転職ノウハウ

新卒1年目で転職したい人へ。成功ポイントと第二新卒を採用している企業

新卒1年目で転職をしたい人があふれている。昔からTwitterをしている若者や後輩のツイートを見ていると入社1年目で転職したい、辞めたいと叫びだし、実際に転職する人がいる。

一方で、「1年目で転職するとダメなのでは?」と不安になり、ズルズルと企業に残り続ける人も多い。今回は、そんな新卒1年目のために、第二新卒で転職した方が良いのか、もし転職するならばどの転職方法が良いのか、成功ポイントを書かせていただく。

なお、転職について具体的なアドバイスを得るためには、まずはビズリーチに登録してほしい。若手を欲している企業が多く使うのがビズリーチだ。

新卒1年目だと、まだ経験も浅く、自分を求めてくれる企業があるのか不安に感じないだろうか。実際にスカウトを受けると、自信を持って転職することができるので、ぜひビズリーチを活用してほしい。

次に複数の転職エージェントに会おう。会う際に、自分のような1年目ではどういった企業が転職可能か聞いてみてほしい。1年目向けの求人をそもそも持っていない可能性もある。

日系大手の第二新卒にしぼっているならリクルートエージェントに求人があるのでビズリーチ登録後に利用してみてほしい。

コンサルティングに興味がある方はアクシスコンサルティングに相談すると良い。新卒一年目での転職成功事例も多い。

リクルートが運営するハイクラス向けのサービスであるキャリアカーバーもおすすめだ。

第二新卒でのチャンスは多いが、すぐに情報が手に入るほどではないので、求人サイトやエージェントを活用しながら転職活動を進めてほしい。

ビズリーチ
BIZREACH
厳選された優良企業からオファー
年収上げなら圧倒的におすすめ
 
リクルートエージェント
リクルートエージェント
業界最多の約30万件の求人数!
転職初めに登録したいNo.1エージェント
 
dodaエージェント
転職者満足度1位!
サポート力の高い転職エージェント
 

新卒1年目と新卒3年目の転職の違い

第二新卒の転職は早い方が良い

第二新卒の転職は早いほど成功率が高い。新卒1年目でも新卒3年目でも、企業側から見れば同じ第二新卒の転職となる。同業同職種の転職であると話は別だが、第二新卒では、新卒とほぼ近い扱いなので2年の社会人経験はほぼリセットされる。

社会人経験がリセットされるのであれば、若ければ若いほどポテンシャル採用しやすいため、転職するのは早いほうが良い。ただし、入社してからは中途と同じ枠で、手厚い研修がなかったりするので、業種によってはスタートダッシュを切りにくいかもしれない。

さらに、外資系投資銀行などでは新卒よりも第二新卒の給料が低いということがある。よって新卒1年目で転職したいと考えるのであればすぐに転職すべきなのである。

大手からの転職は先輩を見て判断すべき

一方、大企業で裁量が途中から与えられる会社で、定年までつぶれないような会社であれば2~3年我慢したらよいチャンスがあるかもしれないので、先輩たちを見て、先輩がしている仕事をしたいか、そして先輩たちのようになりたいかを見て、YESであれば残ったほうがいい。

日系大手の福利厚生、ネームバリューを捨てるというのは割と勇気がいる。第二新卒で動く場合はその点を考えよう。大企業の福利厚生は離れてみて気づく人が多いので、転職活動をしてみて、内定を獲得後に悩んでほしい。

ちなみに、大企業を離れると、実務の面で大企業のネームバリューの偉大さを感じることが多い。筆者の友人で、リクルートからベンチャーに転職した人がいるのだが、テレアポで会社名を名乗った時の反応が全く違うと悲しんでいた。

大手にいる時は知らず知らずのうちにネームバリューに助けられていることを、あらかじめ自覚した上で転職すると良いだろう。

女性の新卒1年目での転職も多い

女性の一般企業への就職の増加に伴って、新卒1年目での女性の転職は増えている。女性の場合、自身のキャリアプランが結婚、出産といったライフプランから逆算して転職を考えなければならない。企業によっては産休が取りにくかったり、理解がない会社があるため、転職を考える際は5年後~10年後を見据えた上で考えたほうがいい。

