックキャリア
評判・口コミ
企業別の転職難易度
任天堂の転職難易度 アクセンチュアは激務?
ソニーの転職難易度 味の素の転職難易度
年代別の転職サイトランキング
20代向け転職サイト
おすすめランキング
30代向け転職サイト
おすすめランキング
40代向け転職サイト
おすすめランキング
50代向け転職サイト
おすすめランキング
職種・業界別おすすめエージェント
コンサルに強い
おすすめ転職エージェント
IT業界・エンジニア
おすすめ転職エージェント
ハイクラス
おすすめ転職エージェント
看護師
おすすめ転職エージェント
地域別転職エージェント
名古屋の転職エージェント
おすすめランキング
大阪の転職エージェント
おすすめランキング
札幌の転職エージェント
おすすめランキング
福岡の転職エージェント
おすすめランキング

関連記事
編集部おすすめの転職サービス
編集部おすすめの転職サービス