転職する際は、将来的にリモートでも働けるようなエンジニア、WEBデザイナー、ライターなどに挑戦することも視野に入れると良いだろう。女性の場合は、ライフプランから逆算して考える良い機会になり得るので、フル活用してほしい。

最近では、転職エージェントを利用すれば、女性の転職に理解があるキャリアアドバイザーに相談するのことが増えた。女性が手に職をつけることを支援するサービスも増えてきているので、そんなに心配することなく挑戦しやすい。

新卒1年目の転職を第二新卒で受け入れる企業は多い

f:id:sportsmania:20171017144605j:plain

第二新卒で転職しようと思ったら、転職できるかどうか不安になるだろう。特に新卒1年目で転職する方は、22歳や23歳の、職歴がほぼない人を雇うのかと疑問に思うだろう。

だが、実際のところ雇う会社が多い。もちろん最低限の学歴かそこそこ有名な企業に入っているかどうかが大事である。例えば、慶應卒、大手IT企業で半年しか職歴がない人を想定してみよう。その場合、採用したい企業はかなりある。

学歴、所属企業とともに問題ない場合、採用したがる企業は多くあり、売り手市場だ。MARCH卒で都市銀行勤務だとしても採用したい企業はたくさんあり、リクルートやアクセンチュアをはじめ転職事例は多い。

特に金融、保険といったお堅い企業で研修を受けている人は、しっかりしたマナーが身についているということで評価される。1年目の中でも半年経過していると内定確率はあがる。

▶第二新卒を採用する大手優良企業はこちら

新卒一年目の転職成功ポイント

新卒一年目の転職は志望動機が肝

新卒一年目(第二新卒)で、1年目でも転職が十分に可能なので会社に残って未来はないと感じたらすぐに転職しよう。特にやりたいことなく入社した企業でそのような考えにいたった場合はなおさらだ。

第二新卒で転職する場合に気を付けてほしいことは、新卒の時以上に志望動機を考えることだ。

大量採用しているところであれば、それほど聞かれないが、職種がある程度決まった採用で第二新卒の採用数が年間50人に満たないところは、本当にその仕事がやりたいのかを聞かれる。

想像がつくかと思うが、第二新卒は様々な理由があって会社への定着率が悪い。よって、本当にやりたくて転職していきているのかを問われる。

なお、この辺りの事情は転職エージェントが詳しい。転職エージェントに会うためには、まずはビズリーチリクルートエージェントなどの転職サイトに登録するのが良い。

コンサルティングに興味がある方はアクシスコンサルティングに相談すると良い。

ちなみに、転職しようとすると、ほとんどの企業では社内で反対、批判されると思う。この2年ほどで、社会は大きく変わった。個人で稼ぎやすい時代になったし、仕事を集めるのにSNSがあれば十分だ。しかし、これを感じているのは、20代の若手であり、経営層や上司の世代にはわかってもらえない事がほとんどだろう。

第二新卒の受入枠が増えたとはいえ、まだまだ上の世代からの評判は厳しいことを知ってほしい。

第二新卒の転職理由がネガティブでも仕方ない

第二新卒で転職してくる場合、特に1年目であるとリベンジ転職というのもあるが新卒入社した会社を逃げ出したくて転職してくる人が多い。

そして人事側もその事実を理解している。世の中にはブラック企業が有名と言われている企業にも多い。過労死がでている会社の話を聞くと1流と言われる企業でも問題のある会社があることはわかっている。

その事実は転職理由として伝えねばならぬが、一方で次の職業を選ぶときにただ逃げるだけではだめなのだ。

逃げ出す際にも逃げ出し先の理由をしっかりと考えてほしい。本当に広報がしたいのか、営業がしたいのかといったところは聞かれる。

なお、新卒でも志望理由を深堀されにくい、戦略コンサル、総合系コンサル、リクルート、高学歴を採用するベンチャー企業群などは、第二新卒においてもそれほど志望理由を深堀されず優秀な人を欲しいというスタンスでくる。

退職の理由もキチンと伝える

新卒一年目で退職した場合、離職するまえの在職期間の短さを気にする企業もいる。なぜ短期離職になったのか、その理由を前職のせいにせず、自分のせいであることを述べられるようにしておこう。同じことを繰り返さないようにおこなった作業や振り返りなども述べられると完璧だ。

新卒1年目の転職でもメガバンクなど銀行出身者は歓迎される

今、銀行をはじめ大手企業で働いている人は、マナーなんて当たり前だろう?と思っている人も少なくないのではないか。

しかし、数十人規模のベンチャー企業の第二新卒と銀行出身者の第二新卒を同時期に雇ったときにそのマナーの差は細かいところででてくる。そのマナーはたかが半年でも身についているのだ。

もちろん過剰すぎて不要なマナーもあるが、役立つことも多い。一方、ベンチャーの人は上の人にも自分の意見を積極的に言えるのでマーケティングや企画においては銀行出身者より有利に立つ場面が多い。

銀行は特に1年目と3年目の転職が多い

銀行の離職率は1年で10%と呼ばれることが多いが、実際には1年目と3年目の離職率が高い。1年目はOJTや集団での研修が多く、実際の金融業に関わることが少ないため、思い描いていたものとのギャップに悩み辞めてしまうことが多い。

3年目は業務の慣れや飽き、将来への不安から転職を考える人が多い。大半の総合職が1年目~2年で法人営業に配属されるが、ノルマだけがどんどん増えていくだけで変化感が少ないため、飽きてしまう人が多い。また、いわゆる同期の優秀層とそうでない層がなんとなくわかってきて自分の将来の出世コースがわかり、そこからくる不安から転職を考える人が多いのである。実際にそういった不安からベンチャー企業に3年目ぐらいから転職する人を筆者は多くみてきた。

銀行から第二新卒で転職しやすい業界は?

銀行の第二新卒はほとんどできることがなく、ほぼ新卒と同価値と思われてしまうことが大半だ。そのため、銀行内で身につけた資格が活用できたり、業務内容がそのまま使える金融業界に転職するのが良いだろう。

銀行の中では証券外務員やFPといった資格を一定期間内に取るような仕組みがあったり、資格獲得によって能力給が上がるような制度があるため、その制度を活用して、資格をとっている層が多々いることだろう。こういった資格を活用するのが一番転職時に給料を上げるという意味でも良い。同時に取引先の経理といった選択肢も考えると良いだろう。

転職しやすいというわけではないが、意外にも銀行から公務員に転職するケースはとても多いため、公務員になるという選択肢も考えてもいいだろう。

また、銀行からベンチャー企業に転職する人も最近は増えている。金融という商材特性上、差別化が難しいものを取り扱っている場合、社会人として必要なベースとなるスキルはついているという前提の上、初期の教育コストが下がるという観点でベンチャーの営業としては好かれる傾向にあるためだ。

新卒入社の同期が1年目に多く辞める会社は、転職のチャンス

同期や先輩の離職率が異常に高い会社があるだろう。例えば、証券会社や銀行は大量採用、大量離職で知られている。

そういった業界の場合は、転職したいと思うのがスタンダードなので、企業側もすぐに理解してくれる。かつ、証券や銀行員は社会人の基礎の基礎が最低限あると理解されているので、歓迎する企業が多いだろう。

実際、新卒一年目で転職できた銀行員や証券の営業マンを数多く知っている。

第二新卒は転職情報を収集しにくい

第二新卒は受け入れ企業があり、倍率も高くないのだが転職が難しい。というのも情報が出回っていないからだ。

第二新卒において最も信頼できる情報は学生時代の友人や一緒に働いていた同僚の口コミだ。その次に転職エージェント、その次に企業の人事といった感じで情報の信頼度がかわってくる。

第二新卒はご存知の通り、まわりに経験者がいないため自分で情報収集しないといけない。その際、転職エージェントで優秀な人を見つけるのが難しいとは当サイトの別記事でも述べた。

第二新卒で転職する際は、とにかく転職エージェントに多く会ってほしい。そして転職をどれだけ急いでいても最低5人は会ってから、どの転職エージェントから応募するかを決めてほしい。

繰り返しになるが、まずは転職サイトではビズリーチ、転職エージェントではリクルートエージェントに相談しよう。

コンサルティングならアクシスコンサルティングに相談すると良い。

早急に1社目の転職エージェントで決めるのだけは辞めてほしい。それによって失敗している事例が後をたたない。大手だから、それっぽいことを言っているからという理由はダメで必ず比較しよう。

もし第二新卒で転職を成功している友人がいたらとにかく情報を集めよう。そして会ってみて良かった転職エージェントを紹介してもらおう。

候補者からはわからないのだが、人材業界側の人間から見て、よい転職エージェントと悪い転職エージェントの違いは明確で、転職を1度した候補者が転職の度に同じ転職エージェントを頼るリピーターや、口コミによる紹介がどれだけあるかでそのエージェントの優秀さがわかる。

もちろん最初から良い転職エージェントかどうかはわからないので転職エージェントに数人会ってみて自分の中での基準を作ろう。

第二新卒を採用している企業

大手企業名 業界 平均年収 従業員数 第二新卒の転職解説
アクセンチュア コンサル 800万円程度 18,000人※グローバル 詳細を見る
ATカーニー コンサル 1,200万円程度 3,600人※グローバル 詳細を見る
マッキンゼー コンサル 1,400万円程度 30,000人※グローバル 詳細を見る
ヤフー(yahoo) IT系 1,079万円 6,993人 詳細を見る
富士通 IT系 865万円 32,026人 詳細を見る
トヨタ(TOYOTA) メーカー 858万円 71,373人 詳細を見る
任天堂 メーカー 971万円 2,498人 詳細を見る
伊藤忠商事 総合商社 1,627万円 4,215人 詳細を見る
三菱商事 総合商社 1,678万円 5,725人 詳細を見る
三井物産 総合商社 1,482万円 5,587人 詳細を見る
住友商事 総合商社 1,356万円 5,240人 詳細を見る
丸紅 総合商社 1,192万円 4,389人 詳細を見る
KDDI 通信 948万円 11,353人 詳細を見る
ソフトバンク 通信 1,405万円 58,786人※連結 詳細を見る
スターバックス サービス 450万程度 4,467人 詳細を見る
JR東日本 サービス 673万円 44,137人 詳細を見る

第二新卒を採用している大手企業を一覧にした。この他にも、DeNA、サイバーエージェント、楽天、P&G、メガバンク等々の企業は第二新卒を安定して受け入れているのでご覧になってほしい。

また、リクルートなどの人材業界は第二新卒が非常に多い。人にかかわりたいとの理由で金融機関などから転職してくる。

いまだに、第二新卒イコール、ベンチャー企業へ転職というイメージを持っている人が多いが、大企業も第二新卒の中途入社を大歓迎しているので、心配することなく挑戦してほしい。

▶第二新卒を採用する大手優良企業はこちら

1年目の転職成功のために転職エージェントに会おう

転職エージェントに会うためにはビズリーチにまずは登録しよう。若手を欲している企業が多くつかうのがビズリーチだ。

複数の転職エージェントに会おう。会う際に、自分のような1年目ではどういった企業が転職可能か聞いてみてほしい。求人をそもそも持っていない可能性もある。

日系大手の第二新卒にしぼっているなら、日本最大級の転職支援実績を持つリクルートエージェントに求人があるのでビズリーチ登録後に利用してみてほしい。

加えて、経歴にあまり自信がないときは英語力を身に着けてほしい。スタディサプリ ENGLISHのTOEICコースはおすすめだ。私自身、毎日やりこんでいて英語系アプリで一番おすすめしたい。

コンサルティングに興味がある方はアクシスコンサルティングに相談すると良い。新卒一年目での転職成功事例も多い。リクルートが運営するハイクラス向けのサービスであるキャリアカーバーもおすすめだ。

ABOUT ME
キャリハイ転職編集部
「史上最高のキャリア」を目指す方に、より良いキャリア選択や、悩み解消の一助になる情報をお届けすることを目指しています。 外資系企業、メーカー、金融、メガベンチャー、スタートアップ、起業など、さまざまなバックグラウンドを有するメンバーが参画しています。 各執筆者の見解・持論は、編集部全体を代表するものではございません。
編集部のおすすめ転職サービスランキング
編集部おすすめの転職サービス